朝日新聞社 見学ブログ朝日新聞社 見学ブログ
朝日新聞東京本社 見学ご案内係がつづるブログ

最新鋭の機械がズラリ!大阪工場見学大阪工場

 はじめまして! 朝日新聞大阪工場・見学係の<のぞみ>です。

 大阪工場は大阪本社から車で15分ほど、大阪駅からも同じくらいの距離に立地しています。
 淀川がすぐ横を流れていて、毎年8月には近くで「なにわ淀川花火大会」が行われるので、間近で観覧できるんですよ♪

(写真左)大阪工場(写真右)なにわ淀川花火
(写真左)大阪工場(写真右)なにわ淀川花火


 大阪工場は2013年1月にフル操業を開始した、朝日新聞の印刷工場の中では一番新しい工場です。建設にあたっては、見学者のみなさんに新聞印刷の迫力を楽しんで頂けるよう、工夫を凝らしています。

 そんな中から、いくつか見どころを紹介させて頂きます。

立体紙庫の見学
立体紙庫の見学

 まず1つめは「立体紙庫の見学」。新聞を印刷する紙の倉庫を、ガラス越しに見ることができます。巨大なロール紙を400本も収容できるので、もちろん倉庫も巨大です!

 また、紙庫は「赤」・「白」・「青」のトリコロールで彩られているのですが、親会社である朝日新聞社と凸版印刷のシンボルカラーからとっています。工場内の設備もこのトリコロールカラーで彩られているんです。


見学デッキ
見学デッキ

 やはり一番の見どころはココ、「見学デッキ」です。巨大な輪転機が動き出すところを目の前で見ることができ、真っ白な紙があっという間に新聞に変わっていく様子は圧巻です。
 また、すぐ頭上を走る新聞キャリアで新聞が運ばれていく様子を見たり、まだどのお宅にも配達されていない、出来立ての新聞を取り出して手に取って見ることもできます。


大きなロール紙を運ぶための「AGV」ロボット
大きなロール紙を運ぶための「AGV」ロボット

 また、1Fでは大きなロール紙を運ぶための「AGV」と呼ばれるロボットを、見学に来られた方にボタンを押して呼び出してもらい、目の前でロール紙を持ち上げ、運ぶデモンストレーションを見ることができます。特に小学生のみなさんには人気のスポットです。


工場内の風景
工場内の風景

 工場内の見学では、目の前で動く輪転機や梱包・発送の様子を見ることができます。輪転機が実際に、高速で新聞を印刷している迫力や、音、インキのにおいもリアルな見学の楽しみの一つです。

 また、梱包された新聞を運ぶ「リニソート」にもちょっとした仕掛けが…。
「ドラえもん」と「ドラミちゃん」が見学者のみなさんをお出迎えしてくれています。

 大阪工場は新聞印刷~発送の工程をリアルタイムでじっくり見学できるのが特長です。
見学スタッフ一同、心よりお待ちしておりますので、是非お越しください。

【→ 大阪工場 見学のお申込みはコチラ】


 


のぞみ <のぞみ>
大阪工場で見学案内+新聞工作を担当しています。実は新聞を読むときは先に広告面をチェックし、いつも、「次は何を作ろうかなぁ…♪」と考えています♡
「料理メモ」を毎日のおかず作りの参考にしています。


東京本社見学のご案内

東京本社写真

 世界中のニュースが集まる新聞社の心臓部、報道・編成局。超高速の輪転機がフル回転する印刷工場。実際に朝日新聞東京本社に入って新聞づくりの現場を間近にご覧いただくミニツアーです。係員がわかりやすくご案内します。小学校4年生以上、2名以上から参加できます。必ず事前の予約が必要です。【→東京本社の見学コースについて】


【→朝日新聞本社・印刷工場の見学について】


朝日新聞デジタル



→ブログトップへ

記事一覧

2017年