朝日新聞社 どくしょ応援団朝日新聞社 どくしょ応援団
朝日新聞社 どくしょ甲子園 読書会を開いて、仲間と一緒に本を読み、みんなで語り合おう!その成果を1枚の作品「    ▼ どくしょボード」で表現する高校生のコンクールです。

どくしょ甲子園 伝える深まる、本の世界 - let's 読書会、高校生!

第5回どくしょ甲子園 受賞作品

受賞作一覧 ※クリックすると作品をご覧いただけます


【最 優 秀 賞】   明治大学付属明治高校(東京都) 古和田チーム 伊藤計劃著 『ハーモニー』
【優 秀 賞】   東京成徳大学高校(東京都) 松岡チーム M・エンデ著 『モモ』

          滝川第二高校(兵庫県) 山本チーム O・ヘンリー著 『賢者の贈り物』
【奨 励 賞】   東京都立工芸高校 汲田チーム いしいしんじ著 『トリツカレ男』
          湘南白百合学園高校(神奈川県) 折橋チーム 芥川龍之介著 『蜜柑』
          石川県立金沢錦丘高校 南野チーム 本谷有希子著 『嵐のピクニック』
学校賞は、応募点数、作品のできばえ、取り上げた本の多様さなどを基に、主催者で選考しました。今回は次の2校に贈ります。
【学 校 賞】   相模女子大高等部(神奈川県) 大阪市立工芸高校

▲TOPへ戻る


 

最優秀賞: 明治大学付属明治高校 古和田チーム
古和田海咲さん、一色美佳子さん、五味千秋さん、長谷部はるかさん、湯沢雅子さん(以上3年)
一木咲栄さん(2年)

 取り上げた本: 伊藤計劃著『ハーモニー』(早川書房)

    ▼ どくしょボード 第5回どくしょ甲子園 明治大学付属明治高校・古和田チームの作品


▼ ルポ 読書会
「私」という個性の重要性確認

明治大学付属明治高校 古和田チーム

 この本を読んでゾッとしたと6人全員が言った。読み終わった後に言いようのない虚しさと共に「私」を失うことへの恐怖を感じた。この物語は完璧な世界を望んだ一人の少女によって人類が意識を失い、自明な存在になったところで終わる。それに続くエピローグで「いま人類は、とても幸福だ。」という文章がある。強制的に意識を失わされたにも関わらず、幸せだと表現したことに恐ろしさと虚しさを感じたのだと何人かが言った。ところで、意識のない人間が生きる完璧な世界とはどういうことだろう? まず私たちは、この疑問を話し合うことにした。

 話し合ううえで、一つ解決しなければならない問題があった。「意識とは何か」である。本の中核であるこの言葉は、私たちが普段使っている意味とは少々異なる意味で使われていたのだ。意識を失っても日常生活に支障はなく、喜怒哀楽も場合に応じて表現できると書かれている。さらに、意識を失った人間は自明であり、考えることなく最も効率のよい行動を選び取るのだという。悩んだ末に、意識とは「意思という個性」ではないかという意見が出た。そうすると、完璧な世界は個性のない人間によって成立するということではないか。話し合っていた全員が困惑した。そこで、意識を失った人間は動物より高等か下等かについて議論した。脳の機能で考えると高等だといえるが、動物も意識を持っているのだから同等以下であるという考えが多く出た。その中で、自明な人間は動力で動いているように感じられるから、それは動物という括りに入れてはいけないという意見が出てきた。この意見には全員が納得した。私たちが感じた虚しさは、人間が動物の枠を出てしまったことに対してだったのだ。

 話し合いは、全ての原因とも言えるこの世界の過去へと移った。50年前、『ハーモニー』の世界では〈大災禍〉と呼ばれる紛争や核戦争が起こった。この時の生き残りが新たに世界を作った。本に記された年代から考えて生き残りたちは私たちと同年代なのではないかという話になったのだ。そこで、もし私たちが〈大災禍〉を経験し、世界を作りなおす必要に迫られたらどう行動するかについて議論した。この本の世界が過剰な思いやりと健康を最重視する世界となったことに、皆が疑問を感じていたからだ。問いに対して、核をなくして環境の整備と平和を目指すだろうという人がいた。また、放射線に適応する進化をした人間が生まれるかもしれない、汚染物質に対抗する技術を開発するだろうという意見も出た。しかし、思いやりや健康への意見は全く出なかった。なぜ彼らがその選択をしたのかはわからない。しかし今の世界で同様の事が起こったとしても、彼らと同じ決断はしないだろうと全員が言った。私たちは選択する意思を持っているからだ。普段何気なく考えがちな「私」という個性の重要性を仲間と共に深く考えることができたのは、読書会という場だったからなのだろう。

▲TOPへ戻る


 

【どくしょ甲子園 過去の受賞作品】

【どくしょ甲子園 応募要項】

【→ 読書会へのアドバイス】

【→ どくしょボードのつくりかた】

【どくしょ甲子園 関連記事】