SDGs ACTION!

SDGs(持続可能な開発目標)とは? 17の目標や現状をわかりやすく解説

SDGs(持続可能な開発目標)とは? 17の目標や現状をわかりやすく解説

ラインアップ

持続可能な開発目標(SDGs)とは? どんな意味?
世界のSDGs 持続可能な開発の歴史
日本のSDGs 達成度は世界18位
企業のSDGsの取り組み 導入方法、注意点は?
SDGsロゴとアイコンの豆知識

持続可能な開発目標(SDGs)とは? どんな意味?

SDGsとは、国連が掲げる「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略称で、「エス・ディー・ジーズ」と読みます。「持続可能な開発」とは、「将来の世代のニーズを満たす能力を損なうことなく、今日の世代のニーズを満たすような開発」のことです。あらゆる貧困に終止符を打つことが地球規模の課題であり、持続可能な開発のための必要条件であるとして、達成すべき「17の目標(ゴール)」を掲げています。

「貧困や飢餓、平和、ジェンダー平等、教育などの社会面」「エネルギーの有効活用、働き方改革、不平等の解消などの経済面」「気候変動や環境保護など環境面」について幅広く目標を定めていて、持続可能な経済成長を目指しながら、「誰ひとり取り残さない(leave no one behind)」という基本理念のもと、各国が力を結集してゴールを目指しています。

2030年までに国際社会が目指す目標

「2030アジェンダ」を採択した国連総会=2015年9月(UN Photo/Cia Pak)

SDGsは、2015年9月ニューヨークの国連本部で開催された「国連持続可能な開発サミット」において、すべての加盟国による全会一致で採択され「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。前文には「このアジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画である」とあり、すべての国やステークホルダー(利害関係者)が、協同的なパートナーシップで実施することを求め、その達成目標を2030年としています。

外務省資料から作成

しかし、2019年に開催された「SDGサミット」でグテーレス国連事務総長は「取り組みは進展したが、達成状況には偏りや遅れがあり、あるべき姿からはほど遠く、今、取り組みを拡大・加速しなければならない」と表明しました。 SDGsの目標年次まであと10年となった2020年、「行動の10年」がスタート。政府や市民社会、企業を動員し、すべての人々がSDGsを自分事として考え、取り組みを加速する姿勢が求められています。

「17の目標」と「169のターゲット」

SDGsは、持続可能な開発のために国際社会が進むべき方向の道しるべとして、「17の目標(ゴール)」と「169のターゲット(具体目標)」を掲げています。「17の目標」にはテーマカラーがあり、ピクトグラム(わかりやすい絵記号)とキャッチフレーズを表したアイコンがあります。

目標1 [貧困をなくそう]

あらゆる場所、あらゆる形態の貧困を終わらせる

目標2 [飢餓をゼロに]

飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養の改善を実現し、持続可能な農業を促進する

目標3 [すべての人に健康と福祉を]

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

目標4 [質の高い教育をみんなに]

すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する

目標5 [ジェンダー平等を実現しよう]

ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児のエンパワーメントを行う

目標6 [安全な水とトイレを世界中に]

すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する

目標7 [エネルギーをみんなに そしてクリーンに]

すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

目標8 [働きがいも経済成長も]

包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

目標9 [産業と技術革新の基盤をつくろう]

強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る

目標10 [人や国の不平等をなくそう]

国内及び各国家間の不平等を是正する

目標11 [住み続けられるまちづくりを]

包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する

目標12 [つくる責任 つかう責任]

持続可能な消費生産形態を確保する

目標13 [気候変動に具体的な対策を]

気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる

目標14 [海の豊かさを守ろう]

持続可能な開発のために、海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する

目標15 [陸の豊かさも守ろう]

陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する

目標16 [平和と公正をすべての人に]

持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する

目標17 [パートナーシップで目標を達成しよう]

持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

169のターゲット

「17の目標」には、それぞれ5から10程度のより具体的な目標と手段があり、計169設定されています。それが「169のターゲット(具体目標)」です。例えば「目標1:貧困」なら、「1.1」~「1.5」と「1.a」~「1.b」の計七つのターゲットがあります。

