検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 2007統一地方選挙 > 参院補選 > 記事 ここから本文エリア

民主・国民新、相互推薦で合意 参院選、補選でも

2007年03月31日23時16分

 民主党の小沢代表と国民新党の綿貫代表は2日、夏の参院選の選挙協力として両党が候補者を相互に推薦することで合意した。改選数1の「1人区」を中心に民主党の公認・推薦候補13人を国民新党が推薦し、民主党は国民新党の公認候補1人を推薦する。

 民主党はこれまで公認39人、推薦5人の選挙区候補者を決めている。同党はこの日発表した以外の候補者の推薦についても国民新党に働きかけていく考えだ。国民新党は4月の福島、沖縄両参院補選でも民主党公認の増子輝彦氏と同党推薦の狩俣吉正氏を推薦する。

 それぞれの推薦は次の通り。(敬称略)

 【国民新党が推薦】岩手=平野達男▽山形=舟山康江▽栃木=谷博之▽山梨=米長晴信▽三重=高橋千秋▽滋賀=徳永久志▽鳥取=川上義博▽岡山=姫井由美子▽広島=佐藤公治▽長崎=大久保潔重▽鹿児島=皆吉稲生(以上、民主公認)▽北海道=多原香里▽愛媛=友近聡朗(以上、民主推薦)

 【民主党が推薦】群馬=福田晃治(国民新党公認)(3月3日朝刊掲載)


2007統一地方選挙

3月
     
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
4月
           
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
告示日 開票日

キーワード

図表

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.