【オンライン配信】SDGs ACTION! LIVE 参加者募集

朝日新聞SDGs ACTION!編集部が主催するウェビナー「SDGs ACTION! LIVE」。昨秋の「アメリカ大統領選と気候変動」に続く第2回のご案内です。

多様な人材が生きがい・働きがいをもって仕事をできる環境を整備することが、社会のニーズやリスクを的確に把握し、優秀な社員・職員を確保するうえで必須の時代となりました。

一方で、新型コロナの世界的な感染拡大という未曽有の事態が起き、日々の暮らしや将来への不安が増すなか、リモートワークをはじめとする業務や内外のコミュニケーションを再構築する必要が生じています。

新年度を迎え、とりわけ新人研修などで試行錯誤を余儀なくされている企業も少なくありません。組織のあり方やワーク・ライフ・バランスを見直すうえで、私たちのなかに潜むアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)が顕在化する場面も生じています。

今回は、いち早くダイバーシティー経営に取り組み、個性や事情に沿った職場環境を整え(インクルージョン)、さらに一歩進んで「公平さや平等(イクオリティ)」も追求するフィリップ・モリス・ジャパン合同会社と株式会社セールスフォース・ドットコムからそれぞれの担当者をお招きします。

これまでの取り組みや気づき、課題の乗り越え方など、明日からみなさんの企業でも実践できる具体例を中心にお話しいただきながら、明治大学の野田稔教授とともに、「職場」の新しい価値創造について考えたいと思います。

ぜひご視聴ください。

要項

●日時:2021年4月19日(月)18:30~20:00(開演:18:20)
●テーマ 「ダイバーシティーが企業を強く、豊かにする~コロナ禍で先進企業はどう行動したか」
●形式:Zoomによるライブ配信(エントリーいただいた方にURL等をご案内します)
●参加費:無料(簡単なアンケートにご協力いただきます)
●主催:朝日新聞SDGs ACTION!編集部

こんな方に

・DEI(Diversity, Equality, Inclusion)経営に関心のある方
・人事や福利厚生、サステイナビリティー関連の仕事に従事している方
・具体的な取り組み方、行動の仕方を知りたい方
・組織の活性化をはかりたいと考えている方
・組織内にある不平等や不公平の是正をはかりたいと考えている方
・自分の中のアンコンシャスバイアスを知り、改善したいと思っている方

登壇者
洪 伊丁(ホン・イジョン)
フィリップ モリスジャパン 合同会社 
Manager, Talent Acquisition
高柳 麻里(たかやなぎ・まり)
フィリップ モリスジャパン 合同会社 
Manager, People Engagement and I&D
酒寄 久美子(さかより・くみこ)
株式会社セールスフォース・ドットコム
イクオリティオフィスシニアマネージャー
野田 稔(のだ・みのる)
明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授
コーディネーター
朝日新聞SDGs ACTION! 編集長/高橋万見子
1988年、朝日新聞社入社。経済記者、GLOBE副編集長、論説委員などを経て2020年10月、SDGs ACTION!を立ち上げ編集長に就任。

ご視聴にあたって
・事前にZoomアプリのインストールをお願いします。
 https://zoom.us/download#client_4meeting
・他の方へのウェビナーURL転送はお控えください。
・当日は、登壇者とみなさまとでインタラクティブな時間も設けたいと考えています。
 ご質問や気づいたことなどありましたら当日、チャットで随時お寄せください。

この記事をシェア