現在位置:
  1. 2009総選挙
  2. 地方ニュース
  3. 京都
  4. 記事

私の1票、誰に 1区−4区の候補者 衆院選公示、小選挙区に26人立候補

2009年8月19日

印刷印刷用画面を開く

 第45回総選挙が18日公示され、府内の6選挙区に計26人が立候補した。景気、雇用、社会保障……。真夏の青空のもと、各候補は早速、それぞれの公約を掲げて舌戦を繰り広げた。政権の継続か、それとも交代か。30日の「選択の日」に向け、12日間の選挙戦がスタートした。

 (届け出順。氏名は原則として日常使用名。年齢は投票日現在の満年齢。カッコ内数字は当選回数。[比]は比例区重複候補者。〈 〉内政党は推薦・支持。略歴の〈元〉以下は過去の経歴。▽は出身校、住所の順)

◆1区 自民・共産前職と2人の新顔立つ

 共産前職の穀田恵二氏は、中京区の事務所前で「自公政治への怒りの一票を下して欲しい。国民が主人公の新しい政治のために全力を尽くす」と第一声。夕方には、京都市中心部で志位委員長と街頭演説した。

 諸派新顔の種村由美子氏は京都駅前で「消費税は全廃し、消費景気を拡大したい」などと述べた。

 民主新顔の平智之氏は、下京区の事務所前で「皆さんのひとつひとつの気持ち、心、祈りを国政に届ける」と訴えた。直後に鳩山代表と下京区で演説し、「一緒に支え合う社会を作っていきたい」と強調した。

 自民前職の伊吹文明氏は中京区の事務所前で第一声。「ようやく回復してきた景気を政権交代の混乱のために中折れさせてはいけない。みなさんの景気回復を全力で守りぬきたい」と訴え、夜には演説会を開いた。

【候補者数4】

穀田恵二(こくたけいじ)62 共前(5)[比]

党国会対策委員長・党常任幹部会委員〈元〉京都市議・党京都北地区常任委員▽立命大文学部▽京都市北区小松原北町

種村由美子(たねむらゆみこ)53 諸新

幸福実現党府代表・幸福の科学職員〈元〉生長の家職員▽同志社大神学部▽京都市上京区上立売通堀川西入芝薬師町

平智之(たいらともゆき)50 民新[比]〈国〉

建築関連経営指導会社長・東洋大非常勤講師〈元〉ラジオパーソナリティー・タレント▽米UCLA大院材料工学科▽京都市下京区四条通新町東入月鉾町

伊吹文明(いぶきぶんめい)71 自前(8)[比]〈公〉

〈元〉財務相・党幹事長・文部科学相・衆院行革特別委員長・党税調小委員長・労相・大蔵省国庫課長▽京大経済学部▽京都市下京区油小路通仏光寺上ル風早町

◆2区 自民・民主前職ら5人が支持訴え

 自民前職の山本朋広氏は左京区の事務所前で出陣式を行った。「官僚の特権や税金の無駄遣いなど若い私が既得権益に切り込んでいく」と支持者らに訴えた。

 民主前職の前原誠司氏は同区と山科区で出陣式をした。「政権交代で日本の古い体質を変える。選挙に勝ち日本を変えるスタートラインに立つ」と主張した。

 共産新顔の原俊史氏は左京区の事務所前で第一声を上げ、スーパーや住宅地などで演説に立った。「労働者派遣法を抜本改正し、医療・福祉を充実させる」と訴えた。

 諸派新顔の軽部芳輝氏はJR山科駅前で「消費税や贈与税などを撤廃し、景気を回復させる」と呼びかけた。

 社民新顔の藤田高景氏は山科区の事務所前で出陣式。スーパーや団地を回り「今回は小泉改革に決別する選挙。平和と暮らしを守り連立政権の品質保証係となる」と訴えた。

【候補者数5】

山本朋広(やまもとともひろ)34 自前(1)[比]〈公〉

衣料品販売会社取締役・党マルチメディア局次長〈元〉松下政経塾生・米ジョージタウン大客員研究員▽京大院法学研究科▽京都市左京区岩倉三宅町

前原誠司(まえはらせいじ)47 民前(5)[比]〈国〉

党副代表〈元〉党代表・さきがけ京都本部長・日本新党京都会長・府議・松下政経塾生▽京大法学部▽京都市左京区上高野西氷室町

原俊史(はらとしふみ)42 共新[比]

党府委員〈元〉日本民主青年同盟中央副委員長・日本民主青年同盟府委員長▽京大法学部▽京都市左京区修学院烏丸町

軽部芳輝(かるべよしてる)41 諸新

幸福実現党府副代表・幸福の科学職員▽神戸大院工学研究科▽京都市下京区高辻通東洞院西入燈籠町

藤田高景(ふじたたかかげ)60 社新[比]

