選挙は朝日で 2007参議院選挙 アサヒ・コム

ここから本文エリア

現在位置:asahi.com2007参院選地方ニュース宮城> 記事

「年金の抜本的改革」社民党首が主張

2007年07月19日

 社民党の福島瑞穂党首が18日、参院選候補者の応援のため仙台入りし、中心部のアーケード前で街頭演説を行った。安倍政権を「いのちを粗末にしている」と批判。「雇用と年金、憲法9条を守るか否かの国民投票だ」と述べて同党への支持を訴えた。

 福島氏は年金問題について「宙に浮いた年金は国の裏切りだ」と述べ、年金受給を確実にする特別チームの編成や「基礎的暮らし年金」創設による年金制度の抜本改革を主張した。さらに雇用問題に触れ、非正規雇用が増加する中では安倍首相が言う「成長を実感に」は実現できないと強調した。

このページのトップに戻る