朝日新聞社 見学ブログ朝日新聞社 見学ブログ
朝日新聞東京本社 見学ご案内係がつづるブログ

 速報☆冬休み親子ふれあい見学会☆ 東京本社

 こんにちは。東京本社見学係のみづきです。今回は見学ブログ特別号外版です!
昨年12月24日に開催された、冬休み親子ふれあい見学会の内容をご紹介したいと思います。

 今回も沢山のご応募、誠にありがとうございました。厳正なる抽選の結果、26家族60名様にご参加いただきました。

 気になるイベントの概要は、社内・工場見学、校閲体験、模擬記者会見の3本立てです。


 社内見学では社会部・映像報道部・デジタル編集部でそれぞれの記者に仕事について話を聞いてまわっていただきました。

 中でも反応があったデジタル編集部では朝日新聞デジタルで連載中の「いきもの目線」のコーナーをPCの画面に出しながら紹介してもらいました。生き物の視点で撮った動画を360度の視点から楽しむことが出来るバーチャルリアリティー動画です。

 現在約30種類の生き物を取り上げて紹介していますが、中でもトルキスタンゴキブリの映像が画面いっぱいに広がった時は「うぇ~!」という素直な悲鳴から、「ひっ」と息をのむ声にならない悲鳴まで…。それでも2,000匹のトルキスタンゴキブリがうぞうぞとうごめくリアルな様子にみんな釘づけ。【→ 参考:朝日新聞デジタル いきもの目線(トルキスタンゴキブリ)】

 「質問タイムは後であるから、今は聞きたいことをメモしておいてね」と声をかけてまわりましたが、映像を操作する記者に「今のはなに?」「どうやって撮ったの?」と質問が止まりません。子供たちのメモは開始20分でもういっぱいです。


 続いて築地印刷工場では、普段ご案内できない工場の奥をご覧いただきました。
ヘルメットをかぶり、轟音で稼働する輪転機内の狭いスペースを一列で進んでいく姿はまるで探検家のようです。

まるで探検家のよう

 印刷の仕組みや、機械についての説明を熱心に聞きメモに取った後向かった先は輪転機の給紙部。新聞になる前の状態の紙である巻取り用紙がたくさんあるところ。

 「何か音楽が聞こえる…」と子供たちがキョロキョロ。
フロアいっぱいに鳴り響くのはADS(自動運搬装置)が鳴らす音楽。巻取り用紙は大きなトイレットペーパーのお化けのような物ですが1本で約1トンもあるので、ADSという平たい機械が運びます。1トンの荷物を乗せて人にぶつかっては大変ですから、常に音を鳴らしながら稼働しているのです。「大きな古時計」や「インディ・ジョーンズのテーマ」など様々な曲を鳴らしながら荷物を運ぶ機械の様子に「なんだか可愛い」と大人も子供も目を細めてしまいます。


 見学をなんとか終えて休憩をとった後はお待ちかねの校閲体験。
12月までは民放のテレビ局で校閲をテーマにしたドラマが放送されていたこともあり、子供も大人も「校閲ガールだ!」と盛り上がりは上々。

 朝日新聞の校閲ガール…ならぬ校閲マンから仕事に関しての説明を聞いてもらいました。
聞くうちに意外な話も飛び出し、「へぇ~」や「あはは」の声がホールに響き渡ります。

景品をかけた校閲ゲーム

 途中、景品をかけた校閲ゲームを行いました。A4用紙いっぱいの「休」の字の中からひとつだけある「体」の文字を探す、というシンプルなゲームですがこれが意外と難しい!回を重ねていくごとに文字は小さく複雑になっていき会場も大盛り上がり!大人も子供も必死に問題用紙を見つめて仲間はずれを探します。

 校閲という仕事の大変さ・大切さを学び、新聞の知らなかった一面を知ることが出来ました。

 模擬記者会見と称した質疑応答のコーナーを行うと、「今までで一番怒られたことは?」「大失敗を教えてください」「長時間労働についてどう思いますか」などなど…難しいテーマを臆することなく切り込んでいく子供たちの様子にちょっとビックリしてしまいました。

 最後に記念日新聞の見出しと感想を記入して、ドラえもんの特製スタンプを押してイベントは終了です。

 

 思ったこと・感じたことを決められた文字数で表現する難しさに、思わず眉間にしわを寄せてしまいます。

思ったこと・感じたことを決められた文字数で表現するのは難しい。

 それでも一生懸命悩んで素敵な見出し・感想を書いてくれました。

素敵な見出しと感想

 ドラえもんスタンプもかわいい!

ドラえもんスタンプもかわいい!

 クリスマスイブという特別な日に朝日新聞社にお越しくださり、みなさん本当にありがとうございました!

 通常の見学会は1日2回(平日のみ)行っていますので是非ご参加ください。
みなさまのお越しをお待ちしております。


【→ 東京本社 見学ツアー:詳しくはこちら】




みづき
2017年のお誕生日ランキングが、366位中354位でした…。


東京本社見学のご案内

東京本社写真

 世界中のニュースが集まる新聞社の心臓部、報道・編成局。超高速の輪転機がフル回転する印刷工場。実際に朝日新聞東京本社に入って新聞づくりの現場を間近にご覧いただくミニツアーです。係員がわかりやすくご案内します。小学校4年生以上、2名以上から参加できます。必ず事前の予約が必要です。【→東京本社の見学コースについて】


【→朝日新聞本社・印刷工場の見学について】


朝日新聞デジタル



→ブログトップへ

記事一覧

2017年