環境への取り組み

低炭素社会実現に向けた国民運動「COOL CHOICE」に賛同

 政府の『2030年度の温室効果ガス(2013年度比)26%削減』目標にむけ、環境省が展開している国民運動キャンペーンの「COOL CHOICE」に、朝日新聞社も賛同しています。環境に関する記事やイベント、広告を通して読者に低炭素社会実現を呼びかけるとともに、全国のオフィスや印刷拠点では、自らも省エネや省資源に取り組んでいます。


→「Fun to Share事務局」ウェブサイト