朝日新聞社 見学ブログ朝日新聞社 見学ブログ
朝日新聞東京本社 見学ご案内係がつづるブログ

『閲覧コーナー』(2016年1月をもって、営業を終了しました)

 皆さん、こんにちは!

 日に日に秋も深まり、いよいよ朝晩の寒さが身にしみるようになってきました。

 さて、本日はいつもとは少し違ったテーマになりますが、是非皆さんにご紹介したい場所があります。

 それは…『閲覧コーナー』です!

 実は、見学で皆さんにお集まり頂いている東京本社本館2階の読者ホールのすぐ右隣りにあるんです。

写真
閲覧コーナー入口

 こちらでは、朝日新聞の朝・夕刊、過去の縮刷版、また朝日学生新聞社発行の朝日小学生新聞や、朝日新聞出版発行の雑誌などを、ご自由にご覧頂けます!

写真
閲覧コーナー内
ずらっと並んでいるのは過去の縮刷版です

 新聞紙面は、東京本社発行のもののみとなりますが、過去3カ月分を取り置いています。

 また、縮刷版は1945年以降のものが全て揃っています。

写真
縮刷版(1945年以降~)
背表紙から歴史が伝わってきます

写真
戦時中の1945年1月1日付朝刊一面

 実は、入社した際、私は縮刷版を見る事が自分の中でブームになりました。

 主に、自分の生まれた日や、家族・友達の誕生日の紙面を探していたのですが、その時世の中では何が起こっていたのか、新聞を見ると本当に良くわかります。

 そんな中驚いたのは、一面が全部広告だった時代があったという事です。
普段見学の中で子供たちに、新聞社が一番お伝えしたい記事は一面に載っていて…という説明をしているのですが、まさか!と、発見した時にはかなり衝撃的だったのを覚えています。

 また、最近、お誕生日の新聞をプレゼントするのが流行っていると耳にした事がありますが、自分の生まれた日の新聞を見ると本当に感慨深いものがあります。
特に御年輩の方などにはとても喜ばれると思います。

 さらに、夏休みの期間などには親子の方もよく閲覧コーナーにいらっしゃって、自由研究に新聞を活用して頂いているようです。

 見学ツアーにご参加頂いた際、また、朝日新聞東京本社にお越し頂きましたら、是非『閲覧コーナー』にもお立ち寄り下さい!お待ちしております!!

 【朝日新聞 東京本社 本館2階 閲覧コーナー】(営業時間 平日 10:00~17:30)


えりな えりな
趣味は、旅行、音楽、映画鑑賞、スポーツ観戦など・・・たくさんあります。最近のマイブームはカラオケで熱唱すること(笑)オススメ記事は「声」です。


東京本社見学のご案内

東京本社写真

 世界中のニュースが集まる新聞社の心臓部、報道・編成局。超高速の輪転機がフル回転する印刷工場。実際に朝日新聞東京本社に入って新聞づくりの現場を間近にご覧いただくミニツアーです。係員がわかりやすくご案内します。小学校4年生以上、2名以上から参加できます。必ず事前の予約が必要です。【→東京本社の見学コースについて】


【→朝日新聞本社・印刷工場の見学について】


朝日新聞デジタル



→ブログトップへ

記事一覧

2017年