「A・RING(エー・リング)」は、2016年4月、朝日新聞東京本社に誕生した読者との双方向交流スペース。
文房具などのオリジナル記念品や人気の催事チケットを扱うショップコーナー、かつての貴重な取材資料を展示するお宝コーナー、天井からロールスクリーンが下りてくる取材・撮影コーナーなどがあります。

これまでの更新情報はこちら

 

A・RINGのお客様(2016年11月21日)

明石観光協会のスタッフとパパたこ隊長


 みなさん、こんにちは! 見学係のしおりです^^

今回は、兵庫県明石市から明石観光協会の皆さんと、
隊長のパパたこが A・RINGにいらっしゃいました~!! 【→明石のキャラクター紹介(パパたこ)】

「明石観光協会」の皆さんと、隊長のパパたこ

 

 来る12月3日(土)、4日(日)に開催される『B-1グランプリスペシャルin東京・臨海副都心』にこの、「あかし玉子焼(通称:明石焼)」も参加するのです!

あかし玉子焼(通称:明石焼)

 

 そのPRの為、パパたこは大忙し! 愛おしい家族を明石において、パパたこはPRに励みます。

パパたこファミリー
アイコン パパたこファミリー


 明石焼ってなに?と初めて聞く方や、いまいちタコ焼きとの違いが分からない!
という方もいると思います。

 ご説明しましょう!

 明石焼は、タコ焼きよりも小麦粉の量が少なく、代わりにたまごと出汁が多いのが特徴。
また、鉄板ではなく銅板で焼いていくので、外はしっかり中はとろっとした食感になるのです!

 焼きあがったものは出汁につけて食べるんですよ^^(明石焼ポスターのお椀

 私も大阪本社研修に行ったとき、初めて明石焼をいただいたのですが、本当にふわふわ、とろとろで何個でも食べられそうだなあと思いました(*´▽`*)

研修でいただいた明石焼
アイコン 研修でいただいた明石焼♡

 なかなか東京で明石焼に出会うことがなかったのですが、パパたこが東京駅にあるお店をこっそり教えてくれたので、近日中に食べに行こうと考えています( *´艸`)ムフフ

今月11月より、明石観光協会オンラインショップ「明石です」から、お取り寄せで楽しむこともできるそうなので、気になる方はぜひ調べてみてください!
【→ 明石観光協会オンラインショップ「明石です」】


 さてさて、話を戻しまして、次は兵庫県明石市について少し紹介したいと思います。
明石市、と聞くと私は真っ先に日本標準時となる「東経135度子午線」が通るところ!!と思い至ります。笑

しかし、実は「お魚」の街でもあるんです!
魚の棚商店街(地図)

魚の棚商店街
(写真は明石観光協会提供)

 明石駅前に広がる、魚の棚商店街は、明石の台所として約400年もの歴史を持つ商店街。鮮魚はもちろん、練り製品のお店が並びます。
明石観光協会が出している、もぐチケを使えばお得に食べ歩きが楽しめますよ!
【→ 参考リンク:「もぐチケ」情報  一般社団法人 明石観光協会ツイッター(2016/08/13) 】

「もぐチケ」

 

 明石の街は車がなくても楽しめるこじんまりとした観光地。これからの冬もわりと温暖に過ごせる地域のようです^^ 活気のある魚の棚商店街でパワーをもらって、行く年来る年に備えたいものです。


 最後に『B-1グランプリスペシャルin東京・臨海副都心』の詳細です。

開催は12月3日(土)、4(日)。 9時30分~15時30分までお楽しみいただけます。
会場は東京・臨海副都心(最寄り駅:ゆりかもめ→台場駅・船の科学館駅、りんかい線→東京テレポート駅)です。

当日は、明石観光協会のみなさんとお揃いのパパたこサンバイザーを明石焼コーナー付近で配布予定です!

パパたこサンバイザー

 明石焼を食べたら、くるっとひっくり返して

パパたこサンバイザー
「お墨つき♡」に変えて、みんなで明石焼を応援しましょう!!

 がんばれ!明石市!がんばれ!パパたこ! A・RINGより応援しています~(^o^)丿

A・RINGポーズ


【→ 関連サイト】 「B-1グランプリスペシャルin東京・臨海副都心」 「一般社団法人 明石観光協会」

 

(2016年11月28日付「朝日新聞」朝刊 27面に関連記事を掲載)

▲このページのTOPへ


 


しおり
しおり
明石のりがとてもおいしく、お弁当をのり弁にしました。
私は中学生の頃、漁師になりたいと思っていたので魚市場には目がありません。職業体験の時には魚屋さんに行って早朝の築地市場にトラックで連れてきてもらったほどです。笑 明石の魚の棚商店街にも必ず足を運びます!!ギョギョっ(*´ω`*)



▲このページのTOPへ