朝日新聞社 見学ブログ朝日新聞社 見学ブログ
朝日新聞東京本社 見学ご案内係がつづるブログ

見どころいっぱい! 関西見学ツアー

 こんにちは!
 見学係のゆっこです。
 本日は、先日行って参りました、大阪本社・大阪工場・京都工場見学研修について、ご報告させて頂きたいと思います。


 まず、大阪本社からご案内致します。

大阪本社

 エレベーターで12階まで上がり、読者ホールへと向かいます。
 大阪本社の見学ツアーは、ここから始まります。

 ホール付近には、実物の活字ケースや巻き取り紙などが展示されており、昔と今の印刷の仕組みが学べるようになっていました。

実物の活字ケースや巻き取り紙などを展示

 そして、実際の見学では、大組(おおぐみ)といって、記念号外を作っているところを間近で見ることが出来ました。
 最後にここで作った記念日新聞をお土産でもらうことが出来ます。

 他にも、編集局内には、様々な号外が展示してあったりと、とても興味深かったです。


 続いて、大阪工場について、ご案内致します。
 こちらでは、輪転機との距離がとても近く、印刷されたばかりの新聞が、頭上擦れ擦れを通って行きます。
 希望者には、印刷されたばかりの夕刊をお配りしていますので、手を挙げてみると良いかもしれません。
 そしてなんといっても、こちらの工場の見ものは、トリコロールカラーの立体紙庫です。
 TOPPANのロゴマークの「青」、朝「日」新聞の赤、2013年に新しく出来た工場の白の三色をシンボルカラーに配色されたものになります。

 また、こちらは給紙部も見学できます。
 直径約1メートル、幅約1.6メートルもある、巨大な巻取り紙をAGVと呼ばれる、自動搬送装置に乗せて、輪転機の給紙部にまで巻取り紙を取り付けに行きます。
 こちらでは、AGVに巻取り紙を乗せる時の作業をご覧になることができます。
 AGVはとても大きな機械で、1トン以上ある巻取り紙を軽々と運ぶことが出来るんですね。

AGV

 ちなみに、

重さを量っているんです!

 これ、何をしているところかというと、新聞を上に乗せて、重さを量っているんです!
 うっかり上を歩いたりしないように注意ですね。


 最後は、京都工場です。
 こちらでは、ガイドが実際のオフセット印刷を実験します。
 インクを十分に刷版に塗った後、水を吹きかけてゴムローラーに転写すると印刷が出来上がるんですね!

実際のオフセット印刷を実験

 とても興味深い実験でした♪


 以上、関西の見学ツアーは、東京本社に負けず、様々な工夫が盛りだくさんのツアーでした。
 今回の見学ツアーで学んだところを活かして、よりお客様に満足して頂ける見学ツアーを提供できるよう精進して参ります。

 なお、関西地区では、この他にも阪神工場、堺工場で見学ツアーを実施しています。
 皆さんも、関西に行かれた際には、ぜひ本社・工場見学にお立ち寄りください♪
 【→ 大阪本社 見学ツアー】 【→ 大阪工場 見学ツアー】 【→ 京都工場 見学ツアー】
 【→ 阪神工場 見学ツアー】 【→ 堺工場 見学ツアー】

 合わせて、東京本社の見学も随時、ご予約お待ちしております!  【→ 東京本社 見学ツアー】

 


ゆっこ ゆっこ
趣味は映画・音楽鑑賞。実家の猫とのんびりすることが好きです。
体を動かすことも好きで、たまにジョギングなどもしています。



東京本社見学のご案内

東京本社写真

 世界中のニュースが集まる新聞社の心臓部、報道・編成局。超高速の輪転機がフル回転する印刷工場。実際に朝日新聞東京本社に入って新聞づくりの現場を間近にご覧いただくミニツアーです。係員がわかりやすくご案内します。小学校4年生以上、2名以上から参加できます。必ず事前の予約が必要です。【→東京本社の見学コースについて】


【→朝日新聞本社・印刷工場の見学について】


朝日新聞デジタル



→ブログトップへ

記事一覧

2017年