党平和市民委員会事務局長〈元〉党愛媛県特別常任幹事・党国民運動部長・日立製作所社員▽慶大経済学部▽京都市山科区竹鼻西ノ口町

◆3区 自民・民主前職と新顔2人の争い

 諸派新顔の岸本浩一氏は伏見区の事務所で「国難を救いたいという思いは一緒。ともに頑張ろう」と訴えた。

 共産新顔の石村和子氏は伏見区で第一声。各地の商店街やスーパーなどをめぐって街頭演説し、「人間を犠牲にする自公政権はもう終わり。共産党は憲法9条を生かし、命を守る政治に変えていく」と訴えた。

 自民前職の清水鴻一郎氏は伏見区で演説し、民主党の政策を「金をばらまいて票を買う政治だ」と批判。麻生政権の実績として経済対策を挙げて「自民党には責任力がある」と強調し、夜は小泉元首相を招き集会も開いた。

 民主前職の泉健太氏は伏見区の事務所前で「非常に厳しい選挙。あくまでも挑戦者として戦う」と決意表明。「景気回復のすそ野を広げて、地域経済を活性化するための直接給付が、民主党の成長戦略だ」と訴えた。

【候補者数4】

岸本浩一(きしもとこういち)33 諸新

幸福実現党府副代表・幸福の科学職員▽日大理工学部▽京田辺市田辺中央4丁目

石村和子(いしむらかずこ)59 共新

党府委員〈元〉小学校教諭・新日本婦人の会府委員・乙訓教職員組合女性部書記長▽静岡大教育学部▽長岡京市天神3丁目

清水鴻一郎(しみずこういちろう)63 自前(1)〈公〉

京都伏見しみず病院理事長・党府副会長〈元〉府議・大阪医大助教授▽大阪医大院医学研究科▽京都市伏見区上板橋町

泉健太(いずみけんた)35 民前(2)〈国〉

党政調副会長・党府常任顧問〈元〉党青年局長・NPO法人気候ネットワーク運営委員・参院議員秘書▽立命大法学部▽京都市伏見区深草南蓮池町

◆4区 前職・元職3人と新顔2人名乗り

 共産新顔の吉田幸一氏は右京区の阪急西院駅前で街頭演説。「派遣法の改正や最低賃金の引き上げで人間らしく働けるルールを取り戻そう」と呼びかけた。

 自民前職の中川泰宏氏は右京区の事務所前で、小泉元首相を招いて出陣式を開き、「国の制度をよくし、地域がよくなる法律をつくりたい」と訴えた。

 無所属元職の田中英夫氏は阪急西院駅前で、野中広務元自民幹事長とともに「安定した地域社会作りを目指す。政党ではなく人で選んで欲しい」と演説した。

 民主前職の北神圭朗氏は右京区の事務所前で出陣式。「将来の明るい見通しが見えないという国民の叫び声を国政に届けよう」と支持者を前に第一声を上げた。

 諸派新顔の出野博志氏は西京区で第一声。「消費税も相続税もゼロの減税で豊かな老後を実現したい」と話した。

【候補者数5】

吉田幸一(よしだこういち)35 共新

党府委員▽立命大法学部▽京都市右京区太秦開日町

中川泰宏(なかがわやすひろ)57 自前(1)[比]

JA京都中央会長〈元〉JA共済連副会長・八木町長・町議▽園部高▽南丹市八木町氷所

田中英夫(たなかひでお)65 無元(1)

石油販売会社長・府土地改良事業団体連合会副会長〈元〉自民党府副会長・亀岡市長・府議・亀岡市助役・亀岡青年会議所理事長▽京大経済学部▽亀岡市北町

北神圭朗(きたがみけいろう)42 民前(1)[比]

党府常任顧問〈元〉岩手県農林水産企画監・岩手県総務監・大蔵省金融企画局総務課長補佐▽京大法学部▽京都市右京区西院西田町

出野博志(でのひろし)60 諸新

幸福実現党府副代表・幸福の科学監事▽京大院農学研究科▽東京都品川区戸越1丁目

■小選挙区の党派別候補者数

(区数6) 計  前  元  新  重複

自民    6  6  0  0   6

民主    6  4  0  2   6

公明    0  0  0  0   0

共産    6  1  0  5   2

社民    1  0  0  1   1

国民    0  0  0  0   0

みんな   0  0  0  0   0

改革    0  0  0  0   0

大地    0  0  0  0   0

日本    0  0  0  0   0

諸派    6  0  0  6   0

無所属   1  0  1  0   0

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

合計   26 11  1 14  15

 (諸派は幸福実現党)

検索フォーム