「1.1」は、「2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる」。「1.b」は、「貧困撲滅のための行動への投資拡大を支援するため、国、地域及び国際レベルで、貧困層やジェンダーに配慮した開発戦略に基づいた適正な政策的枠組みを構築する」。このように「1+数字」のものは具体的な目標を含んでいて、「1+アルファベット」のものは目標実現のための手段を表しています。

さらにこうした目標やターゲットの進捗を測るため、国連統計委員会などの専門家での議論を踏まえ、247(重複を除くと231)のグローバル指標が設けられています。

SDGsの考え方

SDGsは、「17の目標」というわかりやすい行動目標ですが、その構造を別の視点から分類することで、理解をより深めることができます。「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」の前文にも示されている、二つの考え方を紹介します。

「五つのP」

SDGsの目標を、「People(人間)」「Prosperity(繁栄・豊かさ)」「Planet(地球)」「Peace(平和)」「Partnership(パートナーシップ)」という五つのキーワードで分類したもので、頭文字をとって「五つのP」と言われています。「17の目標」を五つにカテゴライズすることで、SDGsの基本となる考え方が理解しやすくなります。

「ウェディングケーキモデル」

SDGsの「17の目標」を三つの層に分類したのが「ウェディングケーキモデル」という構造モデルです。スウェーデンのストックホルム・レジリエンス・センター所長、ヨハン・ロックストローム氏らが考案しました。

「私たちが生きるために不可欠な環境(生物)」の基盤の上に、「人としての尊厳を持って暮らせる社会」があり、それらが整った上に「人や国に対して差別や偏見のない、働きやすい経済」が成り立つという構造で、それぞれが密接に関わっていることを示しています。「2030アジェンダ」の前文でも、17の目標とターゲットは不可分であるとして、「経済、社会及び環境の三側面を調和させるもの」としています。

「生物圏(Biosphere)」 (目標6、13~15)

「社会圏(Society)」 (目標1~5、7、11、16)

「経済圏(Economy)」 (目標8~10、12)

出典:ストックホルム・レジリエンス・センター

コロナ禍とSDGs

新型コロナウイルスの感染拡大は、貧困にあえぐ人たちなど、とりわけ弱い立場の人々に打撃を与えています。2020年の国連の報告書によると、「1日1ドル90セント未満で暮らす極度の貧困層の割合が、新型コロナ感染拡大の影響によりここ数十年で初めて増加し、7100万人となる見通し」と発表。また、都市封鎖(ロックダウン)などにより、女性と女児に対する暴力のリスクが増大していると懸念を示しています。

国連のグテーレス事務総長は、2020年7月の会見でSDGsについて「目標達成は一層困難になっている」という認識を述べ、各国に国連との連携を呼びかけました。

2020年4月、南アフリカのヨハネスブルクで、支援団体による食料配給の列に並ぶ人々(写真:朝日新聞)

世界のSDGs 持続可能な開発の歴史

SDGsの歴史

長らく世界の開発をめぐる議論は経済発達と切り離すことができず、環境と経済の両立は国際社会の課題でした。SDGs(持続可能な開発目標)という概念の誕生は、20世紀後半からの国際会議の成果の集大成でもあります。2015年にSDGsが掲げられるまでの国際的な歴史をたどります。

「成長の限界」

第2次大戦後の世界各国は、物質的な豊かさを経済成長の目標として発展し、「資源は無限である」という前提のもとに開発が進められてきました。しかし1960年代から70年代にかけて飛躍的な経済成長を遂げた先進諸国で公害が大きな社会問題となり、さまざまな研究から「地球の資源は有限である」ということが明確になってきました。金銭的、物質的な豊かさを求める経済社会のあり方について、世界が意識するようになったのです。

1972年、国際的な研究・提言機関の「ローマ・クラブ」は、「成長の限界」と題した報告書を発表。人類の未来について、「このまま人口増加や環境汚染などの傾向が続けば、資源の枯渇や環境の悪化により、100年以内に地球上の成長が限界に達する」と警鐘を鳴らしました。

1972年、長野県の観光地・諏訪湖の湖畔に打ち上げられたり、捨てられたりしたゴミの山(朝日新聞)

