どくしょ応援団

本を読もう。何を読もう? 迷ったら「どくしょ応援団」へ。親子で、ひとりで、夢中になれる本との出会いがここに!

ブックサーフィン

読書クラブ通信

◆新着本にカード 福井・大野市立陽明中学校

図書委員長の川田暉さん(前列中央)。図書委員会の仲間たちと=福井県大野市

 私たち図書委員は、みんなが本に興味をもつように様々な取り組みを行っています。例えば、スクリーンに本の絵を映しながらあらすじを説明する「ブックトーク」や、絵本の筋をもとにクイズを出す「アニマシオン」をしたり、そこで紹介した本や新着本一つ一つに図書委員がメッセージカードを添えたりしています。このように多くの人に図書室を利用してもらえるように頑張っています。

 私たちの学校では、毎朝10分間の読書タイムを設けています。読む本は、それぞれが自分で用意したり、図書委員が毎月入れ替える学級文庫を利用したりしています。こうした活動の成果もあり、図書室への来室数や学級文庫利用者も増えてきているようです。

 たくさんの本を読むことは、心を豊かにすることだと思います。そのためにも、図書室が少しでも陽明中のみんなの役に立つよう、これからも図書委員会で図書室を盛り上げていきたいと思います。(川田暉〈ひかる〉、3年)