「A・RING(エー・リング)」は、2016年4月、朝日新聞東京本社に誕生した読者との双方向交流スペース。
文房具などのオリジナル記念品や人気の催事チケットを扱うショップコーナー、かつての貴重な取材資料を展示するお宝コーナー、天井からロールスクリーンが下りてくる取材・撮影コーナーなどがあります。

これまでの更新情報はこちら

 

A・RINGのお客様(2017年3月1日)

2016年度「ロマン長崎」永奥里奈さん


 みなさま、こんにちは。

 気が付けば三月。「一月往ぬる、二月逃げる、三月は去る」とはよく言ったもので、年が明けてからはアッと言う間ですね。

 東京ではまだ風が冷たい日もありますが、南の方はもうすっかり暖かいのでしょうか。
今回は、長崎のPRのため、「日本橋長崎館のみなさま」と2016年度「ロマン長崎」の永奥里奈さんがお越しくださいました。

日本橋長崎館のみなさまと2016年度「ロマン長崎」永奥里奈さん

 昨年3月7日にオープンした長崎のアンテナショップ、日本橋長崎館の1周年を記念して、「日本橋長崎館 1周年記念フェスティバル」が行われました(イベントは3月10日で終了)。日替わりでイベントが展開され、来場者プレゼントや限定商品、特価商品も盛りだくさん!
3月1日、2日には、永奥さんが来場者先着プレゼントを配布したそうですが、1時間ほどで配り終えてしまう大盛況ぶりでした。

 今回のイベントで、永奥さんの一押しは、「マグロの解体ショー」!
オープン記念日の3月7日にはマグロの解体ショーを行い、来場者のみなさまにふるまったそうです。長崎県は養殖マグロの生産量が、なんと日本一!当日は50Kg級のマグロを解体したそうですよ。
【→ 参考リンク:「日本橋 長崎館」

 


 旅行スポットとして、また、修学旅行先としても人気の高い長崎。その魅力についてもお聞きしました。

 先ほどお伝えした「長崎県は、養殖マグロの生産量が日本一である」という事実を知らない方は、意外と多いのではないでしょうか。長崎は、養殖マグロの生産量は日本一、魚獲量は北海道に次いで二位、魚種は日本一という、とにかく魚に恵まれた地域です。今の季節だと平目や伊勢海老がおいしいそうですよ。海に囲まれているため、年間を通じ季節を問わず、おいしい魚が食べられるのだとか。

 さらに、長崎は季節ごとのイベントもとっても多い街。365日、いつ訪れても楽しめる場所なんですよ!

 永奥さんのオススメスポットは、「鍋冠山公園からの夜景」だそうです。写真を拝見しましたが、稲佐山より少し低めの鍋冠山公園ならではの、ずっと果てまで続くような奥行きのある夜景がとても素敵です。高いところから見る景色とは少し違うようです。
【→ 参考リンク:「鍋冠山公園 眺めを楽しむ公園」(長崎市ホームページ)】

 また、長崎は、すり鉢状の地形が生み出す立体的で俯瞰的な夜景の美しさが高い評価を受け、香港・モナコと共に「世界新三大夜景」都市に認定されました。世界でたった3都市しか選ばれない三大夜景に日本の長崎が含まれているなんて、本当に素晴らしいですよね。日本に生まれたからには、一度は行ってみたいものです。【→ 参考リンク:「長崎 夜景」(長崎市公式観光サイト 「あっ!とながさき」)】

 


 さて、日本橋長崎館には観光案内コーナーがあり、現地を知り尽くした「旅の案内人」と呼ばれるスタッフが長崎の魅力を紹介してくれます。ガイドブックには載っていないような穴場情報もゲットできるかもしれません。

 たとえば、情緒あふれる風景が広がる長崎では、映画の撮影が行われることも多く、映画の舞台を巡るツアーなどが開催されることもあるそうです。長崎への旅行を考えている方は、ぜひ観光案内コーナーにもお立ち寄りください。

 永奥さんに長崎館のオススメ商品を伺ったところ、「ふかふかの生地に、甘辛く煮たとろとろの角煮を挟んだ長崎名物、『岩﨑本舗の角煮まんじゅう』」とのことでした。

岩﨑本舗の角煮まんじゅう

 私も長崎を訪れる際には必ず食べますが、口の中でほろほろと崩れていく角煮と、生地のふわふわとした食感の相性が絶妙で、いくつでも食べられますよ。

 3月に入りぽかぽかした日も多くなりました。
みなさま、ぜひ、お散歩がてら日本橋を訪れてみてはいかがでしょうか!


日本橋長崎館へのアクセス

日本橋長崎館
【住  所】東京都中央区日本橋2-1-3
      アーバンネット日本橋二丁目ビル1階
【電話番号】(ショップ):03-6262-5352
      (観光案内):03-3241-1777
【アクセス】
 ★東京メトロ・都営浅草線「日本橋」駅B7出口より徒歩1分
 ★JR「東京」駅八重洲北口より徒歩5分
 ★東京メトロ「三越前」駅B5 出口より徒歩3分



 最後はお決まりのA・RINGポーズでパシャリ!

A・RINGポーズ

 日本橋長崎館のみなさまと「ロマン長崎」永奥里奈さん、ありがとうございました!

 


【→ 関連サイト】 「長崎市ホームページ」 「日本橋 長崎館」
         「長崎 夜景」(長崎市公式観光サイト 「あっ!とながさき」)】


[2017年3月3日付「朝日新聞」朝刊 28面 (東京地方版)に関連記事を掲載]

▲このページのTOPへ


 


みづき
みづき
長崎は修学旅行で行ったきりですが、何を食べてもおいしかったと記憶しています。 皿うどん、伊勢海老、角煮まんじゅうに「よりより」…。東京ではなかなか見かけない「よりより」ですが長崎の中華街ではあちらこちらで売っていたような。あの少し油気のあるガリガリした食感が懐かしいです。



▲このページのTOPへ