「A・RING(エー・リング)」は、2016年4月、朝日新聞東京本社に誕生した読者との双方向交流スペース。
文房具などのオリジナル記念品や人気の催事チケットを扱うショップコーナー、かつての貴重な取材資料を展示するお宝コーナー、天井からロールスクリーンが下りてくる取材・撮影コーナーなどがあります。

これまでの更新情報はこちら

 

A・RINGのお客様(2017年6月30日)

「水戸黄門まつり」PRキャラバン隊のみなさま


 みなさんは、水戸黄門と聞いて何を連想しますか?
私は子どもの頃によく見たテレビ時代劇を思い出しますが、今の若い人は「助さん」、「格さん」、「うっかり八兵衛」なんて知っているのでしょうか。
【→参考リンク: 月曜ゴールデン特別企画 水戸黄門スペシャル(TBSテレビ)

 今日は、その「水戸黄門」の名を冠したおまつりのPRで、水戸市から総勢6名のお客さまにお越しいただきました。まずは、「水戸の梅大使」 小倉愛里さんです。

着物姿が似合っています!
着物姿が似合っています!

 

 続いて、法被を着た「水戸観光コンベンション協会」のスタッフにも加わっていただきました!

法被を着た水戸観光コンベンション協会のスタッフにも加わっていただきました!

 

 「水戸黄門まつり」は今年で57回目 を数えます。例年、8月第1週の金・土・日に行われ(今年は8月4日~6日開催)、昨年は3日間で延べ93万人が訪れたそうです。市民にとっては一年を通して最大のイベントだそうです。どうしてこんなにも人が集まるのでしょうか。

 まつりの見どころについて聞きました。


★ 花火大会 (8月4日)★

 初日の花火大会(19:30~20:30)は、偕楽園近くの千波湖で行います。約4,500発の花火が湖面を彩ります。幅300メートルのワイドなスターマイン(速射連発花火)や、音楽に合わせて打ち上げられるミュージックスターマインなど迫力ある花火が楽しめます。また、湖面に映る逆さ花火や涼しげな青色も特徴です。なお、荒天の場合は11日に延期されます。


★ 水戸黄門パレード (8月5日) ★

 駅周辺のメインストリートを歩行者天国にして行われます。毎年、芸能人がゲスト出演し、 今年は沢村一樹さんと長谷川里桃(りも)さんが参加 します。もちろん、黄門様、助さん、格さんも登場。さらに 小倉さんをはじめ総勢10名の梅大使も全員参加 するそうです。これはにぎやかなパレードですね!


★ 市民カーニバル in MITO (8月5日) ★

 学校や企業など市民 47団体 (3,300名) が参加するカーニバルは、団体ごとに踊りを選んでパフォーマンスを競い合います。


★ 水戸山車巡行 (8月5日、6日) ★

 合わせて13台の山車が巡行します。途中で繰り広げられる太鼓合戦が見ものです。


 そのほかにも、5日、6日には市内各所でお神輿、タウン・フェスティバルなどさまざまな催しが行われます。たくさんの人が集まるわけです!


【→ 詳しくはこちら水戸黄門まつり(一般社団法人 水戸観光コンベンション協会)


 

 それでは、最後に全員そろって恒例のA・RINGポーズをお願いします!

恒例のA・RINGポーズ

 「水戸黄門まつり」PRキャラバン隊のみなさま、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしています。


【関連リンク】水戸黄門まつり(一般社団法人 水戸観光コンベンション協会) 水戸市ホームページ


[2017年7月7日付「朝日新聞」朝刊 20面 (東京地方版)に関連記事を掲載]

▲このページのTOPへ


 


ナガシマ
ナガシマ
「水戸黄門まつり」は、黄門様一色に染まったイベントなのかと思っていたら全然違っていました。「水戸の梅まつり」もよかったですが(今年の3月に行ってきました!)、市民参加でにぎわうお祭りも見てみたいですね。
【→参考リンク 「水戸の梅まつり」(一般社団法人 水戸観光コンベンション協会) 



▲このページのTOPへ