選挙は朝日で 2007参議院選挙 アサヒ・コム

ここから本文エリア

現在位置:asahi.com2007参院選地方ニュース青森> 記事

選挙権なく、期日前投票 市選管が交付ミス

2007年07月21日

 青森市選管は20日、参院選期日前投票の際、6月に転入して選挙権がない人に投票用紙を渡して投票を許したミスがあった、と発表した。

 市選管によると、19日午前、青森市役所を訪れた、選挙権のない20代の女性が投票所入場券を持っていなかったことから、「宣誓書」に氏名、住所、生年月日を書いてもらい受付に提出させた。担当の臨時職員が本人確認のためにパソコンに生年月日を打ち込んだところ、出てきた4人の女性のうちの1人と姓が一致したため、氏名と住所を確認せずに投票用紙を渡したという。同日午後、宣誓書に記した氏名が選挙人名簿に登録されていないことに気づき、ミスが判明した。

 市選管は、姓が一致した女性の投票済み表示を削除する一方で、選挙権のない女性の票を有効と認めることに決めた。投開票後に異議申し立てがあれば、得票に応じて案分差し引きする方針。

 市選管の福士耕司事務局長は、20日に開かれた市議会総務企画常任委員会の場で謝罪したうえで、「入場券を持参していない人には十二分に注意を払い、本人確認するよう職員に促した」と述べた。

このページのトップに戻る