現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. 地方ニュース
  3. 岡山
  4. 記事

8・30へ本格始動 慌ただしさ一気

2009年7月14日

印刷印刷用画面を開く

 麻生首相と自民・公明両党幹部が13日、衆院を21日にも解散、公示8月18日、投開票同30日の総選挙日程で合意したのを受け、臨戦態勢を続けてきた立候補予定の各陣営はようやく本格的な舌戦に向けて始動する。岡山1区の主な立候補予定者の陣営も慌ただしさを増している。

 自民現職の逢沢一郎氏は、13日午前に県庁で報道各社の取材に応じる予定だったが、この日、急きょ変更して東京に向かった。同氏の東京事務所によると「派閥(古賀派)の事務総長という立場でもあり、都議選の結果やその後の動きを受けた対応が必要になったので、予定を繰り上げて戻った」という。

 近づく総選挙への対応については「支持してくださる方々と調整しながら、これから決めていく」としている。

 民主新顔の高井崇志氏の事務所では、午後に訪れた支持者が「いよいよですね」と秘書たちに声をかけていったという。「党本部などの情報で、8月30日投開票が濃厚だと見ていた」と同事務所。

 高井氏はほぼ毎日、街頭演説を続け、この日朝も岡山駅西口でマイクを握り、市内で地域を回って政策を訴えた。昨年から力を入れている地域巡回が実を結びつつあると分析し、支持の声があった地域で最終盤に向けて働きかけを強めるという。

 この日は久々の休養を取っていた共産新顔の東毅氏は、自宅のテレビで「8月30日投開票」のニュースを知った。「麻生さんは就任以来、国民の審判を仰ぐことをずっと先延ばししてきたから、こういう風に追い込まれたのは当然だと思う」と述べ、「いよいよだな、という思いを新たにしています」。14日以降は従来通り、連日の街頭演説やミニ集会で支持を訴えていく予定だ。

◇民主との違い、公約に 自民

 自民党県連の天野学幹事長 経済対策、安全保障、拉致、教育、領土問題など、わが党でなければ責任ある解決ができない問題が山積している。自民党はこれらに果敢に取り組み、耳当たりが良いだけの政策を羅列する鳩山民主党との違いを政権公約に掲げ、一丸となって戦う。

◇正々堂々、政策で戦う 民主

 民主党県連の津村啓介代表 麻生総理の指導力欠如は長期の政治空白をもたらし、日本の国益を損ねた。民主党の都議選勝利は、政権担当能力を示した結果だ。衆院選では自公批判ではなく、正々堂々、政策で戦う考えだ。民主党にはビジョンがある。財源も詳細に示す。

◇金融危機、打開へ全力 公明

 公明党県本部の景山貢明代表 解散・総選挙は総理の専権事項との認識であり、麻生総理の決断を尊重する。100年に一度という金融危機打開という、わが国にとっての当面する課題打破のためにも、きたる総選挙に対しては必勝を期して全力で取り組む決意だ。

◇悪政競い合い、止める 共産

 共産党県委員会の石井ひとみ委員長 今度の総選挙は政権選択ではなく、日本の進むべき道が大きく問われる。民主党は消費税や憲法などの問題で自民党と悪い方向を競い合っている。二大政党の悪政の競い合いにストップをかけるためにも、共産党を大きく伸ばしていただくよう訴える。

◇生活・雇用の崩壊、転換 社民

 社民党県連合の藤田圭右代表 国民の審判を得ずして3代の首相を選出させた自公政権は、歴史に残る汚点である。早期解散を求める国民の要求にやっと応えたもので、遅きに失したものだ。生活や雇用を壊し続けてきた政治の転換を求める国民の声に応えるために戦う。

検索フォーム