朝日新聞社 どくしょ応援団朝日新聞社 どくしょ応援団
朝日新聞社: カジュアル読書~10代から20代向けの本や、著者によるイベントを紹介します。
作家LIVE エンタメ for around20 キャンパス発 気になる新刊 ブックマーク

 

バックナンバーはこちら
キャンパス発 気になる新刊

 

☆ 愛知教育大学生協eM店 藤原僚子さん ☆


東京23話

東京23話
山内マリコ著
[出版社] ポプラ社
[価 格] 1,620円

 自分が住んでいる街がしゃべりだしたら、どんな感じだろう? 山内マリコ著『東京23話』(ポプラ社・1620円)の東京23区(と武蔵野市と東京都)たちは、真面目、突き抜けキャラ、外国人と、多種多様すぎる個性を持っているようです。私たちを見守ってくれる街が語るマイストーリーを読むと、実際の雰囲気を感じに東京散策に出かけたくなります。

迷惑110番プルルルルルルル

迷惑110番プルルルルルルル
尾嵜橘音〈おさききつね〉著
[出版社] メディアワークス文庫
[価 格] 616円

 『迷惑110番プルルルルルルル』(尾嵜橘音〈おさききつね〉著、メディアワークス文庫・616円)は部屋でなくした財布を捜して!などの「迷惑110番」担当「低緊急性警察通報用電話対策係」、略して「テーキン」が舞台の小説。その新米巡査かおりと上司の羽瀬に超緊急案件が舞い込む――。はたから見たらささいなことがおおごとに?! それを見落とさないよう日常に真摯(しんし)に向かい合いたいと感じました。

考える訓練

考える訓練
伊藤真著
[出版社] サンマーク出版
[価 格] 1,404円

 「自分で考える力」はどうすれば身につくか。そもそも「考える」とは? 自分の意見をまとめるのが苦手な人は、まず『考える訓練』(伊藤真著、サンマーク出版・1404円)を読み、「なぜ?」を3回繰り返す訓練から始めてみてはいかがでしょう。日常生活を「考える訓練」の機会に!

 

☆ 松山大学生協SHOP 山本ゆかりさん ☆


その一言でお客様はリピーターになった。

その一言でお客様は
リピーターになった。

小林作都子著
[出版社] 日本経済新聞出版社
[価 格] 1,566円

 決まった店に行くのはなぜでしょう。気に入った商品があったり、おいしい料理があったり。『その一言でお客様はリピーターになった。』(小林作都子著、日本経済新聞出版社・1566円)は余計な一言、足りない一言を具体的に教えてくれます。クレーム対応でも、受け答え次第でリピーターになりえるのです。自分は毎日どんな接客をしているだろうと振り返ることができる一冊です。

東京すみっこごはん

東京すみっこごはん
成田名璃子著
[出版社] 光文社文庫
[価 格] 670円

 「すみっこごはん」は、その日集まったお客さんがくじ引きで調理をする食堂。成田名璃子著『東京すみっこごはん』(光文社文庫・670円)は忙しく毎日を送っている人にこそ読んでもらいたい小説です。食堂に集まるのは料理は苦手な人も。いじめ、婚活、それぞれの悩みが明らかになり、最後は読んだ人も心温まります。

あなたも心理学者! これだけキーワード50言

あなたも心理学者!
これだけキーワード50

ジョエル・レヴィー著/
浅野ユカリ訳
[出版社] ディスカヴァー・
トゥエンティワン
[価 格] 1,404円

 心理学って難しそうだと思いますか?『あなたも心理学者! これだけキーワード50』(ジョエル・レヴィー著/浅野ユカリ訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン・1404円)をぜひ通して読んでみてください。「共感覚」「フロイト的失言」などのキーワードを入り口に、意外と身近な心理学の世界が広がります。

朝日新聞 インフォメーション 通常版 ベルマーク版