検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 2007統一地方選・参院補選 > ニュース > 記事 ここから本文エリア

東京都4区長選の当選決まる 統一選翌日開票

2007年04月23日11時42分

 統一地方選後半戦のうち翌日開票となる東京都の4区長選の開票が23日あり、新区長が決まった。江戸川、杉並区では現職がともに3選を決め、即日開票も含めると現職9人が全員当選した。

 区長選は即日開票が9区、翌日開票が4区の計13区長選があった。このうち現職が引退、新顔の争いとなった4区を除く9区では現職全員が当選した。新13区長のうち、政党の推薦を受けないのは杉並区のみ。他はいずれも自民党推薦、うち11区長は公明党の推薦も受けており、「与党推薦候補」の強さが目立った。

 今回、5期目の大田区長や、79歳と現職最高齢で4期目の板橋区長が引退。中央区長は6選を果たしたものの、その他は最高で3選となり、「多選」色は薄まった。


2007統一地方選挙

3月
     
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
4月
           
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
告示日 開票日

キーワード

図表

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.