どくしょ応援団

本を読もう。何を読もう? 迷ったら「どくしょ応援団」へ。親子で、ひとりで、夢中になれる本との出会いがここに!

ブックサーフィン

読書クラブ通信

◆生徒の手で図書館発展 大阪府立生野高校

森多花梨さん(前列左から2人目)。図書企画実行委員会の仲間たちと=大阪府松原市

 図書企画実行委員会は、生徒の手で図書館をよりよくしていこうとする有志の集まりです。略して「図書企」。自分たちで考えた自主的な活動が特徴です。例えば、テーマを決め、関連する本を集めた特集コーナーの設置。今は「メディア化特集」として映画などの原作本を展示しています。芸術鑑賞の時は出演者にインタビューし、図書企ニュースや学校HPで紹介。文化祭では、委員が推薦する本の紹介文を載せた小冊子を作り、配布しました。今年度は、生徒の立場から選書することにも挑戦しています。

 10年前に卒業した委員の一人がバーコードシステムを開発してからは、貸し出し・検索・統計などがパソコン処理できるようになりました。開発者の名をとって「藤原システム」と呼び、今も使っています。このように、生徒自らが図書館を発展させていく活動は、司書の西田先生や図書部の先生に見守られながら、先輩から後輩へと受け継がれています。(森多花梨、3年)