朝日新聞社 -手塚治虫文化賞 - The Tezuka Osamu Cultural Prize -

第20回 手塚治虫文化賞 記念イベント 募集は終了しました

「手塚治虫文化賞」(朝日新聞社主催)が今年、20回の節目を迎えることを記念し、「特別イベント」を開催します。 現在、参加者を募集しています。要項をご確認の上、ふるってご応募下さい。
※募集は終了しました。多数のご応募、ありがとうございました。
★第20回手塚治虫文化賞の受賞作が決まりました。(最終更新:2016年4月27日)
【→特別イベント詳細はこちら】 【→ゲストプロフィールはこちら】 【→バスツアーについて】


【開催日時】 2016年5月29日(日)午後1時30分~5時
     (記念イベントの後で開催予定の「第20回 手塚治虫文化賞贈呈式」にもご参加いただけます)
限定オリジナルグッズ販売予定 【会  場】 有楽町朝日ホール 有楽町マリオン11階
       (住所:東京都千代田区有楽町2-5-1) 【→ 地図はこちらから】
【参 加 費】 1,000円(手塚治虫文化賞 オリジナルピンバッチ付き
【締め切り】 5月11日(水)必着
       ※お申し込み多数の場合は抽選。当選者には、参加証をお送りします。
【お問い合わせ】手塚治虫文化賞事務局 (朝日新聞社内)
        03-5540-7453(受付時間: 平日 午前10時~午後6時)

イベントちらしはこちらから

▲TOPへ戻る


 

【対談】浦沢直樹さん×糸井重里さん 漫画家という仕事 ~描線ということば~
【対決】画力対決七番勝負 ふたりとも、10年経って、絵は上手くなりましたか? しりあがり寿さん V.S. 西原理恵子さん(司会:八巻和弘さん)

▲TOPへ戻る


 

ゲストプロフィール
浦沢直樹
1960年、東京都生まれ。83年「BETA!!」でデビュー。「YAWARA!」「MONSTER」「20世紀少年」など、多くのヒット作を生み出す。手塚治虫文化賞 マンガ大賞やメディア芸術祭マンガ部門優秀賞など、受賞歴多数。現在、『モーニング』にて「BILLY BAT」(ストーリー共同制作:長崎尚志)を連載中。


1948年、群馬県生まれ。「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰。71年にコピーライターとしてデビュー。「不思議、大好き。」「おいしい生活。」などの広告で一躍有名に。また、作詞やエッセイ執筆、ゲーム制作など、幅広いジャンルでも活躍。98年6月に毎日更新のウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を立ち上げてからは、同サイトでの活動に全力を傾けている。
糸井重里

しりあがり寿
1958年、静岡県生まれ。ビール会社勤務の傍ら作品を発表。94年に退社、新聞の風刺4コママンガから長編ストーリーマンガ、アンダーグラウンドマンガなど様々なジャンルで独自な活動を続ける一方、近年では映像、アートなどマンガ以外の多方面に創作の幅を広げている。主な作品に「ヒゲのOL藪内笹子」「方舟(はこぶね)」 「あの日からのマンガ」など。「弥次喜多 in DEEP」で手塚治虫文化賞マンガ優秀賞。


1964年、高知県生まれ。88年「ちくろ幼稚園」で本格デビュー。92~94年「恨ミシュラン」(神足裕司さんと共著)でブレーク。97年「ぼくんち」で文芸春秋漫画賞。2005年「上京ものがたり」「毎日かあさん」で手塚治虫文化賞 短編賞。現在、高須克弥院長との交際を綴った「ダーリンは70歳」が大評判。
西原理恵子

▲TOPへ戻る


 

特別賞・京都国際マンガミュージアムより竹宮惠子さんのスペシャルトークが決定!

手塚治虫文化賞第20回特別賞の受賞が決まった京都国際マンガミュージアム。
今年、開館10周年を迎えます。ミュージアムの創設時からかかわってこられた竹宮惠子さんに漫画家として「マンガとミュージアム」について感じることなどをうかがいます。


竹宮惠子 スペシャルトーク「マンガとミュージアム」
竹宮惠子(たけみやけいこ) 漫画家・京都精華大学学長
【プロフィール】1950年、徳島県生まれ。漫画家。68年漫画家デビュー。『ファラオの墓』『風と木の詩』『地球(テラ)へ…』などヒット作多数。80年小学館漫画賞受賞。2000年より京都精華大学教授、14年学長に就任。同年紫綬褒章を受章。京都市と京都精華大学による「京都国際マンガミュージアム」には開設から関わり、精巧な複製原画を研究・制作する原画'(ダッシュ)プロジェクトリーダーも務める。

▲TOPへ戻る


 

「手塚治虫ゆかりのスポットを巡る」バスツアー ~手塚治虫文化賞20回記念 あなたの知らない手塚治虫に会える~
「手塚治虫ゆかりのスポットを巡る」バスツアー 詳細はこちら

★バスツアーは、ご好評につき、満席となりました。ありがとうございました。
【→ツアー詳細はこちら】


▲TOPへ戻る


→ 手塚治虫文化賞 TOPページへ


→ 手塚治虫文化賞とは


→ これまでの受賞作品



★ 関連リンク ★


→ 手塚プロダクション

→Tezuka Osamu Official (Facebook)



20周年記念サイト




受賞の記録
▼テキストをクリックすると詳細ページへ飛びます。

第21回(2017年)
★受賞者 ★贈呈式 ★選考結果
★ノミネート作品

第20回(2016年)
★受賞者 ★選考結果
★ノミネート作品

第19回(2015年)
★受賞者  ★選考結果
★ノミネート作品

第18回(2014年)
★受賞者 ★贈呈式 ★選考結果
★ノミネート作品 ★トピックス

第17回(2013年)
★受賞者 ★贈呈式 ★選考結果
★ノミネート作品

第16回(2012年)
★受賞者 ★贈呈式 ★選考結果
★ノミネート作品

第15回(2011年)
★受賞者 ★贈呈式 ★選考結果
★ノミネート作品

第14回(2010年)
★受賞者 ★贈呈式 ★選考結果
★ノミネート作品

第13回(2009年)
★受賞者 ★贈呈式 ★選考結果

第12回(2008年)
★受賞者 ★選考結果

第11回(2007年)
★受賞者 ★選考結果

第10回(2006年)
★受賞者 ★選考結果

第9回(2005年)
★受賞者 ★選考結果

第8回(2004年) ★受賞者

第7回(2003年) ★受賞者

第6回(2002年) ★受賞者

第5回(2001年) ★受賞者

第4回(2000年) ★受賞者

第3回(1999年) ★受賞者

第2回(1998年) ★受賞者

第1回(1997年) ★受賞者