朝日新聞社 見学ブログ朝日新聞社 見学ブログ
朝日新聞東京本社 見学ご案内係がつづるブログ

一生懸命、日々精進致します!! 東京本社

 みなさま、はじめまして! 11月に入社した、東京本社 見学係のみさとです!

 まだまだ寒い日もありますが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?
私は寒いのが苦手ですが、雪景色を楽しみたいので週末のスキーと温泉旅行を計画しています。

 さて、みなさまもご存知の通り、先日、大相撲で稀勢の里が72代横綱へと昇進を果たしました。
19年ぶりの日本出身横綱誕生で、大変な盛り上がりですね!

 実は、我が家は家族そろっての相撲ファン。私自身は大学で相撲の浮世絵について調べていたので、学生の頃よく両国に通っていました。

 稀勢の里の大ファンの妹は、1月22日に行われた優勝パレードのために、両国国技館に開始時間の4時間前から並び、とても良い場所から稀勢の里の姿を見られたようです!

稀勢の里 優勝パレードのようす(両国国技館)

 さまざまなプレッシャーや苦悩がある中で、自分の信念を絶やさず、努力を続けた結果が晴れて実を結んだ姿に、本当に感動しました!

 私も入社して3ヶ月が経ち、少しずつ慣れてきたところですが、たくさんの知識を身につけた見学ツアーガイドになれるよう、日々努力を続け、一生懸命精進したいと思います!そして、お客様がこれまで以上に朝日新聞に興味を持ってくださるようにしていきたいです。

稀勢の里

 

 そこで先日、ガイドとしての知識を深めるために、定期的に行われる記者との勉強会に参加しました!

 今回は、昨年テレビドラマでも取り上げられ、注目されている校閲記者との勉強会です。
校閲に関しては、ドラマの影響か小学生でも知っていることが多く、見学ツアー中に、校閲用の赤や青の色鉛筆が棚の中に山のように積まれているのを見つけると、みんな大興奮!

 見学に来られたみなさんに校閲の仕事内容について聞いてみると、ほとんどの方が「誤字脱字がないかを赤鉛筆でチェックする仕事」とお答えくださいます。私もこの勉強会に参加する前は、恥ずかしながら校閲の仕事を詳しく存じ上げず、みなさんと同じ答えでした。

 しかし、勉強会に参加して仕事内容の膨大さに驚きました!
誤字脱字チェックはもちろんですが、文章の内容自体が正しいかどうかさまざまな資料を調べあげて訂正をしたり、正しい内容の場合でも表現を変えることを提案したり、文章だけでなく掲載する写真も校閲しているのです。

 校閲内容は、省庁の役職名から数学の方程式について、はたまた最近はやりのお笑い芸人まで多岐に渡ります。さらに驚いたのは、その日の記事を順番に校閲していくので、ひとつの分野を専門的に担当するのではなく、全ての分野を担当するということ。

 毎日当たり前のように読んでいる新聞の記事が私たちに届くまでには、さまざまな人々の、さまざまな地道な努力があってこそだということを改めて感じる勉強会でした。

 そんな新聞社の仕事を実際に近くで見ることができるのが、朝日新聞東京本社見学ツアーです!
みなさまのご参加を、心よりお待ちしております!


【→ 東京本社 見学ツアー:詳しくはこちら】




みさと

みさと
先日姉の結婚式があり、サプライズでアイシングクッキーのウェルカムボードをプレゼントしたら、泣いて喜んでくれてとっても嬉しかったです!アイシングクッキー作りも楽しくて、なんだかハマってしまいそうです♪

東京本社見学のご案内

東京本社写真

 世界中のニュースが集まる新聞社の心臓部、報道・編成局。超高速の輪転機がフル回転する印刷工場。実際に朝日新聞東京本社に入って新聞づくりの現場を間近にご覧いただくミニツアーです。係員がわかりやすくご案内します。小学校4年生以上、2名以上から参加できます。必ず事前の予約が必要です。【→東京本社の見学コースについて】


【→朝日新聞本社・印刷工場の見学について】


朝日新聞デジタル



→ブログトップへ

記事一覧

2017年