SDGs ACTION!
基礎から学ぶSDGs教室

目標3「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する」「基礎から学ぶ SDGs教室」【8】

目標3「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する」「基礎から学ぶ SDGs教室」【8】

【日能研が解説する「SDGsとは」 第8回は目標3「すべての人に健康と福祉を」】

リベリア=2007年(UN Photo/Eric Kanalstein)

健康に生活できるか、そうでないかについては、国によって、人によって大きな差異があります。そして、その差異が生まれる背景は実にさまざまです。

たとえば、貧しい国では5歳未満の子どもの死亡率が、豊かな国の2倍近いというデータがあります。死亡理由の多くは、栄養不良やきれいな水の不足で、その背景にはその国の経済的な貧しさがあります。

一方、薬物の乱用やアルコールへの依存、交通事故による死傷者の増加は、国の貧しさだけが問題の背景とはいえません。

また、ワクチンがあり治療法もわかっているのに、対策が不十分なために根絶できない感染症があります。

不健康な食生活や生活習慣、精神的なストレスが原因となっている、治療法がわかっていない病気も存在します。

あらゆる生命には寿命があり、命あるものはいつか死に至ります。人間も、命あるものの仲間です。どんなに医学が進歩しても、人が不死を手に入れることはできないでしょう。

しかし、健康に生活できる人を増やすことや、その人が健康に生活できる期間を延ばすことはできます。すべての人々が健康的な生活を送るために、私たちにはどのようなことができるのでしょうか。

(日能研 教務部)

日能研
日能研
1953年の創立以来、中学受験を専門とする塾。86年から続く電車内広告「シカクいアタマをマルくする。」で知られる。子どもたちが、「自ら学び続ける私」を自分で育てることを応援する。2020年から未来型思考ができる新テキストを導入。全国に152校を展開。

SDGs 国連 世界の未来を変えるための17の目標 2030年までのゴール 改訂新版

SDGs 国連 世界の未来を変えるための17の目標 2030年までのゴール 改訂新版

みくに出版
定価 本体1,200円+税

紙書籍で買う

この記事をシェア
関連記事