どくしょ応援団

本を読もう。何を読もう? 迷ったら「どくしょ応援団」へ。親子で、ひとりで、夢中になれる本との出会いがここに!

ブックサーフィン

読書クラブ通信

◆鳥取・倉吉市立久米中学校 全校で貸出2千冊

図書委員長の河野晴香さん(左端)。図書委員会の仲間たちと=鳥取県倉吉市

 私たち図書委員会は、2学期の目標として「全校で貸出冊数2千冊」を掲げました。これは生徒1人が1カ月に4〜5冊借りると達成できる目標です。ポイントラリーなどにも取り組んだ結果、みごと達成できました。

 また毎年、全校の生徒たちがそれぞれお気に入りの1冊を選び、カードや本の帯、文章などで紹介する「私の1冊」という取り組みをしています。今年はカードを作製し、学校祭で展示、同時にコンテストを行ったこともあって、展示コーナーにはたくさんの人が集まり、読書への関心が高まりました。

 さらに、NIE(教育に新聞を)の取り組みとして図書館入り口に新聞記事を掲示し、コメントを書き込めるようにしたところ、たくさんの感想や質問などが寄せられました。これからも魅力ある図書館を目指し、読書に対する興味や関心が高まるよう取り組んでいきたいと思います。(河野晴香、2年)