選挙は朝日で 2007参議院選挙 アサヒ・コム

ここから本文エリア

現在位置:asahi.com2007参院選地方ニュース青森> 記事

<わの1票@県庁玄関> 現場の目で見る人に

2007年07月14日

 13日、熱弁をふるう安倍首相を、40メートルほど離れた県庁の東玄関近くから見つめるタクシー運転手の男性(59)がいた。

 「年金問題、やっぱり興味あります。私もそろそろ年金をもらう年になりますんで。(社会保険庁の)親方日の丸体質はぶっ壊してもらいたい」

 30年ほど前、タクシー会社に入った。バブルが崩壊してから景気は悪化の一途。かつて次々と客が手を挙げてくれた。今は客待ちの日々だ。

 3年前ごろは月の売り上げは34万円程度。給料はその半分。個人タクシーとして独立したが、景気の悪化は続く。売り上げは今、月28万円ほどだ。燃料代は2割ほど上がり月額3万円強に。参入規制が02年に緩和され、台数は増えた。

 県庁には客待ちで毎日のように寄る。「県の職員は、よくタクシーを使ってくれるんです」

 「新幹線ができればどうなるか」と仲間内でよく、話し合うという。経験上、ビジネス客のほとんどは飛行機を選ぶ。だが、観光客ならどうか? 期待できるのか、よくわからない。

 ――あなたの1票をどうしますか。

 「我々は現場の仕事です。現場の目で見てくれる候補に入れたい」

 演説会は約1時間。東玄関では、この間に客を見つけられたタクシーは4台だった。

この記事の関連情報

このページのトップに戻る