現在位置:
  1. asahi.com
  2. 2010鳩山政権
  3. ニュース
  4. 記事

2010鳩山政権

福島氏、内閣不信任案「反対難しい」 棄権か賛成も

2010年5月31日13時16分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 連立政権からの離脱を決めた社民党の福島瑞穂党首は31日午前、自民党などが提出を検討している内閣不信任案への対応について「反対はなかなか難しい」と述べ、棄権または賛成もありうるとの考えを明らかにした。東京都内で記者団に語った。ただ、参院選での民主党との選挙協力は模索することにしているだけに、党内から異論も出そうだ。

 福島氏は、不信任案に賛成する場合の理由について、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を「辺野古と決定したこと、(閣議決定の文書に)署名しなかった社民党党首、私を罷免したこと」などを挙げた。

 一方で、福島氏はこの日出演したテレビ番組で「社民党は明確に野党だが、自民党政権に戻ればいいとは思っていない」と繰り返し語っており、鳩山政権が提出した郵政改革法案や労働者派遣法改正案には賛成する考えを示した。

 社民党は連立離脱を決めた30日の常任幹事会で、民主、国民新の両党と昨年9月に結んだ3党合意を再確認したうえで、参院選での選挙協力については、今後検討することにしていた。内閣不信任案への賛成は、選挙協力の余地がなくなることを意味するため、党内から福島氏の対応に批判の声が上がりそうだ。

 辻元清美・国土交通副大臣は31日、所属する社民党の連立政権離脱に伴い、前原誠司国交相に辞表を提出した。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介