「A・RING(エー・リング)」は、2016年4月、朝日新聞東京本社に誕生した読者との双方向交流スペース。
文房具などのオリジナル記念品や人気の催事チケットを扱うショップコーナー、かつての貴重な取材資料を展示するお宝コーナー、天井からロールスクリーンが下りてくる取材・撮影コーナーなどがあります。

これまでの更新情報はこちら

 

A・RINGのお客様(2017年1月18日)

岐阜県東京事務所のみなさま


 みなさん、こんにちは!!
2017年が幕を開けましたね^^ 今年はどんな 1年になるのでしょうか。
私は早くこの寒さが去ってくれることを祈っております…

 さてさて、今年一番初めの「A・RINGへようこそ!」は、この方々です!

今年一番初めのA・RINGへようこそ!

 爽やかな青い法被が似合うのは…、
 こっち向いてくださあ~い!!(;´∀`)

岐阜県東京事務所の吉田さん(左)と三田村さん(右)、ミナモくん(中央)

岐阜県東京事務所の吉田さん(左)と三田村さん(右)、
そして、ミナモくん(中央)です。

 今回は、「ぎふアニメフェア」のPRに来てくださいました。
岐阜県×アニメ…ってみなさん、あまりピンと来ないですよね。

しかし…!!

 昨年大ヒットした映画、といえば… そう、「君の名は。」です。
岐阜県飛騨市は、主人公・瀧がヒロイン・三葉を探しに行く舞台となった場所なんです。
私も「君の名は。」を観ましたが、みずみずしく自然豊かな飛騨の風景がとても印象的だったのを覚えています。

 そのほかに、黒猫のルドルフが主人公(主にゃん公でしょうか 笑)の「ルドルフとイッパイアッテナ」には岐阜市の風景が登場し、第十九回手塚治虫文化賞新生賞を受賞し、昨年9月に映画化された「聲の形」では大垣市が物語の舞台となっており、街のあちこちの風景が登場します。

 岐阜県には、早くも、国内外から聖地巡礼に訪れる方が増えているそうです。
今回の「ぎふアニメフェア」では、この聖地巡礼をより一層楽しめる情報をGETできるまたとない機会です^^

 例えば、会場には3作品に登場した地域の風景などのカットと現地で実際に撮影した写真を並べたパネル展がご覧いただけます。アニメと実際の写真をゆっくり見比べて、効率良く巡礼する準備をしましょう!

 他にも、「ルドルフとイッパイアッテナ」の原作者・斉藤洋氏によるスペシャルスピーチも聴くことができます。お話を聴いた後、現地に足を運べばより一層巡礼を楽しめるのではないでしょうか^^

 それぞれの市のグルメ情報や観光スポットも併せてご紹介していますので、聖地巡礼の予習にピッタリのイベントですね( *´艸`)

 さらに!!
ご来場のお客様先着100名様に、3作品に関連するオリジナルグッズをプレゼント!

ファンにはたまらない特典付きイベントです^^
【関連リンク:→ 今、岐阜はアニメが熱い~「ぎふアニメフェア」を開催!(岐阜県公式ホームページ)】

岐阜アニメフェア
▲画像をクリックすると「ぎふアニメフェア」のパンフレット
(PDF版)をご覧いただけます (岐阜県公式ホームページ)

 

 現在、岐阜県内のスキー場は、先週末からの積雪でスキー・スノーボードが楽しめる最高のシーズンだそうです。

 また、白川郷も岐阜県が有する世界遺産です。
雪の降るこの季節、温かい明かりに浮かび上がる合掌造りの集落や雪化粧した白川郷の景色を見てみたいものです…

 私は夏の岐阜県にしか行ったことがありませんが、飛騨高山の山道で見た天に刺さるようにまっすぐ伸びた杉の木や、タイムスリップしたような街並み、そこでいただいた飛騨牛のすき焼き…
「君の名は。」を見た時もふっとその時の景色や思い出が蘇りました^^

 私が旅行した際の、真夏の白川郷のお写真を載せますね。笑

真夏の白川郷

真夏の白川郷

 岐阜県の自然の豊かさがこの写真からも伝わると思います!

 皆さんもアニメをきっかけに、現実の世界を飛び回ってみてはいかがでしょうか。
ぜひ、お友達を誘って岐阜県へ^^

 

 最後はまた、爽やかに締めていただきましょう!!

A・RINGポーズ

 A・RINGポーズ ありがとうございました!

 


【→ 関連サイト】岐阜県公式ホームページ 「ぎふアニメフェア」 映画「君の名は。」公式サイト
         映画「ルドルフとイッパイアッテナ」公式サイト 映画「聲の形」公式サイト
         白川郷(白川村役場公式サイト) 高山市公式観光サイト


▲このページのTOPへ


 


しおり
しおり
2017年、おみくじは「吉」でした…良き方へ転ぶか、悪しき方へ転ぶか分かりませんが、人生何事も挑戦と経験ということで楽しんでいきたいと思います^^
白川郷への旅行の際は、台風直撃だったのですがブログに載せた写真を撮る束の間、晴れ間が覗きました。そんな奇跡を今年も信じていきたいです。



▲このページのTOPへ