「A・RING(エー・リング)」は、2016年4月、朝日新聞東京本社に誕生した読者との双方向交流スペース。
文房具などのオリジナル記念品や人気の催事チケットを扱うショップコーナー、かつての貴重な取材資料を展示するお宝コーナー、天井からロールスクリーンが下りてくる取材・撮影コーナーなどがあります。

これまでの更新情報はこちら

 

A・RINGのお客様(2017年2月7日)

春のいばらき観光キャラバン隊のみなさま


 2月9日は首都圏でも広範囲で降雪となりましたが、茨城県水戸市では12センチ積もったそうです。
「梅の名所・偕楽園では三分咲きの梅がうっすらと雪化粧した」と10日の朝日新聞朝刊(茨城版)に写真つきで掲載されていました。 立春を過ぎて間もなく春かと思っていたら、季節が逆に戻ったような寒さですね。

 春の訪れを待ちわびる今日この頃ですが、今回のお客様はその茨城県から春の観光をPRに来られました!

いばらき夢ガイドの柴田奈緒さん(左)と2017水戸の梅大使の山本薫子さん(右)

 「いばらき夢ガイド」の柴田奈緒さん(左)と「2017水戸の梅大使」の山本薫子さん(右)です。

 水戸市の偕楽園など県内各地で開かれる「梅まつり」や「ひなまつり」のイベント情報をたくさん教えてくれました。


(1)【第121回 水戸の梅まつり】

水戸の梅まつり ポスター

 水戸藩を象徴する偕楽園と弘道館で行われる「水戸の梅まつり」は2月18日(土)から3月31日(金)まで実施されます。100品種 3,000本の梅が咲き誇る様子は圧巻です。

 見頃は3月上旬ですが、早咲き・中咲き・遅咲きの梅があるので、期間中はいつでも梅を楽しめるそうです。期間中は山本さんをはじめ、水戸の梅大使がお客様をお待ちしています。
週末は、なんと梅大使10人全員がお迎え するみたいですよ!

 偕楽園ではほかに黄門様や観光ボランティアの歴史アドバイザーもいますので探してみてくださいね。
期間中は全国梅酒まつり(3/3~5)水戸納豆早食い世界大会(3/18)などのイベントも行われますので、スケジュールを調べて出かけてみたいですね。

 


(2)【第44回 筑波山梅まつり】

筑波山梅まつり ポスター

 

 日本百名山の一つでもある筑波山。その筑波山中腹(標高約250m)に30品種 1,000本の梅林があります。その梅林で行われる「筑波山梅まつり」は 2月25日(土)から3月20日(月・祝)まで開催。
「展望あずまや」からは、眼下に梅林全体が見渡せるほか、山麓の田園風景やつくば学園都市の街並み、天気が良い日は富士山も見られるそうです。関東の富士見百景にも選ばれた壮観な早春の眺めを楽しんでみたいですね。【→参考リンク:つくば市ホームページ 筑波山梅林(筑波山梅林・展望あずまや・梅祭り)

 


(3)【真壁のひなまつり】

真壁のひなまつり ポスター

 

 桜川市の「真壁のひなまつり」は3月3日(金)まで開催中。
「寒い中、真壁に来てくれた人をもてなそう」という一言から真壁のひなまつりは始まったそうです。優しい想いが伝わるほっこりしたひな祭りですね。【→ 参考リンク:桜川市ホームページ

 


(4)【かさまの陶雛 桃宴】

真壁のひなまつり ポスター

 

 笠間市の「かさまの陶雛 桃宴」は3月5日(日)まで開催中。
笠間市は焼き物で有名ですが、笠間焼ならではの陶人形、昔ながらのひな人形、ひな祭りならではの特別な食事が楽しめます。陶雛人形制作ワークショップでは、笠間焼のおひなさまを自分で作ることもできるんですよ!【→ 参考リンク:笠間市ホームページ


 

 以上、春のいばらきイベント情報をお伝えしました。どのイベントもとても興味深いですね。

 最後におふたりからのメッセージです。


 「水戸の梅まつりは子どもからご年配の方までいろんな世代の方が楽しめます。
  家族みんなで来てください」(水戸の梅大使・山本さん)


 「春の茨城県はひな祭りなど華やかなイベントが開催されますので、ぜひ遊びに来てください」
 (いばらき夢ガイド・柴田さん)


 そして、観光大使おふたりとスタッフ全員で、恒例のA・RINGポーズをしていただきました!

A・RINGポーズ

 春のいばらき観光キャラバン隊のみなさま、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしています!


【→ 関連サイト】
 水戸市 ホームページ 一般社団法人 水戸観光協会 偕楽園 水戸の梅まつり 全国梅酒まつり
 水戸納豆早食い世界大会 つくば市 ホームページ 桜川市ホームページ 笠間市ホームページ


[2017年2月10日付「朝日新聞」朝刊 24面 (東京地方版)に関連記事を掲載]

▲このページのTOPへ


 


ナガシマ
ナガシマ
今回の取材で一番興味を惹かれたのは梅酒まつりでした(笑)。偕楽園隣の常磐神社で3/3~5に開催される梅酒まつりには、日本全国の梅酒150種が集結するそうです。150種の飲み比べなんて信じられません!



▲このページのTOPへ