「持続可能な開発」の登場と国連「地球サミット」

1987年に、世界的な有識者で構成された国連の「環境と開発に関する世界委員会」が公表した報告書「Our Common Future(邦題:地球の未来を守るために/『ブルントラント報告書』ともいう)」で、「持続可能な開発」という概念が打ち出されました。「持続可能な開発」を、「将来の世代のニーズを満たす能力を損なうことなく、今日の世代のニーズを満たすような開発」と定義し、環境保全を考慮した節度ある開発が重要であるという認識が、世界各国で共有されるようになりました。

1992年に、ブラジル・リオデジャネイロで「国連環境開発会議(地球サミット)」が開催され、持続可能な開発を実現するための行動計画である「アジェンダ21」が採択されました。「持続可能性(サステナビリティ)」という言葉が世界的に普及するきっかけとなり、環境問題に国際社会が連携して取り組む枠組みができあがりました。これが2012年「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」で提唱されるSDGsにつながっていきます。

MDGsとSDGs

SDGsの元になっているといわれるのが、「MDGs(エム・ディー・ジーズ)」です。MDGsは、2000年のミレニアムイヤーに国連本部で開催された「国連ミレニアムサミット」で採択された国連ミレニアム宣言に基づく、「ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals)」の略称です。開発における国際社会共通の目標で、2015年までに達成すべき課題として、以下の八つの目標を掲げました。

目標1:極度の貧困と飢餓の撲滅
目標2:初等教育の完全普及の達成
目標3:ジェンダー平等推進と女性の地位向上
目標4:乳幼児死亡率の削減
目標5:妊産婦の健康の改善
目標6:HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延の防止
目標7:環境の持続可能性確保
目標8:開発のためのグローバルなパートナーシップの推進

MDGs は2015年までに一定の成果をあげましたが、達成できない課題も残り、その後継として誕生したのがSDGsです。MDGsはODA(政府開発援助)など途上国の開発がメインで、取り組みの主体も国際機関や政府だったのに対し、SDGsは先進国も含む世界全体をターゲットにし、取り組みの主体も政府だけでなく、民間企業や個人まで広げました。SDGsは世界中の国々が自国や世界の問題に取り組み、誰ひとり取り残さず、すべての人が尊厳を持って生きることができる世界の実現を目指しているのです。

2007年、気候変動で砂漠化が進むモーリタニア・シンゲッティ近郊。集落に迫る砂丘に座る親子

パリ協定とSDGs

気候変動問題は、国際社会が一体となって取り組むべき重要な課題だと位置づけられ、1995年から毎年、温室効果ガス排出量削減について話し合う「国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP)」が開催されてきました(2020年はコロナ禍のため翌年に延期)。1997年に京都で開催された「COP3」で、温室効果ガス排出量削減の目標を定める枠組みとして採択されたのが「京都議定書」です。しかし「京都議定書」は先進国のみに義務が課され、中国、インドなどの新興国を含んでいなかったため米国が参加せず、有効な対策を取れませんでした。

その後「京都議定書」の後継として、2015年「COP21」で採択されたのが「パリ協定」です。歴史上初めて、先進国・開発途上国の区別なく「産業革命以降の気温上昇を2度未満、できれば1.5度に抑える」という目標を掲げました。気候変動対策は2015年に採択されたSDGsでも「目標13」に掲げられており、「パリ協定」とSDGsは密接に関連しています。

2016年4月、米国ニューヨークの国連本部で「パリ協定」に署名する当時の吉川元偉・国連大使(朝日新聞)

米国の加盟と気候変動サミット

地球温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」の発効直後、2017年に米国で誕生した共和党のトランプ政権は、中国やインドなどの新興国を名指しして「(協定は)米国にとって、とても不公平だ」と述べ、「パリ協定」から離脱すると表明。2020年11月、正式に離脱しました。

しかし、2021年1月に就任した民主党のバイデン大統領は、就任当日に「パリ協定」への復帰を表明します。同年4月には40の国・地域の首脳らを招待してオンラインによる「気候変動サミット」を開催し、気候変動対策を「外交の中心」と位置づけ、米国の温室効果ガス排出量を「2030年までに2005年比で半減させる」という目標を発表しました。

