「A・RING(エー・リング)」は、2016年4月、朝日新聞東京本社に誕生した読者との双方向交流スペース。
文房具などのオリジナル記念品や人気の催事チケットを扱うショップコーナー、かつての貴重な取材資料を展示するお宝コーナー、天井からロールスクリーンが下りてくる取材・撮影コーナーなどがあります。

これまでの更新情報はこちら

 

A・RINGのお客様(2017年7月25日)

さぬき讃フルーツPRキャラバン隊のみなさま


 いよいよ夏休みが始まり、暑い日が続いています。みなさんは夏バテ防止対策に何かやっていますか?

 今回のA・RINGのお客様は、夏バテ防止に効果のあるとびきりおいしい果物をPRするためにお越しいただいた「さぬき讃フルーツPRキャラバン隊」のみなさまです。

 最初に「さぬき讃フルーツ大使」の城あすかさん をご紹介します!
 うどんで有名な香川県は、糖度など一定基準を満たした極上のフルーツを「さぬき讃フルーツ」として認定 しています。城さんはその「さぬき讃フルーツ」の宣伝大使として今年6月に就任しました。

「さぬき讃フルーツ大使」の城あすかさん

 

 続いて、香川県農政水産部の大川俊彦さん(=下の写真左)と 香川県東京事務所の大山佳伸さん(=下の写真右)。

3人がこの時期、特におすすめするのは「シャインマスカット」。

 

 3人がこの時期、特におすすめするのは「シャインマスカット」。「ひと粒が500円玉ぐらいの大きさで、甘くて酸味が少ないのが特徴です。水分やビタミンも補給でき、夏バテ防止に効果があります。冷凍庫で冷やしてシャーベットにして食べるのも好きです」(城さん)

 このシャインマスカットは種がなく、皮ごと食べられます。長時間冷やすとマスカットの香りが落ちてしまうので、食べる1時間前に冷蔵庫で冷やすのがおいしく食べるコツだそうです。

どれもみずみずしくておいしそう。手前から小原紅早生(おばらべにわせ)、モモ、シャインマスカット。いずれも「さぬき讃フルーツ」です
どれもみずみずしくておいしそう。
手前から小原紅早生(おばらべにわせ)、モモ、シャインマスカット。
いずれも「さぬき讃フルーツ」です。

 

 「さぬき讃フルーツ」は、シャインマスカットのほかにも小原紅早生(ミカン)や、さぬきひめ(イチゴ)、さぬきキウイっこ(キウイ)など、7品目12種類が認定 されています。香川県はうどんだけでなく、甘くてジューシーな果物もたくさん生産していたのですね!

 今年は天候に恵まれたおかげで、シャインマスカットは香りがよく甘く育ったそうです。これはもう食べないわけにはいきませんね。太陽の恵みを受けた「あっと!驚く美味しさ」の「さぬき讃フルーツ」をたくさん食べて夏を乗り切りましょう!

 それでは、最後に恒例のA・RINGポーズをお願いします。

A・RINGポーズ

 「さぬき讃フルーツPRキャラバン隊」のみなさま、本日はありがとうございました。
またのお越しをお待ちしています。

 


【関連リンク】さぬき讃フルーツ 香川県庁公式ホームページ


[2017年8月3日付「朝日新聞」朝刊 20面 (東京地方版)に関連記事を掲載]

 


ナガシマ
ナガシマ
 「シャインマスカット」は貯蔵性が高いことも特長です。紙で包みポリ袋に入れて冷蔵庫に入れておくと風味が長持ちするそうです。ぜひお試しください!



▲このページのTOPへ