「A・RING(エー・リング)」は、2016年4月、朝日新聞東京本社に誕生した読者との双方向交流スペース。
文房具などのオリジナル記念品や人気の催事チケットを扱うショップコーナー、かつての貴重な取材資料を展示するお宝コーナー、天井からロールスクリーンが下りてくる取材・撮影コーナーなどがあります。

これまでの更新情報はこちら

 

A・RINGのお客様(2017年10月5日)

「徳川家康と服部半蔵忍者隊」のみなさま


 「徳川家康と服部半蔵忍者隊」のみなさまが、愛知より再びA・RINGに推参しました!
 【→ 前回の来訪記事「服部半蔵忍者隊のみなさま」(2017年2月20日)
 今回は、家康公も凜々しい甲冑姿で登場です。

 いきなりですが、決めのA・RINGポーズをしていただきましょう。

手前左が軽業の凛、真ん中が服部半蔵、右が陽気者の三平、奥が徳川家康公
手前左が軽業の凛、真ん中が服部半蔵、
右が陽気者の三平、奥が徳川家康公

 

 忍び装束でA・RINGポーズを決めると、本当に格好いいですね。
前回来ていただいた時の装束もよかったですが、こちらの方がより忍者らしくて素敵です。眼光鋭く動きも俊敏そうなので、「何かやってください」とお願いしたら快く演武を披露してくれることになりました。 A・RINGの中は狭いので外のコンコースに出て、いざお披露目です!

 

軽業の凛の華麗な側宙(上)と服部半蔵の回し蹴り(下)に思わず歓声! 軽業の凛の華麗な側宙

服部半蔵の回し蹴り

 

 陽気者の三平も軽々とバク転を披露してくれましたが、みなさん本当に身軽でした。忍者だから当然といえば当然ですが、日頃の鍛錬のたまものですね。ところで今回の訪問は演武の披露だけが目的ではありません。実は、11月12日(日)に名古屋市緑区の大高緑地・若草山で開催される武将観光イベント「サムライニンジャフェスティバル2017」のPRにお越し下さったのです。

「サムライ ニンジャ フェスティバル 2017」 ちらし
▲ クリックで拡大

 

「サムライ ニンジャ フェスティバル 2017」 ちらし
▲ クリックで拡大

 

 桶狭間の合戦地からもほど近い若草山でのイベントは、チャンバラや手裏剣、吹き矢など体験コーナーが充実。忍者衣装の試着もできます。また、火縄銃や鷹狩りの実演をはじめ、全国から武将隊や忍者隊が集まりパフォーマンスを披露します。名古屋めしや物産販売ブースも多数出展しますので、これは一大イベントになりそうですね。


イベントPRの後は、記念撮影タイム。忍びのポーズが決まっています
イベントPRの後は、記念撮影タイム。
忍びのポーズが決まっています!


 なお、「徳川家康と服部半蔵忍者隊」は、普段は名古屋城を中心に活動し、平日はおもてなし、土日は忍者ショーを行っているそうです。中部国際空港でのイベントにも参加するなど、あちこちで引っ張りだこの活躍ですね。

 中部国際空港では「NINJA空港プロジェクト」が進められていると聞いて驚きました。戦国時代が好きな私にとって、忍者や戦国武将で観光PRを推進する愛知県の動きから目が離せなくなってきました。

 「徳川家康と服部半蔵忍者隊」のみなさま、本日はありがとうございました。
またのお越しをお待ちしています。


【関連リンク】徳川家康と服部半蔵忍者隊 サムライ・ニンジャフェスティバル 2017


 


ナガシマ
ナガシマ
 あんかけスパや台湾ラーメンも「名古屋めし」だったとは知りませんでした。名古屋へ行って、「忍者」に会って「名古屋めし」を食べる旅も面白そうですね。



▲このページのTOPへ