朝日新聞社 見学ブログ朝日新聞社 見学ブログ
朝日新聞東京本社 見学ご案内係がつづるブログ

 取材ヘリの迫力に大興奮!航空部特別見学会東京本社

 皆さんこんにちは!!

 爽やかな秋晴れが続いたかと思えば一転曇天に早変わり・・・
女心と秋の空とはよくいったものです。季節の変わり目とはいえ、なかなか気候が安定しませんね。暖かかったり寒かったり、朝の天気予報から目が離せない毎日です。

 そんな毎日でも、連綿と続く季節のリレーに取り残されないよう、そこら中に秋の気配を探してしまいます。

 鱗雲、鰯雲、鯖雲・・・秋の築地には空にも大量の魚が現れます。

 しかし、この日は上空に一羽の大きな白い鳥が現れました。「ゆめどり」というその名にふさわしく、皆様に夢をお届けすることができたかなと思います。 一体なんのこと? と疑問に思う方もいらっしゃいますよね。

 実は10月22日(土)に朝日新聞航空部・創設90周年を記念した特別見学会が開催されました。当日は羽田からやってきた弊社のヘリコプター「ゆめどり」が築地の上空を滑空する様子を屋上ヘリポートからご覧いただきました。

ゆめどり

屋上に着陸するゆめどり
屋上に着陸するゆめどり

 朝日新聞社は、取材用ヘリコプターやジェット機を何機か保有しており、2011年東日本大震災では全機が出動、そして直近の熊本地震では東京、大阪よりヘリが取材に向かっています。また毎年の甲子園始球式のボール投下の際も活躍しています。
【→ 2016年 熊本地震(動画)】
【→ 2016年 甲子園始球式のボール投下のようす(動画)】

 さて、今回の見学会には抽選で選ばれた親子連れ約60人の方にご参加いただきました。
開催にあたり、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

 当日はあいにくの曇り空でしたが、風向きは飛行に問題なく、無事にヘリも到着。築地上空を何回か旋回し、パイロットとの無線交流が始まります。子供たちの「こんにちは、あさひゆめどり、今どこにいますか?」の問いかけに「東京タワーの近く700mの高さを飛んでいます」との返答。これには、子供たちの目がよりいきいきと輝きます。私たちスタッフも興奮気味で見守っていました。

質問する子供たち

 ヘリにはカメラマンが同乗していますので、上空から写真撮影を開始!
 皆さん最高の笑顔ですね。パイロット、カメラマンともに機体から私たちに手を振って歓迎してくれたのです。この写真はお土産の記念日新聞に使わせていただきました!

空から写真撮影

 その後ホールで弊社映像報道部の時津より空撮取材のエピソードについての講演会を行いました。

講演会

 当然ながら空撮取材の際はパイロットとの連携がものを言います。現場まで接近する際はカメラマンの胃が上がってしまうほど、機体が傾くのだそうです。現場のこぼれ話の数々に一同聞き入ってしまいました。皆様のお手元に届く新聞がこのように多くの人の力によって出来上がっていくものだと実感していただけたでしょうか。

 この日はさらに、パイロット橋本、整備士松井との交流会も開催。航空クイズもあり、正解者には豪華景品も・・・
この日は、ホール内にコックピット模型体験コーナー、そしてカメラマン取材体験コーナーも設けました!

コックピット模型体験コーナー

パイロット橋本、整備士松井との交流会

 本日は、貴重な体験ができた!
 航空部が新聞社にあるなんて!
 ヘリに乗りたい!
 などなどの感想を頂きました。またわざわざメールやお手紙での感想もいただきました。ありがとうございました。皆様の心に少しでも残るような見学会になれば私たちスタッフも非常にうれしく感じます。

 今後築地の近くにお越しの際は、空を見上げてヘリコプターを探してみてくださいね!
このような特別見学会を今後とも開催することができればと見学係も一生懸命考えております。

 皆様、こんな見学会に参加してみたい、などのリクエストがございましたらぜひ私たちにお知らせください。

 もちろん通常の見学会も予約を受け付けておりますので、気が向きましたら朝日新聞東京本社へと足をお運びください。【→見学会の予約状況はこちら(毎週木曜日更新)】

 今年も残すところ2か月と少し・・・・まさに光陰矢の如し。
これから年末に向けて駆け足で日々が過ぎていくことでしょう。悔いの無いよう、毎日を送りたいものです。


【→ 東京本社 見学ツアー:詳しくはこちら】




ちかこ

ちかこ
子供のころは、友達と遊んでいても、秋の日のつるべ落としに背中を押されるように家路を急いでおりました。
橙色の小さな花弁は郷愁をくすぐる秋の風物詩ですね。その香りと夕飯のカレーの匂いが絶妙にまじりあうと、一日の終わりがすぐそこに感じられたものです。
大人になった今でも金木犀の香りを感じると、あるはずのない門限を気にして早足になったりします。たくさんの鱗雲や空のグラデーションは何となく人を感傷的にさせますよね。

東京本社見学のご案内

東京本社写真

 世界中のニュースが集まる新聞社の心臓部、報道・編成局。超高速の輪転機がフル回転する印刷工場。実際に朝日新聞東京本社に入って新聞づくりの現場を間近にご覧いただくミニツアーです。係員がわかりやすくご案内します。小学校4年生以上、2名以上から参加できます。必ず事前の予約が必要です。【→東京本社の見学コースについて】


【→朝日新聞本社・印刷工場の見学について】


朝日新聞デジタル



→ブログトップへ

記事一覧

2017年