どくしょ応援団

本を読もう。何を読もう? 迷ったら「どくしょ応援団」へ。親子で、ひとりで、夢中になれる本との出会いがここに!

ブックサーフィン

読書クラブ通信

◆茨城・桜川市立桜川中学校 1人年間55冊達成

図書委員会代表の柏木優汰さん(後列左端)。仲間たちと=茨城県桜川市

 「みんなが足を運びたくなるような図書室にしよう〜年間読書量30冊以上達成100%(県癸院法廚鮃膰斥佞法居心地のよい図書室作りを目指して活動しています。図書委員会のメンバーは、誰よりも本をたくさん読み、蔵書については、人一倍詳しいです。

 また、茨城県教育委員会が中学生などを対象に行っている「みんなにすすめたい一冊の本推進事業」で、県教育長賞(1人年間30冊以上読む)を全校生徒が受賞できるよう、お勧め本コーナーを設置したり、新聞の切り抜きを利用した図書紹介を行ったりしています。その成果あって桜川中学校では、今年度1人当たり平均55冊を超えました。

 本校では、少しでも時間があると本を広げる人があちこちに見られます。そんな姿がますます見られるよう、図書委員会がお手伝いしていきたいです。(柏木優汰、2年)