SDGs ACTION!

【申し込み終了】朝日新聞×JETRO×世銀 国際シンポ「サステナビリティと企業の社会的責任」

【申し込み終了】朝日新聞×JETRO×世銀 国際シンポ「サステナビリティと企業の社会的責任」

SDGsの実現に向けて、人権を重視する世界の潮流と日本企業の役割とは――。朝日新聞社は日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所、世界銀行と共催で、国際シンポジウム「サステナビリティと企業の社会的責任―SDGsを現実にするポスト(ウィズ)コロナの10年に向けて―」を開きます。

コロナ禍でSDGsの多くの目標が後退を余儀なくされる一方、課題が浮き彫りになったことでその必要性があらためて世界に広く認識されました。2011年策定の「ビジネスと人権に関する国連指導原則」から10年。日本でも2020年に「ビジネスと人権に関する行動計画」がまとまり、2021年にはコポレートガバナンス・コードが改訂され、サプライチェーン全体にわたる労働や人権の配慮といった企業の社会的責任がこれまで以上に重視されています。

今回のシンポでは、国連ビジネスと人権作業部会委員で米ワシントン大教授のアニタ・ラマサストリさんと、世界銀行開発データ局長のハイシャン・フーさんが基調講演。金融庁や経済団体、機関投資家らとSDGsをふまえたビジネスのあり方やファイナンスの役割などについて話し合います。経済産業省担当者による日本の取り組みに関する報告もあります。

 

開催要項

●日時:2022年1月27日(木)9:30~12:00
●形式:オンライン(Zoomによるライブ配信)※英語講演は同時通訳あり
●主催:朝日新聞社、日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所、世界銀行
●後援:日本経済団体連合会
●定員:3000名
●参加費:無料
●申し込み期限:1月25日(火)13:00(定員に達し次第終了)
●問い合わせ先:アジア経済研究所研究イベント課(043-299-9536 sympo-sc@ide.go.jp)

プログラム

9:30~9:35 開会挨拶
・米山泰揚/世界銀行駐日特別代表
・坂尻信義/朝日新聞ゼネラルエディター兼東京本社編集局長

9:35~9:45 趣旨説明
・山田美和/アジア経済研究所新領域研究センター法・制度研究グループ長

9:45~10:15 基調講演
・ハイシャン・フー/世界銀行開発データ局長

10:15~10:45 基調講演
・アニタ・ラマサストリ/国連ビジネスと人権に関する作業部会委員、ワシントン大教授

10:45~10:55 休憩

10:55~11:45 パネル・ディスカッション
・アニタ・ラマサストリ
・池田賢志/金融庁チーフ・サスティナブルファイナンス・オフィサー
・長谷川知子/経団連常務理事
・銭谷美幸/第一生命ホールディングス経営企業ユニットフェロー
・カルロス・ブリート/世界銀行上級社会開発専門官
 モデレーター:山田美和

11:45~11:55 ビジネスと人権に関する最近の日本の取り組みの紹介
・柏原恭子/経産省ビジネス・人権政策統括調整官

11:55~12:00 閉会挨拶
・深尾京司(アジア経済研究所長)

この記事をシェア
関連記事