2021年4月に開催された気候変動サミットで日本の温暖化対策について話す菅義偉首相(当時)。画面は米国バイデン大統領(内閣広報室提供)

日本のSDGs 達成度は世界18位

SDGsに法的な拘束力はありませんが、各国政府は当事者意識を持ってSDGs達成に向けた枠組みを確立するよう期待されています。日本政府も「SDGsは先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものである」として、国内での実施と国際協力の両面で率先して取り組む体制を整えています。進捗状況のフォローアップと審査を行う責任は、主として各国にあり、その進捗は「国連ハイレベル政治フォーラム(HLPF)」という、国連総会のもとで行われる首脳級の会合(SDGサミット・4年に1回開催)と、経済社会理事会のもとで行われる閣僚級の会合(毎年開催)によってチェックされています。

政府の動き

日本政府は、関係する行政機関が相互に連携を図りながらSDGsを効果的に推進するため、2016年に内閣総理大臣を本部長、官房長官と外務大臣を副本部長、全閣僚を構成員とする「SDGs推進本部」を設けました。また、幅広いステークホルダー(利害関係者)との連携を深めるため、行政、NGO・NPO、有識者、民間セクター、国際機関、各種団体などが集まる「SDGs推進円卓会議」を開き、意見交換しています。

SDGs推進本部は、今後の日本の取り組みの指針となる「SDGs実施指針」を策定し、「2030アジェンダ」で掲げられた「五つのP」に対応させて再構成した、「日本が取り組む八つの優先課題」を具体的な施策の指標として示しました。SDGsの取り組みを加速させるため、 全省庁の具体的な施策を盛り込んだ「SDGsアクションプラン」を毎年発表しています。

SDGsが採決された、2015年の国連総会一般討論で演説する当時の安倍晋三首相(朝日新聞)

【SDGs実施指針から:日本が取り組む八つの優先課題】

People 人間

① あらゆる人々が活躍する社会・ジェンダー平等の実現
② 健康・長寿の達成

Prosperity 繁栄・豊かさ

③ 成長市場の創出、地域活性化、科学技術イノベーション
④ 持続可能で強靱な国土と質の高いインフラの整備

Planet 地球

⑤ 省・再生可能エネルギー、防災・気候変動対策、循環型社会
⑥ 生物多様性、森林、海洋等の環境の保全

Peace 平和

⑦ 平和と安全・安心社会の実現

Partnership パートナーシップ

⑧ SDGs 実施推進の体制と手段

再生可能エネルギーとして期待される風力発電(朝日新聞)

ジャパンSDGsアワードとは

SDGs達成に向けた企業・団体などの取り組みを促し、オールジャパンでSDGsを推進するために、2017年からSDGs達成への取り組みが優れている企業や団体などを表彰する「ジャパンSDGsアワード」が始まりました。「SDGs推進円卓会議」の構成員からなる選考委員会の意見を踏まえてSDGs推進本部の会合で決定されます。

最も優れた案件を総理大臣による「SDGs推進本部長賞」、4案件程度を官房長官と外務大臣による「SDGs推進副本部長賞」、その他を「SDGsパートナーシップ賞(特別賞)」として表彰。企業、NGO・NPO、教育機関、地方自治体などが選ばれており、幅広い主体がSDGs達成に向けた原動力になっていることがわかります。

2017年、第1回「ジャパンSDGsアワード」表彰式で北海道の谷一之・下川町長(左)にトロフィーを手渡す安倍晋三首相(当時、右)。中央はタレントのピコ太郎さん(朝日新聞)

SDGs未来都市・自治体SDGsモデル事業とは

地方が将来にわたって成長していくには、人々が安心して暮らせるような、持続可能なまちづくりと地域活性化が重要です。急速な人口減少が進む地域では、くらしの基盤の維持・再生を図ることが不可欠です。地方創生にSDGsの理念を取り込むことで、地域の課題解決を加速させようというのが「地方創生SDGs」です。

