SDGs ACTION!

キーワードは「自分らしく」 精神科医・大野裕さんがひもとくウェルビーイング

キーワードは「自分らしく」 精神科医・大野裕さんがひもとくウェルビーイング
精神科医/大野裕

人の健康や幸せを考える上で注目を集めている「ウェルビーイング」。まだ様々な解釈があるこの概念を、私たちはどのように捉え、どうやって生活にいかしていけばいいのでしょうか。認知行動療法の第一人者である精神科医の大野裕さんに話を聞きました。(聞き手 編集部・田之畑仁、撮影 末松学史)

大野裕(おおの・ゆたか)
精神科医、ストレスマネジメントネットワーク代表、認知行動療法研修開発センター理事長。1978年慶應義塾大学医学部卒業。コーネル大学医学部、ペンシルベニア大学医学部への留学を経て、慶応義塾大学教授、国立精神・神経医療研究センターの初代認知行動療法センター長などを歴任。日本認知療法・認知行動療法学会、日本ポジティブサイコロジー医学会で理事長を務める。

「足りない」「不十分」 受け入れて自分らしく

――最近、様々なところで「ウェルビーイング」という言葉を聞くようになりました。どのようなものと捉えていますか。

人によってまだ解釈は異なっていますが、私は「自分らしく生きていけている状態」だと考えています。

誰でも「足りないもの」や「ハンディキャップ」を抱えながら生きていると思いますが、そんな中でも自分らしく、いきいきと充実して生きていられる状態、それがウェルビーイングだと思います。

――広い意味での「人の幸せ」に対する考え方は、これまでもいろいろとありました。従来との違いは何でしょうか。

人が「幸せな状態」を求めるとき、従来の考え方では、いわゆる「治療モデル」に基づいたものが多かったように思います。足りない部分や不十分な部分があれば、それをどう治せばいいのか。医療関係者は特に、そのような視点で対応しがちでした。

これに対し、ウェルビーイングの考え方では、不十分な点があることは認めつつ、その人が持つ特質など「いい部分」に目を向けるようにします。そうすることで自分らしく、いきいきと生きていけるようにするのです。

心理学の世界では「ポジティブ・サイコロジー」と呼ばれる分野に近い考え方です。マイナス面に目を向ける従来の「異常心理学」に対して、もっとポジティブな面に光を当てることが必要だという考えに基づいて提唱されました。

――とても前向きなように聞こえますが、問題点はないのでしょうか。

ポジティブな面ばかりが強調されすぎてしまうと、人によってはちょっとうさんくさい印象も持ってしまう可能性があります。

そこで、この考え方を科学的に捉え、介入の効果をきちんと実証しようという動きが活発になっています。

国内では「日本ポジティブサイコロジー医学会」などが様々な研究を進めています。そうした科学的な研究の成果をもとに、ウェルビーイングを考えようという動きも活発になっているのが現状です。

大野裕さん
大野裕さん

――そういった状況のなかで、私たちはウェルビーイングとどのように向き合っていけばいいのでしょうか。

ウェルビーイングな状態を保つためには、「個人の心理状態」を考えるだけでは不十分です。

よく「バイオ(からだ)・サイコ(こころ)・ソーシャル(対人交流)」が大切だと言われますが、特にソーシャルについては「対人交流」という側面が非常に重要です。そのうえで、「スピリチュアル」と呼ばれる、こころの高みを目指せるようになることが望まれます。

いい人間関係を基礎にこころの高みを目指すことができれば、ほかに多少不十分なところがあったとしても十分に充実した生活を送ることができるようになります。それは、日常生活を送るなかで多くの人が実感していることではないでしょうか。

田之畑仁
田之畑仁 ( たのはた ・ひとし )
朝日新聞総合プロデュース本部主査。大阪府出身。商社勤務を経て1998年朝日新聞社入社。科学医療部(東京・大阪)、医療サイト「アピタル」編集部、デジタル編集部、北海道報道センターなどの勤務を経て、2020年4月から現職。
この記事をシェア
関連記事