「A・RING(エー・リング)」は、2016年4月、朝日新聞東京本社に誕生した読者との双方向交流スペース。
文房具などのオリジナル記念品や人気の催事チケットを扱うショップコーナー、かつての貴重な取材資料を展示するお宝コーナー、天井からロールスクリーンが下りてくる取材・撮影コーナーなどがあります。

これまでの更新情報はこちら

 

A・RINGのお客様(2016年12月2日)

宮島観光親善大使&ミス岩国&広島観光親善大使&2016くれマリンクイーン


 みなさん、こんにちは!
見学係のしおりです。12月も半ば…早いですね。
そんな師走のど真ん中、A・RINGには思わず頬がぽっとなってしまうような美人4人が来訪してくださいました( *´艸`)

 キラキラ~

右から、宮島観光親善大使の高橋裕子さん、ミス岩国の岩崎阿子さん、広島観光親善大使の福山桃子さん、2016くれマリンクイーン松野由紀さん

 右から、宮島観光親善大使の高橋裕子さん、ミス岩国の岩崎阿子さん、広島観光親善大使の福山桃子さん、2016くれマリンクイーン松野由紀さんです!
 A・RINGのクリスマスツリーより、キラキラしていて華やかです。

 今回はこの四名から、各地のおすすめスポットや観光情報を教えて頂きました。
順番にご紹介していきたいと思います!

 

広島(福山桃子さん)


 広島、と聞くとやはり一番に思い出されるのが原爆ドームですよね。
良くも悪くも、日本を象徴するものの一つではないかと思います。
私も以前、原爆ドームに訪れた際には、地元のボランティアスタッフの方のお話を聴き戦争や平和について深く深く考えさせられました。
多くの人は原爆ドームの前に立った時、あぁ広島に来たんだなあと実感するのではないでしょうか。
その原爆ドームの横に、「HIROSHIMA ORIZURU TOWER」が今年9月に開業しました。

HIROSHIMA ORIZURU TOWER

 館内には、レストランや広島の特産物や名産品を扱うショップがあるほか、屋上は展望スペースとなっており、眼下には原爆ドームや平和記念公園が広がります。
お天気が良ければ、宮島が見えるかもしれません^^

そして、このおりづるタワーにご来場の際にはぜひ、体験してほしいものがあります、と
広島観光親善大使の福山さんが紹介してくださったのは…

広島観光親善大使の福山さん

 「折り鶴を折って、折り鶴の壁に投入できるんです」

…?えっと…と困惑していると、丁寧に詳細を説明してくださいました。 おりづるタワーでは12階の体験スペースで販売している折り紙(5枚500円)を購入し、折り鶴を作ると、12階の壁からポストに郵便を入れるように、投入できます。
実はこの建物の壁の一部が1階からずっと折り鶴BOXのようになっており、来場者の投入した鶴が壁の一部を埋めていく仕組みになっているんです。
この壁が折り鶴でいっぱいになる頃には、私たちの目指す「平和」や「核のない世界」が実現できているのでしょうか。そうなればいいなあと思います。
綺麗な折り紙に祈りを込めて折られた一羽一羽の鶴が、壁を埋めていく様子を私もぜひ、一度拝見したいです。
開業から間もないですが、既に列が出来るほど注目を集めているおりづるタワー、皆さんも観光の際にはお立ち寄りください^^

 最後は、気持ちも夜も明るくなる、ひろしまドリミネーションをご紹介します!
福山さんも太鼓判を押す、このイルミネーションは広島の夜を美しく彩ります。
来年の1月3日まで実施の予定で、期間中はオープンカフェでHOTココアや、HOTワインも購入できるので身体を温めながらお楽しみいただけます^^
HOTドリンクが必要ないくらい、アツアツのカップルとして私も拝見したいものです…


 

宮島(高橋裕子さん)


 宮島にある厳島神社は世界遺産に登録され、20周年を迎えました。
2018年には、平清盛生誕900年を迎えることもあり、来年からはプレイベントとして様々な魅力ある記念行事が開催される予定です。

厳島神社

 夜の幻想的な宮島の風景が楽しめそうですね^^神様もあちこちから集まってくるかもしれません。

 私も宮島に観光で行ったことがあり、厳島神社でご朱印帳を購入しました。
神様のお足元から始めたご朱印集め、今でも続けています!

宮島観光親善大使の高橋さんのおすすめは、やはりもみじ饅頭!
定番の味も美味しいですが、

宮島観光親善大使の高橋さん

 「焼きたてのスウィートポテト味が今はイチオシです!」

とのこと(*´▽`*)おいしそう!!と思わず私も声を上げてしまいました。

そして、これからの季節、「冬」「広島」「宮島」とくれば、その先に続くのはそう、「牡蠣!!」です!