地方創生SDGsの達成に向けて、優れた取り組みを提案する自治体や地域を選定する「SDGs未来都市」制度が2018年から始まりました。2021年までに124都市が「SDGs未来都市」に選ばれました。政府は、そのなかで特に優れた先進的な40の事業を「自治体SDGsモデル事業」として資金的に支援し、成功事例の普及を目指しています。

2019年、内閣府から「SDGs未来都市」に選定された鹿児島県大崎町。町は全国有数のリサイクル活動で知られる(朝日新聞)

「脱炭素」の動き、日本も

2020年10月の所信表明演説で、菅義偉首相(当時)は成長戦略の柱として経済と環境の好循環を掲げ、グリーン社会の実現に注力するとして、「2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロ」とする、カーボンニュートラルを目指す方針を発表しました。

さらに2021年に米国がオンラインで主催した気候変動サミットに出席し、「温室効果ガスの排出量を2030年度に13年度より46%削減する」という目標を打ち出しました。菅首相はこれまでの目標が26%削減だったことに触れ、「目標を7割以上引き上げるもので、決して容易なものではない」との認識を示しています。

日本の達成度は世界18位。課題は?

南極・トッテン氷河沖に広がる氷の海。上空から機器を投入し、信号を受信して水温などを観測する(2019年、朝日新聞)

SDGsの達成状況は、国際機関やシンクタンクなどが評価を行っています。国連と連携する、持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)とドイツのベルテルスマン財団は、国ごとにSDGsの達成度を点数化したランキングを発表しています。2021年の報告書によると、日本のSDGs達成度は、前年より1ランクダウンした18位でした。

「目標4:質の高い教育をみんなに」「目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう」「目標16:平和と公正をすべての人に」の達成度合いが高評価とされる一方、「目標5:ジェンダー平等を実現しよう」「目標13:気候変動に具体的な対策を」「目標14:海の豊かさを守ろう」「目標17:パートナーシップで目標を達成しよう」の対策では、達成度合いが低いと評価され、日本の課題が浮き彫りになっています。

企業のSDGsの取り組み 導入方法、注意点は?

ESGとSDGs

SDGs は政府だけでなく、企業にも具体的な行動を求めたことで、「ESG(イー・エス・ジー)」が注目を集めています。「環境(Environment)」「社会(Social)」「ガバナンス/企業統治(Governance)」の頭文字をとった言葉で、SDGsというゴールを達成するには、企業や投資家がESGに配慮するプロセスが欠かせないという考えです。

キーワードは「ESG」

ESGという言葉は、2006年、国連のアナン事務総長(当時)が、「投資家は企業がESG(環境・社会・ガバナンス)の課題に取り組んでいるかを投資判断に組み込むべきだ」とする、「責任投資原則(PRI) 」を提唱したことに始まります。投資の判断材料として、キャッシュフローや利益率などの財務情報が主に使われてきましたが、加えて、非財務情報であるESGにも考慮して投資先を選ぶことを「ESG投資」といいます。

2015年に世界最大の年金資産規模を持つ日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がPRIに署名したことをきっかけに、日本でもESG投資への関心が一気に高まりました。企業が持続可能な成長をするためには、気候変動などを念頭においた長期的なリスクマネジメントや、企業の新たな収益創出などESGの観点が欠かせません。ESGとSDGsはセットで考えられており、企業はそれらの取り組みをまとめた「サステナビリティレポート(報告書)」を作成し、投資家などにアピールする努力が求められています。

企業とSDGs

日本の企業はこれまでも社会的な取り組みに積極的に関わってきました。1990年代後半から、「CSR (Corporate Social Responsibility)」、つまり企業の社会的責任として情報開示や説明責任を果たしつつ、芸術文化の支援、寄付・ボランティアなど本業以外のところで貢献してきました。2011年ごろから、「CSV (Creating Shared Value)」という、本業のビジネスで社会課題を見つけ、社会的価値と企業価値の両立を目指す概念が注目されるようになり、投資家も「CSR」と「CSV」を投資の目安のひとつとしてきました。

「SDGs」は、事業を通じて社会課題に貢献しながら、持続可能な経済成長も目指そうというもので、投資家は企業がSDGsに取り組んでいるかどうかを投資の条件として重要視するようになってきています。ESG投資という追い風もあり、世界中の企業がSDGsへの取り組みを加速させています。

