現在位置:
  1. asahi.com
  2. 2010鳩山政権
  3. ニュース
  4. 記事

2010鳩山政権

中国・新華社通信が速報、後継選びを注視 首相辞任

2010年6月2日11時32分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 【北京=古谷浩一】中国の国営新華社通信は2日午前、鳩山首相の辞任表明を速報で伝えた。中国重視を示していた鳩山政権に対する中国側の期待は強く、温家宝(ウェン・チアパオ)首相が1日まで訪日したばかりということもあって、強い関心を持って受け止められている。中国政府も、後継の首相選びなどの動きを注視しているようだ。

 日中関係では温首相の訪日に続き、鳩山首相が6月中旬に上海万博を訪れる意欲を示していた。11月に横浜で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)には、胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席が出席する見通し。このため、今年は民主党政権下で日中首脳間の相互交流が活発化する年になるとみられていたが、いったん仕切り直しになった形だ。

 鳩山首相は「東アジア共同体」構想などを打ち出し、中国重視の姿勢を示していたほか、米国との「対等」な関係作りなどを提起していたこともあって、その動向が注目されていた。

 中国のある対日専門家は「民主党政権が続くことに変わりはない」としつつ、今後の行方を注視するとしている。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介