朝日新聞社 どくしょ応援団朝日新聞社 どくしょ応援団
10代の読書 ブックサーフィン
10代、こんな本に出会った 時代を読む この3冊 キャンパス発 気になる新刊 読書クラブ通信 ひとりごと

 

バックナンバーはこちら
キャンパス発 気になる新刊

 

☆ 東北大学生協文系書籍店 小早川美希さん ☆


21歳男子、過疎の山村に住むことにしました

21歳男子、過疎の山村に住むことにしました
水柿大地
[出版社]岩波ジュニア新書
[価 格]842円

 東京での大学生活から一転――。水柿大地『21歳男子、過疎の山村に住むことにしました』(岩波ジュニア新書・843円)は、地域おこし協力隊として山の暮らしに飛び込み、たくましく成長していく著者の体験談。村のお年寄りたちの行き場をなくしていた知恵や力が協力隊らと化学反応して、「集落」が躍動する「集楽」へと変わっていく様子にワクワクします。

「学問」はこんなにおもしろい!

「学問」はこんなにおもしろい!
星海社編集部
[出版社]星海社新書
[価 格]886円

 大学での学びを見つめ直すには、『「学問」はこんなに面白い』(星海社編集部編、星海社新書・886円)。新社会人2人が、憲法、経済、海洋生命科学、マーケティングについて専門家にインタビュー形式で迫る。「勉強」の堅苦しさを離れて、知ることはとても楽しいということを教えてくれる一冊です。

偽恋愛小説家

偽恋愛小説家
森晶麿
[出版社]朝日新聞出版
[価 格]1,512円

 恋愛小説家「夢センセ」。実はロマンスとはかけ離れた思考と毒舌の主だった。森晶麿『偽恋愛小説家』(朝日新聞出版・1512円)は、そんな夢センセが、ロマンチックな童話に隠された闇を暴くことで現実の事件を解決するミステリー。いや、それともミステリー仕立ての恋愛小説? ぜひ読んで確かめて。

 

☆ 立命館生協ブックセンターふらっと 山西尚子さん ☆


青春離婚

青春離婚
紅玉いづき
[出版社]星海社
[価 格]1,350円

 「指先が冷たくて、爪は白さを通り越して青かった」で始まる『青春離婚』(紅玉いづき著、星海社FICTIONS・1350円)は、青春の王道を描いたストーリー。たいしたことのないことに真剣に悩む姿や人を思う気持ちが、えりすぐりの言葉で語られ、心に染み入る空間をしみじみ味わうことができます。

時の罠

時の罠
辻村深月、万城目学、湊かなえ、米澤穂信
[出版社]文春文庫
[価 格]496円

 時間は不思議です。過ぎ去るだけで立ち止まることはなく、誰にも平等に訪れます。辻村深月・万城目学・湊かなえ・米澤穂信『時の罠(わな)』(文春文庫・497円)は、人気作家4人による時をめぐる物語を集めた短編集。起こったことを懐かしみ、時を止めて大事に抱きしめたいと願う一瞬。そんな時の迷宮に私たちを招待してくれます。

旅のスケッチ トーベ・ヤンソン初期短編集

旅のスケッチ トーベ・ヤンソン初期短編集
トーベ・ヤンソン
[出版社]筑摩書房
[価 格]1,728円

 トーベ・ヤンソン『旅のスケッチ』(筑摩書房・1728円)は、「ムーミン」の生みの親として知られるヤンソンの初期短編集。文字で書かれた絵画という言い回しがぴったりの初々しい作品には、皮肉とユーモアと愛がたっぷり。少々難解で、哲学的だったりもしますが、それは孤独をいとわないユーモリストの本領発揮とも言えるのです。

朝日新聞 インフォメーション 通常版 ベルマーク版