朝日新聞社 見学ブログ朝日新聞社 見学ブログ
朝日新聞東京本社 見学ご案内係がつづるブログ

アシとサクラの違いわかりますか?

 はじめまして。

 今年の2月に入社致しました「リサ」です。
 まだまだ勉強中の身ですが、よろしくお願い致します。

 前職で新聞社などの媒体訪問をしたり、人前でお話をする仕事をしていたので、「新聞作りの現場を見て回れる見学ツアーの案内はなかなか出来るものではないし、面白そう。自分もやってみたいな」と思い、入社しました。

 恥ずかしながら、入社前に新聞で毎朝欠かさずチェックしていたのは、テレビ番組のページぐらいでした。
 ところが、記者がどんな思いで記事を書いているのか、印刷工場の方たちのご苦労など、見学係の仕事を通して初めて、いろいろな人たちの思いが新聞に詰まっていることがわかり、私にとって新聞は、ただテレビ番組をチェックするものではなくなりました。

 今は新聞に書いてある情報が生活に、社会に、どれだけ大切なものかを伝えられるよう心がけてご案内につとめています。

 それにしても入社してから日々新しい発見があり、勉強の毎日です。
 先輩方も触れていますが、本当に本当に新聞は奥が深い!!!

 また、新聞自体の奥深さは、さることながら、新聞を産み出す「新聞社」にもとても興味をひかれています。
 3月の事ですが、ドイツのメルケル首相が来社され、記念講演を行いました。
 「伝えたいメッセージ」を日本で、しかも朝日新聞社から発信するということに感激と、一国の首相が会社に来るなんて凄い!! と、ただ、ただ率直に驚きました。  そのときの様子は今も読者ホールでパネル展示しています。

読者ホール内のパネル写真

 

 ここで、私も入社してから知った「朝日新聞豆知識」をご紹介しましょう!

 朝日新聞の題字バックの地紋が東西の本社で異なる事はご存じでしたでしょうか?

 東京 → サクラ
 大阪・西部・名古屋 → アシ
 です。

朝日新聞社 題字ロゴ
【写真:左】東京本社の題字
【写真:右】大阪、西部、名古屋本社の題字

 先日、先輩が広島で手に入れてきた朝刊を見せてもらったら、発行は大阪本社からになっていました。

 ということは、題字バックは・・・アシですね!!!!!

 アシの由来は、創刊号に載せたあいさつの書き出しにある「難波津によしとあしをかき分けて、世の人心に映して見る水の鑑」という言葉からとったと言われています。朝日新聞は1879(明治12)年1月25日に大阪で創刊されました。

 旅行や出張などの出先で、朝日新聞を手に取って題字バックの地紋をチェックしてみるのも面白いかもしれません!!

 サクラにもエピソードがありますが、気になった方は、東京本社の見学にお越しいただいた際に見学係にお尋ね下さいね★

 見学係一同、皆さまにお会いできる日を楽しみにしています!!!

 


詩織 リサ
幼少の頃からジャズダンスやバトン、チアリーディングなどを習い、卒業後、ダンスを仕事として活動していた時期もありました。趣味は、スポーツ観戦と温泉、食べること。ラーメンと餃子、シュウマイ、焼肉が大好きです。ドラえもんの映画はいつ見ても泣けます。


東京本社見学のご案内

東京本社写真

 世界中のニュースが集まる新聞社の心臓部、報道・編成局。超高速の輪転機がフル回転する印刷工場。実際に朝日新聞東京本社に入って新聞づくりの現場を間近にご覧いただくミニツアーです。係員がわかりやすくご案内します。小学校4年生以上、2名以上から参加できます。必ず事前の予約が必要です。【→東京本社の見学コースについて】


【→朝日新聞本社・印刷工場の見学について】


朝日新聞デジタル



→ブログトップへ

記事一覧

2017年