SDGs ACTION!

SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」とは?事例やできることも紹介

SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」とは?事例やできることも紹介
SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」とは(デザイン:吉田咲雪)
クリーンオーシャンアンサンブル代表理事/江川裕基

SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」とは、海や海洋資源を持続的に利用するために、私たちが具体的にするべきことを示した目標です。この記事では、海洋ごみゼロを目指す環境活動家が、目標14の内容(ターゲット)と世界や日本の取り組み事例を紹介し、私たちにできることについても解説します。

江川裕基さん
江川裕基(えがわ・ゆうき)
環境活動家。元ブルキナファソJICA(国際協力機構)海外協力隊環境教育隊員。元在コンゴ民主共和国大使館派遣員。JICA海外協力隊の仲間と共に海洋ごみゼロの社会を目指すNPO法人クリーンオーシャンアンサンブルを立ち上げ、活動を続けている。

1.SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」とは

SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」とは、失われつつある海の豊かさを守り、海や海洋資源を持続的に利用するために掲げられた目標です。目標達成のためには、海洋汚染の防止・削減や、海洋環境と生態系の保全・回復が不可欠とされ、企業や私たち個人が現状を把握し、積極的に行動することが求められています。

SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」のアイコン

(1)SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」の内容

SDGs目標14には、10個のターゲット(達成目標)があります。外務省が公開している資料「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」を引用してご紹介します。

14.1 2025年までに、海洋堆積物や富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。
14.2 2020年までに、海洋及び沿岸の生態系に関する重大な悪影響を回避するため、強靱性(レジリエンス)の強化などによる持続的な管理と保護を行い、健全で生産的な海洋を実現するため、海洋及び沿岸の生態系の回復のための取組を行う。
14.3 あらゆるレベルでの科学的協力の促進などを通じて、海洋酸性化の影響を最小限化し、対処する。
14.4 水産資源を、実現可能な最短期間で少なくとも各資源の生物学的特性によって定められる最大持続生産量のレベルまで回復させるため、2020年までに、漁獲を効果的に規制し、過剰漁業や違法・無報告・無規制(IUU)漁業及び破壊的な漁業慣行を終了し、科学的な管理計画を実施する。
14.5 2020年までに、国内法及び国際法に則り、最大限入手可能な科学情報に基づいて、少なくとも沿岸域及び海域の10パーセントを保全する。
14.6 開発途上国及び後発開発途上国に対する適切かつ効果的な、特別かつ異なる待遇が、世界貿易機関(WTO)漁業補助金交渉の不可分の要素であるべきことを認識した上で、2020年までに、過剰漁獲能力や過剰漁獲につながる漁業補助金を禁止し、違法・無報告・無規制(IUU)漁業につながる補助金を撤廃し、同様の新たな補助金の導入を抑制する。
14.7 2030年までに、漁業、水産養殖及び観光の持続可能な管理などを通じ、小島嶼開発途上国及び後発開発途上国の海洋資源の持続的な利用による経済的便益を増大させる。
14.a 海洋の健全性の改善と、開発途上国、特に小島嶼開発途上国および後発開発途上国の開発における海洋生物多様性の寄与向上のために、海洋技術の移転に関するユネスコ政府間海洋学委員会の基準・ガイドラインを勘案しつつ、科学的知識の増進、研究能力の向上、及び海洋技術の移転を行う。
14.b 小規模・沿岸零細漁業者に対し、海洋資源及び市場へのアクセスを提供する。
14.c 「我々の求める未来」のパラ158において想起されるとおり、海洋及び海洋資源の保全及び持続可能な利用のための法的枠組みを規定する海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)に反映されている国際法を実施することにより、海洋及び海洋資源の保全及び持続可能な利用を強化する。

引用:我々の世界を変革する:持続可能な開発のための 2030 アジェンダ p.23-24│外務省

2.目標14が掲げられた理由

上記の目標14のターゲットを見ると、「海の豊かさを守らなければならないんだ」という非常に強い思いが伝わってくるのではないでしょうか。なぜ、このような目標が掲げられたのかというと、実は、世界の海がすでに危機的な状況に陥っているからです。現状を詳しくご紹介しましょう。

(1)海洋ごみが増えている

世界経済フォーラムが2016年に発表した報告書「The New Plastics Economy: Rethinking the future of plastics」によると、海の中には合計1億5000万t以上のプラスチックが存在していると言われています。また、毎年800万t以上が新たに流れ出ていると推定され、2050年には海にいる魚の量を上回るとされています。

海洋ごみが増加すると、海洋生物に多大な影響を及ぼします。魚がプラスチックごみで傷つけられてしまう、ウミガメや海鳥が漁に使う網に絡まり溺れて死んでしまう、といったケースは少なくありません。

海に浮かぶプラスチックごみとウミガメ
Getty Images

(2)海洋汚染が拡大している

海洋環境を悪化させているのは海洋ごみだけではありません。生活排水、工場排水、船やタンカーから漏れた油などによる汚染も原因となっています(参照:令和2年の海洋汚染の現状について│海上保安庁) 。持続的な海洋環境と経済活動とのバランスを、本気で考えなくてはいけないときが来ているのです。

(3)海洋資源が減少している

WWFが2015年に発表した「Living Blue Planet Report」によれば、1970年から2012年にかけて、海洋生物の個体数が約50%減少しました(参照:同資料 p.6)。

