朝日新聞社 どくしょ応援団朝日新聞社 どくしょ応援団
朝日新聞社: カジュアル読書~10代から20代向けの本や、著者によるイベントを紹介します。
作家LIVE エンタメ for around20 キャンパス発 気になる新刊 ブックマーク

 

バックナンバーはこちら
キャンパス発 気になる新刊

 

☆ 北海道大学生協書籍部Clark店 太田乙生さん ☆


若田光一 日本人のリーダーシップ ドキュメント宇宙飛行士選抜試験Ⅱ

若田光一
日本人のリーダーシップ
ドキュメント宇宙飛行士選抜試験Ⅱ

小原健右・大鐘良一 著
[出版社] 光文社新書
[価 格] 842円

 宇宙飛行士で、ISS(国際宇宙ステーション)のアジア初の船長若田光一さん。『若田光一 日本人のリーダーシップ ドキュメント宇宙飛行士選抜試験Ⅱ』(小原健右・大鐘良一著、光文社新書・842円)は一つのミスで命を落とす状況で、若田さんが身につけた緊急対処法や客観視の訓練などを紹介。船長経験者もいるメンバーを率い、"完璧ではない"若田船長を通して、日本人ならではのリーダーシップを考えます。

宝くじが当たったら

宝くじが当たったら
安藤祐介 著
[出版社] 講談社文庫
[価 格] 680円

 誰もが一度は考える、「2億円当たったら」。会社を辞める? 高価なものを買う? 小説『宝くじが当たったら』(安藤祐介著、講談社文庫・680円)の主人公の修一が選んだのは「普通に仕事」「普通の生活」。それなのに、変わってしまう周囲の人々。宝くじが当たったら――あなたの想定はもしかしたら甘いのかも。

中谷宇吉郎 雪を作る話

中谷宇吉郎 雪を作る話
中谷宇吉郎 著
[出版社] 平凡社
[価 格] 1,512円

明治生まれの物理学者・中谷宇吉郎の随筆集『中谷宇吉郎 雪を作る話』(平凡社・1512円)。中谷は元北海道大教授。自然が作る美と神秘に魅せられ、十勝にこもり、雪の結晶を作り出す方法など、身近な疑問を科学で考えます。珠玉のエッセーを読むと、中谷と同じ好奇心に満たされます。

 

☆ 立命館生協リンクスクエアショップ 前田郁さん ☆


シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧

シャルリとは誰か?
人種差別と没落する西欧

E・トッド 著
堀茂樹 訳
[出版社] 文春新書
[価 格] 994円

 シャルリ・エブド襲撃事件を受け、フランス各地で言論の自由をうたうデモが。E・トッド著『シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧』(堀茂樹訳、文春新書・994円)は一見リベラルなデモの主体が、EUでの格差を容認する中上流層と一致し、デモの根底に弱者排除の動きがあったことに警鐘を鳴らします。他者の宗教を嘲笑するのは言論の自由と言えるのか、あるいは暴力なのか、考えてみる手助けとなります。

トウガラシの世界史 辛くて熱い「食卓革命」

トウガラシの世界史
辛くて熱い「食卓革命」

山本紀夫 著
[出版社] 中公新書
[価 格] 929円

 山本紀夫著『トウガラシの世界史 辛くて熱い「食卓革命」』(中公新書・929円)は比類のない辛さが恐れられたトウガラシが、大航海時代や奴隷の連行を機に、原産地の中南米から欧米、アフリカ、アジアで食材として受容される過程を紹介。スパイスの香りがしそうなおいしい一冊です。

鳥ってすごい!

鳥ってすごい!
樋口広芳 著
[出版社] ヤマケイ新書
[価 格] 972円

 勤務店近くの琵琶湖に毎年白鳥が飛来します。地図もコンパスもないのに、迷わないのはどうして? 『鳥ってすごい!』(樋口広芳著、ヤマケイ新書・972円)は日本列島を周遊する鳥、200日間飛び続ける鳥など、「鳥ってすごい!」と感心する内容ばかり。本に引き込まれて電車を乗り過ごしてしまうかもしれません。

朝日新聞 インフォメーション 通常版 ベルマーク版