現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. 地方ニュース
  3. 福島
  4. 記事

民意の風、我に 8月30日総選挙固まる

2009年7月14日

印刷印刷用画面を開く

 21日にも衆院解散、総選挙は8月18日公示、同30日投開票と固まった。東京都議選で自民、公明の与党が過半数割れし、民主党が躍進した直後の解散決定で、県内の選挙戦にはどんな影響が出るのか。5選挙区から出る予定の現職議員の思いは様々だ。

 衆院選の行方を占うと注目された都議選。その結果に、県内の民主党議員もわいた。

 太田和美氏(2区)は「第1党になるとは思っていたが、自公で過半数を割るとまで思っていなかった。都議選は国政に反映する選挙。一票一揆、もう黙っていられない、という民意が表れた」と話す。吉田泉氏(5区)も「都議選の勝利は国政と連動した期待票。政権を交代し、天下り、世襲といった日本の古い政治風土を変えたい有権者の意識の表れだ」とみる。

 一方、自民の亀岡偉民氏(1区)は「国政の影響がもろに出た。大変重く受け止めている」と話す。自民党の体質に対する有権者の厳しい反応ととらえるが、「我々は東京の風に流されないようにやるだけ。むしろ、東京へ地方の風を送る気持ちで、選挙にのぞみたい」と話す。

 総選挙の日程は、都議選の余韻が覚めやらぬうちに、一気に固まった。民主の渡部恒三氏(4区)は、麻生首相が自身でサミットに出るのと、麻生降ろしの動きを防ぐためという二つの理由から今回の日程が出てきた、と見る。「本当はもうとっくに総選挙をやっているはず。これまでの解散は党利党略だったが、今度の解散は麻生君の『個利個略』だ」と声をあげる。

 自民の渡部篤氏(4区)は「我々は総裁選で麻生さんを選んだ。麻生さんの下での選挙が厳しいのも事実だが、やむを得ない」と淡々。安倍、福田、麻生と有権者の審判を受けない内閣が続いていることにも触れ、「また今度も辞めるというのでは、有権者は納得しない。挙党一致態勢でがんばるしかない」と話す。

 自民の坂本剛二氏(5区)は今回の解散のタイミングを評価する。定額給付金が地域で使われ、与党の経済対策の効果を有権者が実感した後の総選挙になるためだ。「タイミングはどんぴしゃり。都議選と国政選挙は別。麻生首相しかいないという気持ちで選挙戦に臨む」と話す。吉野正芳氏(3区)は「表紙だけ替えても中身が変わらなきゃだめ」と語った故伊東正義・元外相の言葉をひき、「選んだ人にすべて託すのが民主主義のルール。麻生さんを選んだのは我々だ」と話している。

検索フォーム