朝日新聞社 どくしょ応援団朝日新聞社 どくしょ応援団
朝日新聞社: カジュアル読書~10代から20代向けの本や、著者によるイベントを紹介します。
作家LIVE エンタメ for around20 キャンパス発 気になる新刊 ブックマーク

 

バックナンバーはこちら
キャンパス発 気になる新刊

 

☆ 山形大学生協小白川書籍店 小島憂也さん ☆


ローカル線で行こう!

ローカル線で行こう!
真保裕一 著
[出版社] 講談社文庫
[価 格] 950円

 廃線間近の赤字ローカル線に出向した宮城県庁職員哲夫と、新社長としてやってきた地元出身の元新幹線カリスマ・アテンダント亜佐美。小説『ローカル線で行こう!』(真保裕一著、講談社文庫・950円)では会社を立て直そうという熱意が企画を生み、人を動かし、街の元気につながっていきます。しかし次々と事件も。丁寧な描写とテンポがいい流れでイッキ読み間違いなし!

スクールカースト殺人教室

スクールカースト殺人教室
堀内公太郎 著
[出版社] 新潮文庫nex
[価 格] 637円

 ある若い教師が殺害された。彼のクラスは、序列ありいじめあり。生徒にこび、いじられ役を一緒にいじり、不登校があってもしょうがないと考える教師で、学級中に容疑者が。『スクールカースト殺人教室』(堀内公太郎著、新潮文庫nex・637円)は一人ひとりの微細な心境の変化がよく表現されていて、実際に起こりそうな怖さが増幅する小説です。

面白くて眠れなくなる植物学

面白くて眠れなくなる植物学
稲垣栄洋 著
[出版社] PHP研究所
[価 格] 1,404円

 有川浩さん原作の映画『植物図鑑』が公開されましたが、植物学という実は奥深い世界に誘ってくれるのは『面白くて眠れなくなる植物学』(稲垣栄洋著、PHP研究所・1404円)。植物の仕組みや昆虫との関係、水戸黄門の印籠(いんろう)の御紋(!)まで、深いのに、わかりやすく解説してくれます。

 

☆ 九州工業大学生協戸畑店 片平綺乃さん ☆


「働きたくない」というあなたへ

「働きたくない」というあなたへ
山田ズーニー 著
[出版社] 河出文庫
[価 格] 670円

 コラム「小論文教室」を通して就活学生を間近でみてきた『「働きたくない」というあなたへ』(河出文庫・670円)の著者・山田ズーニーさん。働きたくない若者は少なくないそうです。就活中、社会から必要とされていないと思ったり、就職しても決まったレールに乗ってしまったと感じたり。ただ働かない選択肢の先にあるのが本当の幸せなのか、自問自答してみてください。これから就活を始める人に読んでほしい。

砕け散るところを見せてあげる

砕け散るところを見せてあげる
竹宮ゆゆこ 著
[出版社] 新潮文庫nex
[価 格] 637円

 高校生の清澄がいじめの場から助けたことで、気になる存在になった玻璃。でも彼女が持っている違和感には秘密があることに気づき……。竹宮ゆゆこ著『砕け散るところを見せてあげる』(新潮文庫nex・637円)は終盤、駆け足で進む展開にハラハラ。これほど最後まで分からない小説に出会ったことはなかったかも。

美しい顕微鏡写真

美しい顕微鏡写真
寺門和夫 解説
[出版社]パイインターナショナル
[価 格] 1,944円

 生物、物質、人体……いろいろな物体を最新の顕微鏡で撮影した『美しい顕微鏡写真』(寺門和夫解説、パイインターナショナル・1944円)。私たちの目に見えないところで、こんな世界があるのかと驚き、自然につくられたものとは思えない美しさに、思わずまじまじと見入ってしまいます。

朝日新聞 インフォメーション 通常版 ベルマーク版