現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. 地方ニュース
  3. 京都
  4. 記事

不況の街、選挙モード 衆院解散で前職ら、早くも「第一声」

2009年7月22日

印刷印刷用画面を開く

 衆院が21日、解散され、府内でも政権選択を問う選挙戦が事実上スタートした。各党の立候補予定者は早速、地元などで第一声を上げ、有権者に支持を訴えた。府内各地の有権者からは、政治に対する期待や厳しい注文も聞かれた。総選挙は8月18日に公示、30日に投開票される。

●与党

 2区から立候補予定の自民前職山本朋広氏は解散後の21日夕、叡山電鉄出町柳駅前で演説。「野党のマニフェストにはできないことがたくさん書いてあるが、自民党は責任与党なので、できないことは言えない。無駄遣いをなくし、今までの政治に切り込める私のような若者に任せてほしい」とアピールした。

 4区から立候補予定の前職中川泰宏氏は、西京区で報道陣に対し「今回の突風はきつい。勝利のため、地をはいながら戦いを進めていく」と語った。

 公明党は、比例近畿ブロックで立候補予定の元職竹内譲氏が京都駅前で演説した。「自民党は内輪もめばかりしている」と苦言を呈す一方、民主党に対し「政治哲学がばらばら。政権を取っても短期間で崩壊する」と批判。「庶民の目線で定額給付金などの実績を上げてきたのは公明党だ」とアピールした。

●野党など

 「今回の選挙は政治を国民の手に取り戻すための選挙だ」。民主前職で6区から立候補予定の山井和則氏は夕方、下京区の四条河原町で連合京都幹部らと街頭演説した。

 天下りや年金問題を例に自民党を批判し、「政権交代がないから国民の声が政治に届かなかった」と主張。非正規雇用で不安定な生活をしている若者の増加など雇用不安について「音を立てて日本の安心が崩れつつある」とし、子ども手当の創設や高校授業料の支給など社会福祉の充実に力を入れると訴えた。

 共産党は、1区から立候補予定の前職穀田恵二氏らが夕方、京都駅前で第一声。穀田氏は「自公連立政権の悪政を終わらせるための、待ちに待った国民的チャンスだ」と強調。「麻生首相は経済危機への対応に4度の予算を組んだと言うが、中身は大企業への大盤振る舞いだ」と批判し、「今度の選挙は命と暮らしがかかった選挙だ。自公政治と最も厳しく戦ってきた共産党が伸びることが重要だ」と訴えた。

 府内唯一の社民党公認で、2区から立つ予定の新顔藤田高景氏は午後、左京区の叡山電鉄修学院駅前で演説した。「若者を痛めつける自民と公明の政治は間違っている。こうした政治は一刻も早く交代させなければ未来はない」として、政権交代で労働条件の改善を実現すると訴えた。

 4区から立つ予定の無所属元職の田中英夫氏は午後、右京区の事務所前で演説し、「政権選択といわれる選挙だが、政党ではなく候補者で選択してほしい」と訴えた。

●4区の自民公認、中川氏に決まる

 自民党の前職と元職がともに4区で党公認を求めていた問題で、自民党は21日、前職の中川泰宏氏(57)の公認を決定した。05年の総選挙で、元職の田中英夫氏(65)が郵政民営化に反対したため、自民党が公認しなかった。代わって公認された中川氏が4区で当選、改めて公認を求めた田中氏との間で調整が難航。党本部の判断に委ねられていた。

●「追い込まれ解散」 京都商議所・立石会頭

 京都商工会議所の立石義雄会頭は21日、解散について「(麻生首相による)追い込まれ解散との印象は否めない」としたうえで、「政治の安定と経済政策の継続性が最も重要であり、各党には政権獲得後の速やかな体制整備プログラムを明示し、有効な経済政策の即時実行をお願いしたい」などとするコメントを出した。

検索フォーム