現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. 地方ニュース
  3. 埼玉
  4. 記事

ポスターの相手、だれに 衆院選立候補予定者、思惑見え隠れ

2009年7月19日

印刷印刷用画面を開く

 顔を売り、イメージアップを図る大事な道具であるポスター。各区の立候補候補予定者はだれを選んだのか――。衆議院の任期満了まで半年を切ると、公職選挙法で立候補予定者1人で写る個人用の政治活動ポスターが掲示できない。ツーショットなどは可能なため、「党の顔」を念頭に、張り替えたり、別の相手とのポスターを張り増したり。2連・3連ポスターには、党や選挙区の事情が見え隠れする。

◇自民

 自民党の立候補予定者のポスターの相手の顔ぶれは、バラエティー豊かだ。

 党の顔・麻生首相は15選挙区のうち、4選挙区のみ。一番人気は、舛添厚労相だ。6選挙区で使われている。

 1区から立候補を予定する金子善次郎衆院議員=比例北関東=は厚労政務官のため、「直属の上司だから」と昨秋から舛添氏一筋だ。7区の中野清衆院議員は「女性層にアピールのため」と、新たに小渕少子化担当相とセットで発注し、1週間ほど前から張り出したばかり。11区の新井悦二衆院議員は、年金や福祉問題への取り組みを舛添氏でアピール。

 党県連会長でもある10区の山口泰明衆院議員は麻生首相ら5人と計6人が写る。「景気回復! 暮らしに安心」のキャッチフレーズにふさわしいメンバーだと話す。

 県選出の参院議員のポスターも、3選挙区で使われる。古川俊治参院議員を選んだ6区の中根一幸衆院議員=比例北関東=の陣営や、関口昌一参院議員を加えた3連ポスターにした14区の三ツ林隆志衆院議員は「年金や医療問題を、衆参両院の地元議員が協力して取り組んでいるメッセージだ」と説明する。

 8区の柴山昌彦衆院議員は地元密着を強調、地元選出の県議2人を選んだ。「中央の政局に左右されない」利点もあるという。

 13区の土屋品子衆院議員が初めて作った2連ポスターの相手に選んだのは、元スピードスケート選手の橋本聖子参院議員。「女性で知名度がある」のが理由だ。

 2区の新藤義孝衆院議員は親しくて志を同じくする石破農水相と石原伸晃幹事長代理を選んだ。首相とのポスターは「現実味がない」とこれまで使ってこなかったという。

 一方、麻生首相を選んだ12区の小島敏男衆院議員は「自分たちの手で選んだ以上、支えなければ筋が通らない」。総裁選前倒しを声高に唱えてきた4区の早川忠孝衆院議員も、ポスターでは「党として担ぎ出したのだから」と、舛添厚労相や小池百合子衆院議員を推す声を退けたという。

◇民主

 民主党は鳩山代表とのポスターが、候補者擁立予定の14選挙区中11選挙区と、圧倒的な人気を誇る。

 西松建設の献金問題に絡み、代表を辞任した小沢代表代行から張り替えた選挙区は7あった。4区の神風英男衆院議員=比例北関東=陣営によると、小沢氏の秘書逮捕の直後から、小沢氏とのポスターが破られる被害が続いたという。鳩山代表就任後、速やかにポスターを作り直した。「やはり党の顔」と陣営。

 「政権交代」を訴えるため、「党の顔を前面に押し出す」(6区・大島敦衆院議員、13区から立候補予定の森岡洋一郎氏)作戦も。

 7区から出る予定の小宮山泰子衆院議員=比例北関東=は、小沢氏とのポスターは作らず、鳩山代表就任後に鳩山代表とのポスターを作った。

 鳩山代表に加え、小沢氏のポスターを使うのが10区から立候補予定の松崎哲久氏だ。代表選後、鳩山代表のシールを小沢氏の上に張った。だが「小沢さんがいい」という支援者もいるので、一部はそのままにしているという。

 1区の武正公一衆院議員は代表選後、小沢氏とのポスターを立候補届け出人を務めた岡田幹事長に替えた。8区から出る予定の小野塚勝俊氏はポスターのデザイン変更時に小沢氏が辞任。代表選候補だった鳩山代表と岡田幹事長の2種類を作った。「2枚張れる場所では便利」と陣営。

 12区を予定する本多平直氏は鳩山、岡田両氏や小沢、菅両代表代行、年金問題の長妻昭衆院議員、地元選出の行田邦子参院議員それぞれとの6種という。「党のイメージを特定の人に固定化せず、年代、顔ぶれなど多彩な人材がいることをアピールしたい」と本多氏。

 県連代表の5区・枝野幸男衆院議員は、薬害エイズ問題を通じて関係が深く、大宮に事務所がある家西悟参院議員を選んだ。「総選挙の先を見ている」と事務所。

■主な立候補予定者 ポスターの相手は?

 【1区】

 <自民> 金子善次郎(比) 舛添厚労相

 <民主> 武正公一(現)  小沢代表代行→岡田幹事長

 【2区】

 <自民> 新藤義孝(現) 石破農水相、石原幹事長代理

 <民主> 石田勝之(元) 鳩山代表

 【3区】 

 <自民> 今井宏(現)  関口参院議員+古川参院議員

 <民主> 細川律夫(比) 小沢代表代行→鳩山代表

 【4区】

 <自民> 早川忠孝(現) 麻生首相

 <民主> 神風英男(比) 小沢代表代行→鳩山代表

 【5区】

 <自民> 牧原秀樹(比) 舛添厚労相

 <民主> 枝野幸男(現) 家西参院議員

 【6区】

 <自民> 中根一幸(比) 古川参院議員

 <民主> 大島敦(現)  小沢代表代行→鳩山代表

 【7区】

 <自民> 中野清(現)   麻生首相、舛添厚労相、小渕少子化担当相

 <民主> 小宮山泰子(比) 鳩山代表

 【8区】

 <自民> 柴山昌彦(現)  県議

 <民主> 小野塚勝俊(新) 小沢代表代行→鳩山代表、岡田幹事長

 【9区】

 <自民> 大塚拓(比・東京) 丸川参院議員+大野衆院議員も

 <民主> 五十嵐文彦(元)  鳩山代表 

【10区】

 <自民> 山口泰明(現) 麻生首相+小渕少子化担当相+舛添厚労相+石破農水相+石原幹事長代理

 <民主> 松崎哲久(元) 鳩山代表、小沢代表代行

【11区】

 <自民> 新井悦二(現) 舛添厚労相

【12区】

 <自民> 小島敏男(現) 麻生首相+中曽根外相

 <民主> 本多平直(元) 鳩山代表、岡田幹事長、小沢代表代行、菅代表代行、長妻衆院議員、行田参院議員

【13区】

 <自民> 土屋品子(現)  橋本参院議員

 <民主> 森岡洋一郎(新) 小沢代表代行→鳩山代表、地域により県議

【14区】

 <自民> 三ツ林隆志(現) 関口参院議員+古川参院議員

 <民主> 中野譲(元)   長妻衆院議員

【15区】

 <自民> 田中良生(現) 舛添厚労相

 <民主> 高山智司(比) 小沢代表代行→鳩山代表 

 《※立候補予定者名は敬称略。(現)は小選挙区現職、(比)は比例区現職、(元)は元職、(新)は新顔》

検索フォーム