朝日新聞社 どくしょ応援団朝日新聞社 どくしょ応援団
朝日新聞社: カジュアル読書~10代から20代向けの本や、著者によるイベントを紹介します。
作家LIVE エンタメ for around20 キャンパス発 気になる新刊 ブックマーク

 

バックナンバーはこちら
キャンパス発 気になる新刊

 

☆ 早稲田大学生協戸山店 出口泰子さん ☆


18歳からの選択 社会に出る前に考えておきたい20のこと

18歳からの選択
社会に出る前に
考えておきたい20のこと

上木原弘修・横尾俊成・
後藤寛勝 著
[出版社] フィルムアート社
[価 格] 1,512円

 18歳選挙権導入で、政治や社会が身近になった人もいるでしょう。『18歳からの選択 社会に出る前に考えておきたい20のこと』(上木原弘修・横尾俊成・後藤寛勝著、フィルムアート社・1512円)は、「いま考えておきたい」お金・キャリアデザイン・SNS・人工知能などを平易に解説。日本の現状が理解でき、どういう人生を送ればいいかの参考になるはず。18歳以上にもお薦め!

いつか終わる曲

いつか終わる曲
加藤千恵 著
[出版社] 祥伝社文庫
[価 格] 648円

 誰でも歌詞と自分を重ねてみたことがあるのでは? 加藤千恵著『いつか終わる曲』(祥伝社文庫・648円)はスピッツやmiwaなど若い世代におなじみの15曲から広がるショートストーリー集。番組や芸人が現実と同じ名のため、物語に入りやすく、登場人物とともに喜んだり心配したり。曲を流しながら読むのもすてき。

少女ABCDEFGHIJKLMN

少女ABCDEFGHIJKLMN
最果タヒ 著
[出版社] 河出書房新社
[価 格] 1,620円

 作中に「好き、それだけがすべてです」とある『少女ABCDEFGHIJKLMN』(河出書房新社・1620円)は、「好き」を詰め合わせた短編集。著者の最果タヒさんは詩人なので、言葉のチョイスや言い回しのセンスが抜群。甘さ少々と切なさ半分、少し不思議な世界観の四つの話に引き込まれること間違いなしです。

 

☆ 佐賀大学生協大学会館店 朝田草太さん ☆


人生を変える勇気 踏み出せない時のアドラー心理学

人生を変える勇気
踏み出せない時のアドラー心理学

岸見一郎 著
[出版社] 中公新書ラクレ
[価 格] 864円

 分かっているがやめられない、不意に落ち込む……。そこからどのように一歩を踏み出すかを教えてくれるのが『人生を変える勇気 踏み出せない時のアドラー心理学』(岸見一郎著、中公新書ラクレ・864円)。大人になること、働くこと、恋愛など88の悩みを通して、アドバイスを与えてくれます。変えられないのは過去と他人で、変えられるのは未来と自分。自分を好きになり、未来を変える勇気を抱かせてくれます。

なぜ日本は同じ過ちを繰り返すのか 太平洋戦争に学ぶ失敗の本質

なぜ日本は同じ過ちを繰り返すのか
太平洋戦争に学ぶ失敗の本質

松本利秋 著
[出版社] SB新書
[価 格] 864円

 先の大戦を知る人が少なくなった今、反省や平和への思いは語り継がれていくのでしょうか。松本利秋著『なぜ日本は同じ過ちを繰り返すのか 太平洋戦争に学ぶ失敗の本質』(SB新書・864円)では、戦争での日本の硬直的な部分・判断の下し方・体質などを挙げ、現代の組織や企業の体質との共通点を指摘しています。

ビッグデータと人工知能 可能性と罠を見極める

ビッグデータと人工知能
可能性と罠を見極める

西垣通 著
[出版社] 中公新書
[価 格] 842円

 最近、専門書が売れている人工知能・ビッグデータなどを知るきっかけにと『ビッグデータと人工知能 可能性と罠を見極める』(西垣通著、中公新書・842円)を読みました。人間の生活にどう影響するか、生物の脳と人工知能の違いや境界線について、様々な観点から説明しています。

朝日新聞 インフォメーション 通常版 ベルマーク版