検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 2007統一地方選・参院補選 > 参院補選 > 記事 ここから本文エリア

参院福島、沖縄の2補選が告示 夏見すえて、各党総力戦

2007年04月05日13時57分

 参院福島、沖縄両選挙区の補欠選挙(いずれも被選挙数1)が5日、告示された。両選挙区とも自民、公明の与党側と民主党など野党側が対決する構図となった。与野党が過半数の議席確保をめぐって争う夏の参院選の前哨戦で、今回の結果は参院選の勝敗ラインを左右する。各党とも幹部が朝から選挙区に応援に入り、総力戦を展開。統一地方選の後半選挙とともに22日に投開票される。

写真

参院補欠選挙が告示され、候補者とともに気勢をあげる支持者たち=5日午前9時45分、那覇市で

 沖縄では、いずれも新顔の、海洋資源調査会社長の金城宏幸氏(68)、元連合沖縄会長の狩俣吉正氏(57)=民主、共産、社民、国民新など推薦=と、元那覇市議の島尻安伊子氏(42)=自民、公明推薦=の3人が立候補を届け出た。

 福島では、いずれも新顔の、元衆院議員の増子輝彦氏(59)=民主公認、国民新推薦=、元県議会議長の山口勇氏(69)=自民公認、公明推薦=、元福島市議の宮本しづえ氏(54)=共産公認=の3人が届け出た。

     ◇

 「本当に我々は公明党とともに全与党、本気の本気でこの戦いに臨んでいます」。自民党の中川秀直幹事長は5日朝、那覇市内の与党推薦候補の選挙事務所前で声を張り上げた。

 総定数(242)の半数が改選される夏の参院選で、与党側が現有の非改選議席57を含めて過半数を維持するには、現時点では65議席が必要。自民、公明両党とも「かなり高いハードル」(自民党幹部)とみている。だが、今回の補選で2勝できればこのラインが63議席に下がる。それだけに、告示前から中川氏や公明党の太田代表ら幹部が繰り返し両選挙区に入っているのをはじめ、両党国会議員を大量投入して支持団体をきめ細かく回っている。

 対する民主党にとっても、両選挙区とも野党系の議席だったことから、2議席死守が目標だ。菅直人代表代行は5日朝、那覇市内の野党推薦候補の選挙事務所前で「この1議席を獲得できなくては、7月の参院選で与野党逆転はあり得ない」と気勢を上げた。

 同党は沖縄は菅氏、福島は鳩山由紀夫幹事長と、両首脳をそれぞれ選挙責任者に据えた。鳩山氏は5日、福島市内で応援演説をした。沖縄には小沢代表も5日入り、てこ入れに懸命だ。小沢氏に対しては、党内から「もし補選に2敗したら、『参院選を小沢体制で戦えるか』という声が噴出する」(中堅議員)との声もあり、党内の求心力維持のためにも重要な戦いとなる。

 一方、共産党の志位委員長は5日朝、福島市内で演説し、「日本の針路を問う選挙だ。自民・民主の対決というが、対決の中身はない」と同党への支持を呼びかけた。

 福島は昨年9月に知事が談合事件で辞職し、同11月の出直し知事選に民主党の前参院議員が立候補したことに伴う補選。自民、民主、共産の3党がそれぞれ公認候補を擁立。各党とも地域間格差の是正を訴える。

 沖縄は、昨年11月の知事選に野党系参院議員が立候補したことに伴う補選。これまでの選挙と異なり、与野党の両陣営とも米軍基地問題よりも、格差是正や教育問題などを前面に訴えている。


2007統一地方選挙

3月
     
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
4月
           
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
告示日 開票日

キーワード

図表

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.