朝日新聞社 どくしょ応援団朝日新聞社 どくしょ応援団
朝日新聞社: カジュアル読書~10代から20代向けの本や、著者によるイベントを紹介します。
作家LIVE エンタメ for around20 キャンパス発 気になる新刊 ブックマーク

 

バックナンバーはこちら
キャンパス発 気になる新刊

 

☆ 愛知教育大学生協eM店 藤原僚子さん ☆


下京区花屋梅小路上ル 京極荘と百匹のうた猫

下京区花屋梅小路上ル
京極荘と百匹のうた猫

由似文〈ゆにもん〉著
[出版社] メディアワークス文庫
[価 格] 616円

 京都を舞台に百人一首の古書の不思議をひもとく和風ファンタジー『下京区花屋梅小路上ル 京極荘と百匹のうた猫』(由似文〈ゆにもん〉著、メディアワークス文庫、616円)。若い人が親しんでいる「ライト文芸」で古典文学に触れるきっかけにしてほしい。31文字の和歌に「昔の人はこんな思いを込めたのかも」と想像が広がります。

彼女を愛した遺伝子

彼女を愛した遺伝子
松尾佑一著
[出版社] 新潮社
[価 格] 1,512円

 『彼女を愛した遺伝子』(松尾佑一著、新潮社、1512円)は同性の先輩が恋したことを知った遺伝子研究者がある仮説にとりつかれることから始まる小説。未来は遺伝子で計算されたものではない、自分の意思が未来を創るということを考えさせてくれます。学生には「どうなりたい、どうしたい」という思いを大切に感じてもらいたい。著者が現役生物学者なのもオススメポイントの一つ。

変身の極意 7日間であなたは変わる

変身の極意
7日間であなたは変わる

白取春彦著
[出版社] 早川書房
[価 格] 1,620円

 大ヒット作『超訳 ニーチェの言葉』編訳者白取春彦さんの本『変身の極意 7日間であなたは変わる』(早川書房、1620円)は講義会話形式で、本が苦手な人も読みやすい。常識人として生きるとはなんだろう、友達は多い方がいいのかなど、読者に考えさせるように書かれているので、思考のトレーニングになるのでは?

 

☆ 松山大学生協SHOP 山本ゆかりさん ☆


書斎の鍵 父が遺した「人生の奇跡」

書斎の鍵
父が遺した「人生の奇跡」

喜多川泰著
[出版社] 現代書林
[価 格] 1,512円

 2055年、電子書籍が当たり前の時代、紙の本が壁一面を埋める書斎を持つ主人公の父。反発して全く本を読まなかったが、父の死後、書斎の鍵を捜す羽目に。『書斎の鍵 父が遺した「人生の奇跡」』(喜多川泰著、現代書林・1512円)は自分は運が悪いと嘆いていた主人公が、1冊の本から思いがけない幸せを得る自己啓発小説。新社会人や大学生におススメ。本との出会いを楽しみ、読む習慣をつけてほしい。

家族スクランブル

家族スクランブル
田丸雅智著
[出版社] 小学館
[価 格] 1,404円

 星新一の孫弟子・田丸雅智が贈るショートショート『家族スクランブル』(小学館、1404円)。家族との出来事という身近な題材で、時にほっこり、時にゾッとする18話。時間がないと読書を敬遠している人はぜひ短編集で楽しんで。

キラキラネームの大研究

キラキラネームの大研究
伊東ひとみ著
[出版社] 新潮新書
[価 格] 842円

 昨今のキラキラネームにはうんざりしている人もいるかもしれません。でも当て字文化が清少納言の時代にもあったことを知っていますか? 読めなかった名前も見慣れれば市民権を得る。伊東ひとみ著『キラキラネームの大研究』(新潮新書、842円)は最近の流行が実は文化や歴史にたどり着くのがおもしろい。若い世代にも名付けの大切さを感じてほしい。

朝日新聞 インフォメーション 通常版 ベルマーク版