また、FAO(国連食糧農業機関)によれば、生物学的に持続可能なレベルにある海洋資源の割合は、1974年には90%だったのに対し、2015年には65.8%まで低下しています(参照:THE STATE OF WORLD FISHERIES AND AQUACULTURE p.47│FAO)。

海洋資源が減少している理由はさまざまですが、上記のような海洋ごみや海洋汚染のほか、地球温暖化や魚の乱獲による海洋生態系への影響も指摘されています。持続的に漁業を行っていくためには、海に直接かかわる問題だけでなく、さまざまな視点で考える必要があるということです。

3.目標14に対する世界・日本の取り組み事例

次に、目標14を達成するために世界や日本で行われている取り組み事例について、ご紹介します。

(1)世界の取り組み事例

①The Ocean Cleanup

オランダの非営利団体であるThe Ocean Cleanupでは、世界の海ごみが集まる太平洋ごみベルト(北太平洋にある海流によってごみが集まる海域)での回収活動や、世界中の汚染度が高い川での回収活動をしています。

海流を利用した画期的なごみ回収案は多くの失敗を重ねながらも、着実に科学的な前進を遂げています。

②Race for water

スイスの財団であるRace for waterでは、「レース・フォー・ウォーター号」(太陽・風力・水素をエネルギー源に動く船)で世界各地を航海しながら、海洋汚染の実態を調査したり啓発活動をしたりしています。

プラスチックの回収に本気で取り組んでいる財団であり、日本でも海藻を使ったマイクロプラスチック(直径5mm以下のプラスチック)の回収が取り上げられました。

大阪港に立ち寄った「レース・フォー・ウォーター号」
大阪港に立ち寄った「レース・フォー・ウォーター号」=2020年8月(撮影・朝日新聞)

③MSC認証・ASC認証

海の豊かさを守る世界的な取り組みとして、MSC認証ASC認証もあげられます。

MSC認証は、MSC(Marine Stewardship Council:海洋管理協議会)が管理・推進する、水産資源や環境に配慮した持続可能な漁業に対する認証です。

ASC認証は、ASC(Aquaculture Stewardship Council:水産養殖管理協議会)が管理・推進する、環境や社会への影響を最小限に抑えて育てられた養殖場に対する認証です。

MSC認証・ASC認証を取得した漁業、養殖場で生産された水産物にMSC「海のエコラベル」、ASCラベルがつけられます。

(2)日本の取り組み事例

①スズキ株式会社

日本の輸送用機器メーカーであるスズキは、2020年に、船外機に取り付け可能なマイクロプラスチック回収装置を開発しました。

この回収装置は、船外機のエンジン性能に影響を及ぼさず、また環境にも優しい装置となっていて、船を走らせるだけでマイクロプラスチックが回収できる画期的な製品として話題になりました(参考:スズキ、世界初の船外機用マイクロプラスチック回収装置を開発│スズキ)。

②株式会社テクノラボ

日本のプラスチックメーカーのテクノラボが始めたブランド、buøy(ブイ)では、廃棄されたプラスチックを材料に伝統工芸品を制作しています。この取り組みは、回収した海洋ごみにより高い価値を付加させるものとして注目されています。

4.目標14達成のために私たちにできること

目標14達成のためには、上記のような取り組みを知るだけでなく、私たちも積極的に関わることが重要です。筆者が環境活動するなかで、とくに大切だと考えている行動を三つ、ご紹介します。

(1)ごみを削減する

一番大切なのは、ごみの量を削減することです。まずは、普段の生活でどれだけのごみが出ているか、出しているごみ袋の写真を撮ったり、重さを量ったりするなどして把握してみましょう。

ごみの量が把握できたら、減らせるごみがないか考えてみます。あれもこれもと始めると生活に支障が出るので、マイバッグやマイボトルを持ち歩いたり、本当に必要なもの以外買わないようにしたりするなど、まずは身近なところから削減するのがおすすめです。

(2)ごみを回収する

ごみ箱に捨てられなかったごみは、放置していると雨風で川に流れ、最終的には海にたどり着きます。そのため、ポイ捨てをしないでごみ箱にごみを捨てるのはもちろん、道端や公園など街中にごみが落ちていたら回収してごみ箱に捨てることも大切です。

また、ビーチにあるごみは、放置していると紫外線と波の影響でマイクロプラスチックになり、より回収が困難になります。それを未然に防ぐ活動としてビーチクリーンがあります。多くのビーチで、さまざまな団体が活動をしているので、気になる方は探してみてください。

(3)回収した海洋ごみを再利用する

環境省の「一般廃棄物の排出及び処理状況等(令和2年度)について」によれば、一般廃棄物のうち、埋め立て処分に回るごみの量は減少傾向にあるものの、埋め立てをする土地も減っており、その確保が難しいとされています。

そのため、今後は海洋ごみをただ処分するのではなく、海ごみアートのように海洋ごみの価値を上げる試みがとても大切だと感じています。官民一体となり海洋ごみを再製品化する企業や工場が増えてもいいかもしれません。

5.一緒にきれいな海を取り戻そう

プラスチック生産量・排出量と回収・処理量を比べたときに、生産量・排出量の方が多いため、回収・処理できなかった分が海に流れているという現状の世界のシステムは、持続可能ではありません。何もしなければ、海洋汚染は悪化し続けます。

本記事が、ご自身の中で「自分でできることはないかな?」と考えるきっかけになれば幸いです。

この記事をシェア
関連記事