企業にとってのメリット

企業は、少⼦⾼齢化による⼈材不⾜や消費者ニーズの多様化、IT化、エネルギー転換など、さまざまな課題を抱え、大きな変化を求められています。今、ビジネスの世界では、経営リスクを回避しながら、新たなビジネスチャンスを獲得し、雇用を生み出し、持続可能性を追求するためのツールとしてSDGsが活用されています。SDGsと経営を結びつけることで企業価値を高め、ESG投資を促そうとする企業が増えているのです。

企業がSDGsに取り組むメリットについて、環境省は、「すべての企業が持続的に発展するために」と題したSDGs活用ガイドの中で、次のようなメリットをあげています。

1)企業イメージの向上(企業への関心が高まり、多様性に富んだ人材を確保できる)
2)社会の課題への対応(経営リスクを回避し、社会への貢献ができる)
3)生存戦略になる(ESG投資家から注目され、持続可能な経営を行える)
4)新たな事業機会の創出(新しい取引先やイノベーションを創出する)

具体的な取り組みが知りたい

SDGsは国連で採択されたものですが、ビジネスの世界では「共通言語」となりつつあります。日本でもSDGsへの新たな取り組みを進めている企業が多くみられます。先進企業の取り組み例を紹介します。

「未来のゆめ・まちプロジェクト」で社会貢献

阪急阪神ホールディングス

阪急阪神ホールディングスは2009年から、沿線を中心とした地域において、「未来にわたり住みたいまち」づくりを目指す、「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」を立ち上げ、子どもに職業体験をしてもらうなどの次世代育成や、環境保全への取り組みを続けてきました。

その社会貢献活動の一環として、2019年5月から阪急電鉄と阪神電気鉄道でSDGsをテーマとする列車「SDGsトレイン」の運行を開始。SDGsをイメージしたイラストで車体をラッピングし、車内にはSDGsを紹介するポスターを掲示して、SDGsの認知度向上を促しました。同トレインの走行に使用する電力は、実質的に再生可能エネルギー100%。これらの取り組みは、2020年のジャパンSDGsアワード「SDGsパートナーシップ賞(特別賞)」を受賞しました。

阪急神戸線を走る「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」(阪急阪神ホールディングス提供)

阪急神戸線を走る「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」(写真:阪急阪神ホールディングス提供)

感染症に苦しむアフリカで貢献

サラヤ

サラヤは1952年の創業以来、植物油系のヤシノミ洗剤、アルコール消毒剤など、衛生や環境への貢献を意識した製品をつくってきました。2009年の新型インフルエンザ流行をきっかけに「世界の公衆衛生のために何かしたい」と、東アフリカ・ウガンダで、日本国内で販売する対象製品の売り上げの1%を寄付して、手洗い普及活動の支援に充てる「100万人の手洗いプロジェクト」を始めました。

さらに、企業が衛生や環境などのSDGsに取り組むには、チャリティーだけでは持続できないと、現地法人を設立。アルコール消毒剤を現地生産し、使用方法などの衛生マニュアルを提供しています。新型コロナウイルス感染の予防対策として、サラヤのアルコール消毒液が病院や空港、公共施設で使われています。これらの取り組みは、2017年のジャパンSDGsアワード「SDGs推進副本部長(外務大臣)賞」を受けました。

手洗いをするウガンダの子どもたち(写真:サラヤ提供)

2050年、温室効果ガス実質ゼロに挑戦

リコー

法人向けの複写機リースが主力のリコーは、2017年に、使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す国際的な企業ネットワーク「RE100」に、日本企業で初めて参加しました。「2050年に温室効果ガス実質排出ゼロ」を掲げて、自社工場や営業所などで温室効果ガス削減に積極的に取り組んでいます。その目標に到達するための手段が、再生可能エネルギーの利用です。

販売会社のリコージャパンの支社を建て替える際に、屋上に太陽光発電パネルを設置し、蓄電装置の導入により再生可能エネルギーを作り出しています。また、2020年7月に中国・深圳市の2工場を集約し、東莞市で環境最先端の新工場を稼働。以前の2工場を合わせた使用電力と比べ、電気使用量70%以上を低減。太陽光発電の設備で全電力の10%を賄っています。当面の目標は「2030年、2015年比で63%削減」で、2019年は約23%を達成しました。

中国・東莞市の新工場の屋上に設置された太陽光発電パネル(写真:リコー提供)

企業のバイブル「SDGコンパス」って?

