どくしょ応援団

本を読もう。何を読もう? 迷ったら「どくしょ応援団」へ。親子で、ひとりで、夢中になれる本との出会いがここに!

オーサー・ビジット

親子でオーサービジット

●絵本できた 杉山亮さん
 東京の三省堂書店神保町本店で開かれた「親子でオーサー・ビジット」のテーマは、本の町らしく「絵本をつくろう」。おもちゃ・児童書作家の杉山亮さんが考えた“ルール”に沿って、52人の親子が色鉛筆を手に、画用紙と向き合った。
詳細はこちら

●切り紙、力作勢ぞろい 今森光彦さん
 本の町、東京・神保町の三省堂書店神保町本店で行われた「親子でオーサー・ビジット 今森光彦さんと切り紙で遊ぼう!」。“マイ・ハサミ”を手に、約40人の親子が集まった。
詳細はこちら

●「100かいだてのいえ」 メディアアーティスト・絵本作家・岩井俊雄さん
 親子でオーサー・ビジットでは、岩井俊雄さんと一緒に「本の100かいだてのいえ」をつくった。子どもたちばかりでなく、お父さん、お母さんも大活躍!
詳細はこちら

●キャラクター作り実演 絵本作家・武田美穂さん
 子どもたちに人気の本の作者(オーサー)による「親子でオーサー・ビジット」(朝日新聞社主催)が東京・神田神保町で開かれ、27組65人が絵本作家、武田美穂さんの「授業」を楽しんだ。
詳細はこちら

●みんなで歌い大喝采 オーサー・ビジット in キッザニア 青島広志さん
 本の作者(オーサー)が各地の学校で「授業」をする「オーサー・ビジット」(朝日新聞社主催)。その特別編が6月22日、東京都内の子ども向け職業体験型テーマパーク「キッザニア東京」で開かれた。テーマは「感じよう みつけよう 音楽の楽しみ」。講師はテレビに舞台に大活躍の音楽家、青島広志さん。遠くは岩手県からも会場に詰めかけた親子101人を、拍手と笑いの渦に巻き込んだ。
詳細はこちら