「A・RING(エー・リング)」は、2016年4月、朝日新聞東京本社に誕生した読者との双方向交流スペース。
文房具などのオリジナル記念品や人気の催事チケットを扱うショップコーナー、かつての貴重な取材資料を展示するお宝コーナー、天井からロールスクリーンが下りてくる取材・撮影コーナーなどがあります。

これまでの更新情報はこちら

 

A・RINGのお客様(2016年9月16日)

奈良「みつきうまし祭り」PRキャラバン隊の皆さま


 今日は、私が恋い焦がれていた"彼"に会うことができました。
浅黒い肌にくりくりした目、ぐっと結んだ唇、たっぷりとボリュームのある耳たぶ、
そして、立派な鹿の角!!

そう、それは…

今回はいきなりA・RINGポーズ!
今回はいきなりA・RINGポーズ!

 奈良県を代表するゆるキャラ、せんとくんです!!
今回は、10月29(土)~11月6日(日)まで奈良市の平城京跡で開催される
「みつきうまし祭り~平城京天平祭・秋~」のPRに来てくださいました!
春、夏、秋と年に3回行われる天平祭りのひとつが、この「みつきうまし祭り~平城京天平祭・秋~」なのです。


 「みつきうまし」とは、古代の言葉をつなげてつくった、造語なんだそう。
「みつき」は、祭りのために収穫した食物や花、音楽を献上すること、「うまし」は、美しいと旨いの意味があるそうです。
神仏や尊敬するすべてのものに捧げる祭りごと、といったところでしょうか。
私には、芸術の秋と食欲の秋をみんなで楽しもう! というように聞こえますが、それもあながち間違ってはいないのかも。


この、「みつきうまし祭り」は連日盛りだくさんのイベントで皆様をお待ちしているとの情報をGETしていますのでご紹介していきます!


特設ステージでは様々なアーティストや海外の伝統舞踊を見ることができ、花のアートゾーンでは万葉集の世界や遣唐使船など華やかなアートを楽しめます。
さらに、開催期間中の土・日・祝日は、特典がいっぱい!
実際に天平衣装を着てお祭りに参加することができます。
お伽噺の天女さながらの美しい天平衣装を纏って、奈良時代に迷い込んでみてはいかがでしょう。


また、いろいろと体験した後は食欲の秋、の時間が必要ですよね!
会場には奈良の地酒やそれにぴったりの厳選されたおつまみが味わえる天平マルシェなるものが出現します。
地元の飲食店の方々が腕によりをかけて、空腹の皆様をお待ちしております!
あぁ…きっと奈良時代の人々もきっとお酒好きだったことでしょう…( *´艸`)


そして、土・日・祝日の最大の目玉といえば…!!
せんとくんに会える、せんとくんグリーティングです^^
いったいどんな衣装を纏ったせんとくんに会えるのでしょうか。
いつものせんとくん?それとも、天平衣装のせんとくん?
オープニングイベントではダンスチームとコラボレーションしたせんとくんのダンスが見られるかも!
そんなせんとくんからコメントが届いてるのでご紹介します!

せんとくんからのコメント:秋の奈良は「うまし」なものがいっぱいあるよ!あそびに来てね!!

 ぜひ、せんとくんとの記念の一枚もカメラに収めてきてくださいね^^


 

 まだまだお伝えしたい「みつきうまし祭り」の情報ですが、最後にひとつ、私と同世代の女性には魅力的な情報をお伝えしたいと思います! 今回の天平祭の限定商品なのですが、それがとにかく可愛くて、素敵なんです!

710冊限定の「天平祭オリジナルご朱印帳」

 何かって?

 それは…

この710冊限定の「天平祭オリジナルご朱印帳」です!
※平城遷都の年710年にちなんでの生産限定数だそうです。


このご朱印帳、表紙は天平行列などで女性貴族が身に着けている天平衣装と同じ生地を使っています。
また、描かれている模様は奈良時代によく用いられていた「円花文」。
実物を拝見させていただいたのですが、朱色に煌(きら)びやかな刺繍がぱっと映え、持っているだけでステキ女子になったような気分になります。表紙の生地がしっかりとしていて、全国への旅のお供としても華を添えてくれる一品だなあと感じました。


裏表紙は平城京を守るとされている、四神にちなんで4色の展開となっています。
青龍の青、朱雀の赤、白虎の白、そして玄武の黒。
先行発売が行われた、日本橋にある奈良県のアンテナショップでは当日、開店前から列ができていたとか。
4色まとめ買い、なんて方もいらっしゃるほど人気の限定商品です。
私も例に漏れず、ご朱印集めをしてるのでぜひともGETしたいアイテムですが、4色…う~ん悩みます。


価格は、平城遷都1300年にかけて1冊 1,300円(税込)です。
購入特典は「平城宮跡 特別ご朱印」と「オリジナル散華(さんげ)」のプレゼントです!
オリジナル散華は全部で4種類。

「平城宮跡 特別ご朱印」と「オリジナル散華(さんげ)」

 平城宮跡、法華寺、西大寺、海龍王寺の4か所を回ってご朱印と四季折々の風景が描かれた散華を集めてみましょう。 (※散華は10月29日から配布開始。限定各100枚となっております。)


 さあ、ここまで読んでくださった方はおそらく、もう「みつきうまし祭り」に行きたくなってきたことでしょう^^
私も手帳を開いて予定を調整しようと思います!
担当者さん曰く、西大寺の付近には美味しいケーキ屋さんやカフェも沢山あるそうです!
お祭りと併せて、秋の奈良を満喫できそうですね^^


女性天皇が大活躍していた、奈良・平城京。
現代の働く私たちにもきっとパワーを与えてくれるはずです。
ぜひ、インフォメーションをチェックしてみてくださいね!!


【→ 関連リンク: みつきうまし祭り~平城京天平祭・秋~ 】


【→ 関連リンク: → 奈良県公式観光サイト:なら旅ネット】


 

しおり
しおり
今回初めてPR隊の取材とブログを担当しました!
まさか、見学係をしていてせんとくんに逢える日がくるとは!
すっかり、みつきうまし祭りに行く気満々の私ですが、その際にはまたブログで続報をUPできればと思います^^
せんとくんとの再会を願って…



▲このページのTOPへ