「A・RING(エー・リング)」は、2016年4月、朝日新聞東京本社に誕生した読者との双方向交流スペース。
文房具などのオリジナル記念品や人気の催事チケットを扱うショップコーナー、かつての貴重な取材資料を展示するお宝コーナー、天井からロールスクリーンが下りてくる取材・撮影コーナーなどがあります。

これまでの更新情報はこちら

 

A・RINGのお客様(2016年11月4日)

三重県南部PR隊の皆さま


 今回のA・RINGは三重県南部からのお客さまです!

三重県南部PR隊

 三重県の東京アンテナショップ「三重テラス」で11月5、6日に行われた「みえ南部まるごとカフェ&ふるさと納税」のイベントをPRするのためにいらっしゃいました。 【→関連サイト: 三重テラス】

 三重県の南部といえば、今年5月にG7伊勢志摩サミットが行われましたが、南部の地域は5市8町あることをご存じでしたか?伊勢神宮で有名な伊勢市をはじめ、美しい自然や豊かな文化・伝統に育まれてきた13の市町が絆を結びながら発展してきました。

 今回は、三重県庁の村井さんが巫女に、鳥羽市役所の久世さんが海女に変身して三重県南部の魅力をPRしてくださいました。「三重県南部には海も山も川もあります。自然に恵まれ食の素材が豊富です」と、おふたりのコメントでした。

 

 ちなみに久世さんが手にされているのは伊勢エビ!
(もちろん本物ではありません)

精巧な伊勢エビのフィギュア

 この精巧な伊勢エビのフィギュアは、鳥羽展望台で購入できるそうです。
 【→関連サイトはこちら: パールロード鳥羽展望台 食国蔵王】
 じっと見つめていたら本物が食べたくなってきますね(笑)。

 

 最後に恒例のA・RINGポーズをお願いしました!

A・RINGポーズ

 三重県南部地域では、「ふるさと納税」の返礼として地域の特産品や施設の優待券を贈呈しているそうです。特産品の開発や産業の活性化にもつながる「ふるさと納税」について、検討してみてはいかがでしょうか。


【→ 関連サイトはこちら:三重県「ふるさと納税南部まるごと発信事業」】


 

 三重県南部PR隊のみなさま、ありがとうございました。またのお越しをおまちしています!

 


ナガシマ
ナガシマ
今回は、裏方の私が担当しました。
伊勢エビ、アワビ、トマト、三重県南部の美味しい海山の幸を思い浮かべていたら日本酒が飲みたくなりました…。



▲このページのTOPへ