 宮島かきは、波が穏やかで自然災害の少なく、島や岬に囲まれた漁場で育てられます。
宮島の弥山の原生林から流れ出す良質な水に含まれる栄養分が牡蠣に吸収され、最上の牡蠣が獲れるのです。
そんな宮島かきはこれからが旬です!2月には牡蠣祭りも開催されます。
牡蠣の土手鍋、牡蠣雑炊、牡蠣入りのお好み焼きと様々な料理が並びます。
高橋さんが大好きな牡蠣フライも、もちろんあります^^ 私も牡蠣大好きなのでお話を聴いているだけでヨダレが出そうでした…


 

呉(松野 由紀さん)


 呉といえば、やはり海軍の街ですよね!
明治36年に呉海軍工廠が設立され、海軍の主要な基地として発展してきました。
私のように東京在住だと、潜水艦や軍艦って、なかなか間近で見ることが無いと思いますが呉では様々な面から海上自衛隊や戦艦に触れることができます。
呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)では、戦艦「大和」の10分の1の模型や零式艦上戦闘機などの大型資料の展示が楽しめます。

さらに今、呉をアツくさせているのは、カレーなんです!!
呉海自カレーは全部で30種類。どれも、海自の戦艦内で実際に腕を振るっていた調理員さんが呉市内の各お店に直接伝授しているので、本物の味を味わえます。
艦長からの認定もあるので、ご安心ください^^
カレーにはそれぞれ、軍艦の名前がついています。

呉海自カレーガイドブック

 各お店を回り、30種類制覇すると記念品がGETできるのですが…今年の記念品は、
海上自衛隊オリジナル珈琲カップセットです!

これ、ただの珈琲カップセットでは、ありません。
ティースプーンにはシリアルナンバーが入っているので、本当に自分だけの珈琲カップセットなんですよ!
こちらの商品がGETできるのは来年の3月31日まで。
あと三か月で30種類、挑戦してみてはいかがでしょう( *´艸`)??

 最後に、2016くれマリンクイーン松野さんのお気に入りは、

2016くれマリンクイーン 松野さん

 瀬戸内海に浮かぶ潜水艦だそうです。

日が暮れると、港に灯るあかりが瀬戸内海に潜水艦のシルエットをうつしだすのでしょうか、そんな絵を頭に描きながらお話しを伺っていました。


 

岩国(岩崎阿子さん)


 年間300万人も訪れる、大人気の観光地・岩国の目玉といえば…
そう!空港の名前にもなっている錦帯橋です。

錦帯橋

 日本三名橋でもある、錦帯橋は四季折々の様々な顔を持っています。
特に、3,000本の桜が咲き誇る春の錦帯橋の景色は、ミス岩国の岩崎さんも大好きとのこと。

実は、今年4月、寿退社した先輩の結婚式に出席する為に見学係総出で山口県に出かけました。その帰りにみんなで錦帯橋に寄ったんですよね~^^ 桜が春風に舞う中、遊覧船に乗って眺める錦帯橋は本当にうっとりする景色でした。

ミス岩国の岩崎さん

 「錦帯橋はランニングコースです」

また、6月から9月は鵜飼いのシーズン。夏の夜、篝火を灯した小舟が何艘も錦川に浮かびます。遊覧船に乗ると間近で鵜を使って鮎を獲る様子が見物できるそうです。
私も、鵜飼いを一度拝見してみたいです。鵜飼いの季節が過ぎると、紅葉が見ごろになります。
どんな季節や風景にも映える錦帯橋って、やはりすごいなあと感心するばかりです^^

 岩国錦帯橋空港から錦帯橋は車で20分の近距離にあります。
また、宮島までも40分というとても利用しやすい空港です。岩国空港を起点に、観光はもちろんのこと、世界遺産やパワースポットを巡ってみてはいかがでしょうか^^


 四名から、沢山の情報を頂き、ボリューム満点の今回のブログはいかがでしたでしょうか。
皆さんの冬休みの計画に広島県・山口県の各所が候補に入ればうれしいですsmile
最後は美女4人そろって、キラキラA・RINGポーズ、いただきました!!

キラキラA・RINGポーズ

 皆さん、ありがとうございました(^o^)!

 


【→ 関連サイト】
【広島】「広島市 原爆ドーム」 「HIROSHIMA ORIZURU TOWER」
「ひろしまドリミネーション」


【宮島】「宮島観光公式サイト」


【呉】「呉観光協会公式サイト」 「呉海自カレーガイドブック(PDF)」


【岩国】「錦帯橋(岩国市公式ホームページ)」 「岩国市公式観光Webサイト」


(2016年12月14日付「朝日新聞」朝刊 29面に関連記事を掲載)

▲このページのTOPへ


 


しおり
しおり
今回、お越しいただいた中で、呉にだけ行ったことがないので次回は海自カレーを食べに行きたいなあと思います。そして、観光大使にはどうやってなれるのか、興味津々に伺いましたが、皆さんオーディションを勝ち抜かれたとのこと。私もミス朝日新聞があれば、挑戦してみたいものです…笑



▲このページのTOPへ