SDGsに取り組もうと思っても、「どこから手をつければいいかわからない」という企業が少なくありません。そこで国連グローバル・コンパクトなどの3団体が、企業がSDGsを経営に導入する際の行動の指針となる「SDGコンパス」を2016年に作成しました。企業がどのようにSDGsを経営戦略に取り込み、SDGsへの貢献を測定し管理していくかを、五つのステップで示しています。

ステップ1 SDGsを理解する(ターゲットを読み解き、企業のメリットと責任を理解する)
ステップ2 優先課題を決定する(事業のどの部分でプラスとマイナスの影響があるか把握)
ステップ3 目標を設定する(目標を設定して、具体的なアクションを考える)
ステップ4 経営へ統合する(関連する事業全体に、目標を定着させ取り組む)
ステップ5 報告とコミュニケーションを行う(活動を報告しステークホルダーと共有する)

「SDGsウォッシュ」に注意

SDGsに取り組む企業は「SDGsウォッシュ」に気をつける必要があります。「うわべだけ」という意味の「ホワイトウォッシュ」と、そこから派生し、実績がないのに環境問題に取り組んでいるように見せかけたり、不都合な事実を隠して良い情報のみを伝えたりする「グリーンウォッシュ」という言葉に由来しています。

SDGsを、自社の取り組みをアピールするために実際より誇張した表現を使うと「SDGsウォッシュ」ではないかという疑いや批判を招き、信用が損なわれてしまいます。企業はSDGsの取り組みに対して十分な配慮が求められます。

SDGsロゴとアイコンの豆知識 

SDGsの認知度を高め、目標達成のためのアクションにつなげるために、SDGsをわかりやすくイメージできるようデザインされたロゴとアイコンがあります。その意味や使い方とは? SDGsのロゴやアイコンについて、今さら聞けない豆知識をまとめました。

ドーナツ形のマークは何?

SDGsの「17の目標」のカラーに合わせた17色をドーナツ形にあしらった、シンボルマークです。「SDGsカラーホイール」と呼ばれ、これをデザインした公式ピンバッジは国連本部のオンラインショップで販売されています。

SDGsを象徴するロゴ

「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」という文言をロゴにしたもので、「GOALS」の「O」がカラーホイールのデザインになっています。「SDGsロゴ」には縦型(左)と横型(右)の2パターンがあり、それぞれにカラー版、白色版や黒色版があります。

アイコンの秘密

SDGsの17の目標を視覚的にイメージできるように、正方形のピクトグラム(わりやすい絵記号)で表したアイコンです。反転したカラー版や、白色版や黒色版もあります。SDGsのシンボルでもあるこのアイコンをデザインしたのは、スウェーデン出身のクリエーティブディレクター、ヤーコブ・トロールベック氏です。

それぞれのアイコンの中には、目標とする文言が添えられています。国ごとに翻訳されており、目標1なら、「貧困をなくそう」というキャッチコピーがついています。日本語版のキャッチコピーは、博報堂のクリエイティブボランティアの支援を受けながら、国連関係機関などとともに、イメージが湧きやすい日本語のキャッチコピーが制作されました。

SDGsポスター

「SDGsカラーホイール」「SDGsロゴ」「アイコン」の三つを組み合わせたものが、「SDGsポスター」です。SDGsの取り組みを紹介するときなどによく使用されています。

ロゴやアイコンはどうやって使うの?

国連広報センターのホームページからロゴやアイコンをダウンロードすることが可能ですが、使用する際は注意しましょう。情報発信などが目的なら許可なく使用できますが、販促や営利目的などの商業用途や、資金調達が目的の場合は、国連本部への使用申請が必要になります。

詳細なガイドラインは、国連広報センターのウェブサイトに記載されています。

この記事をシェア